二条城が完成するまで

二条城が完成するまで

あなたはこれまで、京都に訪れたことはありますか?
恐らくほとんどの方が1度は足を踏み入れたことのある土地なのではないでしょうか。

 

学生時代の一大イベントでもある修学旅行の定番ですし、観光スポットとしても大人気の場所ですよね。
毎年何万人もの観光客が京都を散策しています。

 

京都が大人気の理由は「歴史」にあります。
日本の古い町並みや、東大寺、伏見稲荷大社などといった歴史的建造ものがいくつも残されているのです。
日本を象徴する土地もいっても過言ではないでしょう。
そのため、歴史スキの人にも人気です。

 

数多くの城や寺が当時のまま残されているわけですが、今回はユネスコ世界文化遺産に登録された「二条城」が完成するまでをご紹介ください。

 

二条城は、1601年に徳川家康が諸大名に命じて造らせたものです。
2年後には二の丸御殿が完成。
この時点では、今の二条城の面影は依然としてありません。
徳川家康は、この二の丸御殿が完成してすぐさま入城しました。

 

そこから様々な争いが起きますが、1624年に行幸を控えるということで、大規模な拡張と改修が行われました。
これにより、今の二条城の形に近づきます。

 

そうして、1626年に本丸御殿、二の丸御殿、天守が完成しました。
ただし、そこから落雷や火事により、本丸御殿や天守が無くなってしまいました。

 

そこから仮建設などをし、新たに建てられたのが今の二条城なのです。
これほどまでにストーリーのある城は二条城だけ。
見どころを押さえて、ぜひ足を運んで下さい。

 

 

世界遺産の二条城

 

あなたは学生時代、どこへ修学旅行に行きましたか?
大阪や京都といった関西や、北海道、沖縄といった離島、ひいては海外なんていう人もいることでしょう。

 

修学旅行はみんなでワイワイ遊びにいくような感覚がありますが、じつは勉強をしに向かいます。
その土地の文化や歴史を正に触れ、体感することを目的にしているのです。

 

そのため、古くからの建築ものや日本の情景が数多く残されている「京都」は修学旅行の定番になっています。
たぶんかなりの割合で修学旅行に京都へ行ったという人は多いのではないでしょうか。

 

京都には、様々な歴史や文化が残されています。
東大寺だったり伏見稲荷大社だったり、舞妓さんだったり…。

 

そういった数ある中けれども観光スポットとして人気なのが「二条城」です。
本当に有名なお城のため、あなたも1度は見聞きしたことがあるかと思います。

 

二条城は世界遺産に認定されており、日本が誇る貴重な建造ものです。
二の丸御殿は国宝に登録されており、廊下がうぐいす張りになっているのが特徴の一つ。
歴史に詳しい方ならご存知でしょうが、二条城は明治時代に1度離宮になっています。
そのことから、二条城の正式名称は「元離宮二条城」と呼ばれているのです。

 

二条城には、一際たくさんの見どころがあります。
歴史スキとすれば訪れて損は薄いスポットでしょう。
京都旅行へ出向く際は、ぜひ二条城を計画に取り込むことをお勧めします。
独特の雰囲気に圧倒変わること間違いなしですよ。

 

 

 

二条城の創建

 

あなたは歴史に興味がありますか?
「学生時代にやったけど、感じ取るのが苦手で嫌いだった…」「人ものの名前が似通っていて、ごちゃごちゃになって仕舞う…」などなど、学生のころは得ることに必死で、歴史についての奥深さや楽しさを理解していない人がほとんどだと思います。

 

そのため、大人になってから歴史について触れ、「あれほど嫌いだったはずがスキになってしまった」という方が多くいます。
歴史は今に達する出来事を教えてくれるものだから、いかなる成り行きで今という形があるのかを分かることができます。

 

歴史がスキになれば、当時の建造ものはとにかく目にしておきたいものです。
そこで、多くの人がまわる場所が「京都」。
京都には金閣寺や東大寺、伏見稲荷大社など、日本を代表する有名な建造ものが数多く点在しています。
中それでも「二条城」は見どころが必ず沢山あるとして、観光客に人気のスポットです。
そこで今回は、そういう二条城の創建について説明していきましょう。

 

二条城の創建を命令したのは徳川家康です。
町家の立ち退きをさせ、西国の諸大名に造営と労務の費用の割り当てをしました。

 

中井正清という人ものを大工の棟梁に任命し、翌年の3月に御殿が、もっとそこから3年後には天守が完成しました。

 

二条城がやれると、徳川家康は直ちに入城。
会見や大きな行事も、ほとんどが二条城で行われました。
因みにあの大政奉還が行われたのも、この二条城です。

 

これほど様々な場面を見届けたものは他にありません。
日本の誇る、いやに貴重な建造ものなのです。

 

いくつもの二条城

 

「みんなでワイワイ枕投げするのが楽しかった」「その土地の食べものがおししくて、今でも忘れられない」などなど、学生時代の一番のイベントとも当てはまる修学旅行に思いを馳せる人も多いのではないでしょうか。
学生だったからこそのピュアな感覚が蘇り、ずいぶん懐かしくなりますよね。

 

修学旅行は一旦楽しくて本来の目的を忘れがちですが、旅行先へは徹頭徹尾勉強をしに行きます。
その土地に足を踏み入れ、歴史や文化に触る貴重な体験です。

 

あなたは、修学旅行にどこへ行きましたか?
多分、多くの方が京都や大阪、奈良などといった関西だと思います。

 

京都は日本古来の建築ものや歴史が数多く残されていますから、修学旅行にうってつけの土地です。
有名な観光スポットといえば「金閣寺」や「伏見稲荷大社」などが挙げられますが、それらに並んで有名なのが「二条城」です。
あなたも行ったことがあるのでは?
こんな二条城ですが、=京都のイメージを持つ方もいることでしょう。
ただし、本当は二条城は京都だけではありません。
ただ、今もなお現存しているわけではなく、石碑として記さるているのです。
私たちのよく知る二条城は江戸時代に建てられたものところが、室町時代に建てられた二条城もあります。

 

それぞれ建築を命じた人ものは違うため、おんなじ名前でも断じて別ものなのです。
二条城ごとで歴史が違うのも、見どころの一つでしょう。
かなり奥が奥深いので、1度調べてみることをお勧めします。
たいてい二条城の魅力にはまってしまいますよ。