ANA マイレージ(Mileage)

最近よく耳にするのが「マイレージ(Mileage)」と言う言葉だ。このマイレージ(Mileage)、JALやANA等の航空会社が運営しているサービスの1つになる。各航空会社から運行されている飛行機に乗って飛んだ距離に応じてマイレージ(Mileage)と言う名前のポイントが付与される。このマイレージ(Mileage)は米国やイギリス等で使われている長さの単位の事を指している。大体1マイルあたり160...

JALやANA等航空会社毎にマイレージ(Mileage)サービスが提供されていますが、何と言っても魅力は特典航空券に交換する事だとおもいます。ここではANAマイレージ(Mileage)にかんする交換特典としての魅力をご紹介してみたいとおもいます。【ANAの特典航空券と交換出来る】やっぱりマイレージ(Mileage)の魅力は特典航空券と貯めたマイルを交換出来ると言う事だとおもいます。交換出来るマイル...

ANAマイレージ(Mileage)を貯めるにはどうしたら良いのであろうか。いくつか方式が有りますので主な物をご紹介したいとおもいます。【飛行機に乗る】やっぱりANAマイレージ(Mileage)を貯めるのに一番良い方式はANAの飛行機に乗って貯める事だとおもいます。マイルとはそもそも米国で使われている長さの単位だ。飛行機の距離数をマイルに換算し、それに応じたポイントをマイルとして貯める事が出来ます。...

ANAマイレージ(Mileage)システムを活用してマイルを貯めるならば、効率よく貯める事が大切となる。その為の秘訣をいくつか挙げてみたいとおもいますので、是非参考にしてみて下さい。【クレジットカードを使おう】ANAマイレージ(Mileage)を貯める為の基本的な事としてはクレジットカードを使う事に有る。出来ればANAマイルが貯まりやすいクレジットカードを使う事で、上手に貯めていく事が出来る様にな...

マイルを貯める事で、今まで行く事に躊躇していた海外旅行や国内旅行も気楽に行ける様になる。その為にはマイルを貯めなければなりませんが、今までANAマイルを貯めた事が無いと言う人でも、通例に日常生活をしているだけでANAマイレージ(Mileage)を貯める事が出来るのだ。そこで、ANAマイレージ(Mileage)を貯める事が出来るクレジットカードをご紹介したいとおもいます。【ANA米国ン・エキスプレス...

マイルを貯めるANAマイレージ(Mileage)ですが、元々は飛行機に乗る事で貯める事が出来ると言う物になる。とはいえそんなにたくさん飛行機に乗る人もいないだろう。その為にマイルが貯めにくいと言う難点が有るとおもうのだ。そこで今はクレジットカードを使ったり、ポイントHPで貯めたポイントを移行させたりしてマイルを貯める事が出来る様になっているのだ。今のANAマイレージ(Mileage)の特徴としては...

航空会社ANAが行っているマイレージ(Mileage)システムを使ってマイルを貯めてみませんか。ANAマイレージ(Mileage)のマイルを貯めて特典航空券を貰って色んな場所に旅してみては如何だろう。その為にはマイルを貯めなければなりませんが、大体15,000マイル位あれば国内位は行けるとおもいます。沖縄でしたら17,000マイル位であろうか。とはいえこのマイル数、飛行機に乗らない人にしてみたら結...

マイルをANAマイレージ(Mileage)を使って貯めたら、今度はそのマイルを使う番だ。ANAマイレージ(Mileage)システムではマイルの使い方についても魅力ある特典がおぜん立てされています。例えば無料航空券に交換する事が出来ますし、ANAが提携しているホテルの宿泊券、提携しているレストランでの食事としても活用出来ます。又、ANAの空港内で使える買い物券や、ANAのツアー代、今活用者が加増てい...

ANAマイレージ(Mileage)にはマイルと言うポイントを貯めていくる。これは基本的にはANAグループの航空会社、またはANAが提携しているスターアライアンスが提携している航空会社を活用して飛行機に搭乗した際に距離に応じてマイルが加算される様になっています。一般はマイルだけが貯まりますが、飛行機を活用した場合はマイルに決められた比率をポイント化したANAプレミアムポイントと呼ばれる物が有る。プレ...

基礎知識として、ANAマイレージ(Mileage)を活用してマイルを効率よく貯める為の情報をあげてみたいとおもいますので参考にしてみて下さい。【航空会社(FFP)の統一】FFPと言う聴きなれない言葉が有りますが、これは航空会社が運営しているマイレージ(Mileage)プログラムを指している。マイルを貯める際には何処の航空会社のマイルを貯めるのか決めておく事が必要だ。ANAマイレージ(Mileage...

自動車を持っている人にとってはそれにかかる費用もANAマイレージ(Mileage)でマイルを貯めるチャンスとなる。ここではANAマイレージ(Mileage)を貯める為の自動車にかんする情報をご紹介しよう。【自動車保険】自動車を持っている人は、自動車保険にも入っている人が多いですよね。そこで保険の更新時に見直しをしてみては如何であろうか。ANAのHPには「保険deマイル」と言う物が有る。そこから見積...

ANAマイレージ(Mileage)とは航空会社ANAが提供しているサービスで、飛行機に乗ったり、ショッピングや食事をしたりする事で貯める事が出来ます。貯めたマイルはANAの航空券に引き換えたり、電子マネーに変えたりする事が出来ます。ANAマイレージ(Mileage)プログラムでは旅達と言うサービスを提供していて、それに登録すると航空券を予約するのもWEBやメイルで容易におこなう事が出来ます。ANA...

クレジットカードを活用してマイルを貯めてきた場合、国際線や国内線の無料往復航空券にマイル数に応じて交換する事が出来ます。ANAマイレージ(Mileage)では目的地やシーズンによって必要マイル数がちがいますので注意しなければなりません。例えば韓国に行く場合、ANAマイレージ(Mileage)では12,000〜18,000マイルで行ける様になっています。つまりローシーズンでは12,000マイル、レギ...

マイレージ(Mileage)とクレジットカードにかんする情報をいくつか挙げてみたいとおもいます。とにかくANAマイレージ(Mileage)を貯める上で欠かせないのがクレジットカードだ。クレジットカードを活用するとショッピングでも食事でも、その金額に合わせたクレジットカード独自のポイントが付与される。そのポイントを貯める事で商品券に変えたり、色んな商品に変えたりする事が出来るのですが、今はポイントを...

ツアーを活用してもANAマイレージ(Mileage)でマイルを貯める事が出来ます。もちろんツアーですので積算率はちょっと悪くなりますが、一般フライトの50%の積算率でマイルを貯める事が出来ます。ANAマイレージ(Mileage)を活用している場合ですが、ツアーではANAスカイホリデー、ANAハローツアーで申し込んだ際にツアーマイルを貯める事が出来ます。この他に旅行代金分のマイルもクレジットカードを...

2010年4月より、今までは個人でしか積算出来なかったANAマイレージ(Mileage)でのマイルが、身内間で合算出来る様になった「ANAカード ファミリーマイル」が始まりました。これによってマイルがより貯めやすくなった。ANAカードファミリーマイルは、身内間でマイルが貯められますが、この身内の定義として生計を同一にしている身内が最大10人までとなっています。先ずは身内の代表である「プライム会員」...

ANAプレミアムポイントとは、ANAマイレージ(Mileage)クラブで使われているポイントになる。単純にマイルを貯めていくと付く物ではなく、ANAグループ便、ANAが提携しているスターアライアンスが加盟している航空会社で運航している便を活用した場合に付与されるプレミアムポイントだ。これはマイルとは別に加算されていく物になる。毎年1年間(1月〜12月)で乗った搭乗分に応じてプレミアムポイントが加算...

クレジットカードも今や複数枚持っている人が多い時代だとおもいます。その個々のカードでポイントを貯めてマイルに移行したいとした場合、マイルは別で貯める事になるんじゃないの?と言う疑問が沸いてくるかもしれませんね。とはいえANAマイレージ(Mileage)にかんしてはその心配が無いので安心して下さい。ANAマイレージ(Mileage)では各種クレジットカードと提携していて、クレジットカードの活用で貯め...

今や1人1台は持つ様になった携帯電話。毎月支払う物ですから意外とお金がかかっているとおもうのだ。自分の分だけでも1万円を超えている人はたくさんいます。それが身内の分も合わせたらかなりの金額になるとおもいます。この通話料、単純に口座振替にしてはいないであろうか。この料金を活用してANAマイレージ(Mileage)のマイルを貯める事が出来るとしたらどうだろう。ANAマイレージ(Mileage)を貯める...

生活をしている人にとってどうしても支払わなければならないお金が光熱費だ。光熱費には電気、ガス、水道が有る。一般こう言った光熱費は口座振替で支払っているのが一般的だとおもうのですが、これだとただ支払っているだけなので何のメリットも無いのだ。とはいえ、こうした光熱費は月に換算すると1万円を超える人も多いのではないであろうか。これらをクレジットカード払いする事でマイルを貰える事になりますのでお得だ。クレ...

大体の家庭が入っているであろう物が多様なな保険だとおもいます。生命保険、自動車保険、火災保険等、本当に多様なな保険、しかも生活する上で大切な保険に入っているとおもいます。こう言った保険費用って年間にしてみたらバカにならないですよね。その色んな保険を使ってANAマイレージ(Mileage)プログラムを活用でき、マイルを貯める事が出来るって知っていたであろうか。ではどうやって保険でマイルを貯める事が出...

ANAマイレージ(Mileage)プログラムは凄く容易で凄くききめが有る節倹方式として使う事が出来る様になる。それは生活の色んな実情でマイルを取り入れる事だとおもうのだ。ANAマイレージ(Mileage)プログラムは、飛行機に乗っている人だけが得をする為のプログラムでは有りません。飛行機に乗らない人でも得をするプログラムなのだ。では、どれだけ節倹が出来るのかと言うと、貯めると言うよりは得をすると言...

ANAマイレージ(Mileage)を活用する一番の王道は飛行機に乗ってマイルを貯める事だとおもうのだ。ですがあまり飛行機だけに乗る事って無いですよね。そこで活用するのがツアーだとおもいます。ちょっと特殊な事例について説明してみましょう。「フレックストラベラー制度」と言う物が有るのを御存じであろうか。一般、飛行機の座席予約って座席数と同じ数だけ予約入れる。とはいえ、大抵時間変更する人やキャンセル人が...

飛行機に乗らなくてもホテルに泊まるだけでANAマイレージ(Mileage)でマイルが貯める事が出来るのだ。出張等や旅行でホテルに泊まる事も有るとおもいます。この時にANAと提携しているホテルに宿泊するとマイレージ(Mileage)が貯まりやすくなっています。提携ホテルとしては全国に有る全日空ホテル、リーガロイヤルホテル等、日本国内外問わずたくさん有る。マイルの貰える割合としては、泊まったら何マイル...

折角ANAマイレージ(Mileage)クラブを活用してマイルを貯めているならば、マイルの使い道は考えておいた方が良いだろう。その方が目標に向かって楽しく貯められる筈だ。先ずは無料の特典航空券だ。何と言ってもANAマイレージ(Mileage)クラブに入会する人の大半の目的がこれだとおもいます。ANAは時期や距離によって必要マイル数がちがいますが、国内ですと10,000マイルから、国際線でも12,00...

多様なな特典と交換が出来るのがANAマイレージ(Mileage)クラブのマイルだ。何に貯めたマイルを使おうか考えながら貯めていくと楽しく貯められるとおもいます。ここでは主な交換方式である特典航空券以外の使い道についてご紹介してみましょう。元々ANAマイレージ(Mileage)クラブのマイルで特典航空券に換えようとマイルを貯めていたけれど、必要マイル数に届かない内に有効期限が切れそうになった場合、た...

電車に乗っている人は多いですよね。定期券を買ったり、乗車券を買ったり、現金で購入している人が結構多いとおもうのだ。そんな電車代もちょっと工夫するだけでマイルを貯める事が出来るって知っていたであろうか。関東近県においては、JR東日本から出ているsuica、私鉄等から発行されているPASMOと言ったICカードを使った乗車券が普及している。使っている方も多いのではないであろうか。このICカードにお金をチ...

私達の生活のなかで浸透している物の中の1つにコンビニが有る。ちょっとした物が欲しい時、喉が渇いたなぁとか、お腹が空いたなぁとか、銀行行きたいなとかちょっとした用事を済ます事が出来るのがコンビニの魅力だとおもいます。トータル的に考えたら1年でいったい何万円と言うお金を使っているのであろうか。その殆どが現金で支払っているのであろうか。ちょっとしたお金でも積もり積もれば凄い金額になる。そのお金をANAマ...

ANAマイレージ(Mileage)が貯まりやすいクレジットカードを選ぶ事が、ANAマイレージ(Mileage)を効率よく貯める為の秘訣だとおもいます。飛行機にあまり乗らないけれどもマイルを貯めたいと言う人は、陸マイラーと言って陸を中心にしてクレジットカードを使ってマイルを貯めていく事になる。このクレジットカードの活用がどれだけあるかでマイルがどれだけ貯められるかポイントとなるのだ。クレジットカード...

ANAマイルを貯められるカードはたくさん有る。その中のいくつかをご紹介したいとおもいますのでマイレージ(Mileage)を活用したいと言う人は是非参考にしてみて下さい。【ANAダイナース】ANAマイレージ(Mileage)を貯めるのであれば、クレジットカードを使った方が良いとおもうのですが、やはりクレジットカードは1枚に集約させた方が効率よく貯められるとおもうのだ。その為にオススメなクレジットカー...