温泉の効果「炭酸泉」

温泉の効果「炭酸泉」

炭酸泉の効果

 

みなさんは温泉がスキでしょうか?
私はお風呂が大スキだから、流石、温泉も大スキです。

 

仕事に疲れてくると呪文のように「おや、温泉行きたい・・・」と呟くことが多いです。

 

温泉に入ると日ごろの疲れがふっとびますよね。

 

 

さて、温泉と言えば、日本中、あちらこちらにありますよね。

 

有名な温泉地からそうでない温泉まで、何かとあります。

 

その中けれども、かなり物珍しい貴重な温泉があるのをご存知でしたでしょうか。

 

その温泉とは炭酸泉です。

 

炭酸泉の成分は、カルシウムや、マグネシウムなどで、炭酸水素塩泉と呼ばれるものと、二酸化炭素泉と呼ばれるものがあるのです。

 

二酸化炭素泉というものは、日本にはあまりありません。

 

 

カルシウムや、マグネシウムが含まれている炭酸水素塩泉は、体にまったく暖かいと言われています。

 

なぜなら、心臓にめったに負担をかけずに、体中の血液を循環させてくれるからです。

 

お風呂に加わることは、とかく、心臓に負担をかけやすいですからね。

 

薬湯とも呼ばれていて、痛みに対しての鎮静効果があります。

 

炭酸水素塩泉は、別名で重炭酸土類泉と呼ばれています。

 

この温泉に入ると、体中に炭酸の気泡が付着するのです。

 

この泡は一体、なんでしょうか?
それは、気泡がはじけずに残る炭酸ガスなのです。

 

体についた、炭酸ガスが皮膚の中まで入りこみ、血管に直接、効果が出ます。

 

血管が増えることによって、血流が良くなり、神経痛などを和らげてくれます。

 

また、動脈硬化なども予防できるのです。

 

 

温泉の効果「炭酸泉」血液

 

まずは、炭酸泉での入浴は、どうして、血液の流れを良くしていただけるのでしょうか?
炭酸ガスが皮膚を通過して毛細血管に入ります。

 

一層、血液に炭酸ガスが溶け込みます。

 

こうなると、血液の中にある、二酸化炭素の量が増えます。

 

 

二酸化炭素の量が血液中に増えたという状態を、人間の体がどのように判断するのかと言うと、運動した後の酸欠状態にほど近い状態だと判断するわけです。

 

酸素を血液に次々取り込もうして、血管が広がります。

 

そうして、血の巡りが良くなるのです。

 

 

そしたら、炭酸ガスのある温泉に入ると、神経痛、リウマチの疼痛緩、糖尿病、また、冷え性や肩凝り、腰痛などにも効果があります。

 

また、寝たきりの人がなりやすい、床ずれの治療にも炭酸泉が注目されています。

 

床ずれは、そもそも血行不良が原因となって生ずる症状ですから、温泉に入って血行が促進されると緩和します。

 

 

では、血流が悪化することによって皮膚状態が悪くなった患者さんの場合、どれくらいの頻度で炭酸泉に入れば良いのでしょうか?
それは、炭酸泉入浴を、1回あたり30分すると良いでしょう。

 

これを1週間に5回続けます。

 

この頻度で入浴することを4週間続けると、皮膚組織の酸素圧力が伸びるというデータもありますから、温泉は皮膚にも良いのです。

 

 

どうにもの流れが良くなることは、毛細血管が解くことです。

 

そうなると、末梢血管抵抗というものが鎮まり、結果、血圧が下がります。

 

血液の循環が良くなると、老廃ものなどを排除する働きが活発になります。

 

 

 

温泉の効果「炭酸泉」美容、運動

 

また、脈拍数も鎮まることにより、自律神経への作用もあります。

 

これらの状態は誠にリラックスしている状態なのです。

 

ですから、炭酸泉の温泉に入るとリラックス効果も受け取れるというわけですね。

 

 

また、リラックス効果だけでなく、美容にも良いと言われています。

 

血液循環が可愛くなれば、やはり、体内の新陳代謝が活発に行われます。

 

従って、美容効果が出てくるのです。

 

美肌効果を期待して炭酸泉に混じる人もいらっしゃるようです。

 

水質は弱酸性ですから、お肌にも良いですよね。

 

このように、炭酸泉の温泉に入ったり、炭酸泉を飲んだりすることで、体の内側、外側と美しくなれそうですよね。

 

 

また、炭酸ガスは一層筋肉にも吸収されると言われています。

 

ですから、スポーツ選手などがトレーニングの後に炭酸泉の温泉に入ることはいいことなのです。

 

トレーニングで疲れた筋肉が、疲労回復します。

 

また、気分的にもリフレッシュ出来ますから、トレーニングが終わったあとの炭酸泉入浴はお求めです。

 

共々、炭酸泉に入浴することは、怪我を予防することにも罹るのではないかという研究も進められています。

 

 

そもそも、運動するエネルギーを体内で生み出すには、グリコーゲン、そうして、脂肪酸が必要です。

 

ですが、その際に乳酸という疲労もの質が一緒に生産されてしまいます。

 

筋肉に乳酸がたまって、疲れ、痛みの原因となってしまうのです。

 

ですから、運動すれば、乳酸がたまってしまうのは仕方の弱いことです。

 

 

温泉の効果「炭酸泉」乳酸、疲れ、炭酸ガス

 

乳酸が体に溜まるのを効率よく解消してあげなければなりません。

 

とにかくスポーツ選手などは、体が資本ですからね。

 

今日の疲れを明日に残さないように、自分の体をケアしてあげなければなりません。

 

 

では、どのようにたまった乳酸が解消なるのでしょうか?
乳酸は血液、あるいはリンパ液の流れにのぼり、肝臓へ運ばれます。

 

そこで、分解なることによって消滅し、疲れが取れてくる。

 

 

ですが、肝臓にも分解できる量が決まっていますから、分解されずに残る分が、筋肉に痛み、疲れとして出てくるのです。

 

その場合、サウナ、入浴などで体をあたためることで、血液の流れを良くし、乳酸を一緒に流して差し上げるのです。

 

ですから、温泉に混じることが疲労回復になるのは、理にかなったことであり、一際炭酸泉に混ざることは疲労回復効果が一層期待できるでしょう。

 

仕事にくたびれると「温泉に行きたい・・・」と無意識におもうことも、理にかなっているということになりますね。

 

 

また、炭酸泉の研究が進んで医療にも使われている国、ドイツにおいては、炭酸泉のことを「心臓の湯」と呼んでいるそうです。

 

さほど、炭酸ガスが自律神経系などに呼びかけ、心拍数を下げて貰える。

 

また、共々血圧も下げてもらえるから、高血圧の方にとっては吉報ですよね。

 

ですから、手足がしびれるなど、糖尿病が原因で掛かる、手のしびれ、足のしびれには炭酸ガスが効果的だと言われています。

 

共々高血圧の方が炭酸泉に入浴すると、その症状を和らげて貰える。

 

 

温泉の効果「炭酸泉」炭酸ガスを呑む

 

通常のお風呂ですと、入浴した直後に血圧が急上昇することが問題視されていますよね。

 

ですから、高血圧の方は入浴には気をつけなければなりません。

 

ですが、炭酸泉に混ざる場合は、温度が小さく設定されていますから、入った後も急激に血圧が上がることはありません。

 

32度から38度という悪い温度で混じることにより、入浴すると血圧が下がります。

 

このことから、高血圧の方も安心して入浴出来るのです。

 

 

炭酸泉はもちろん、呑むこともできます。

 

この温泉を飲むと、炭酸ガスによって胃酸が中和されます。

 

内臓の働きが活発になり、様々な病気に効果を発揮すると言われています。

 

また、利尿効果も高まり、グングン、腸のぜんどう運動を促進します。

 

便秘解消、むくみ解消という利点もあり、良いことばかりだと思います。

 

 

それほど効くといわれている病気は、糖尿病、糖尿病痛風、また、肝臓病、胆石、そうしたら、慢性消化器病などです。

 

ですから、これらの病気で悩んでいる方は、炭酸泉に入浴するだけでなく、温泉を飲むと良いでしょう。

 

 

また、炭酸泉に入りたくてもまずまず温泉に出掛けられない方は、炭酸ガス配合の入浴剤も売られていますので試してみてはいかがでしょうか。

 

特に激しくありませんし、毎晩、使えると思いますよ。

 

また、スーパー銭湯などにも、最近では、炭酸ガスのお風呂もありますから、疲れがたまった時に行ってみるのも良いでしょう。

 

温泉ではなくても、温泉気分は食らうことが出来ますね。