足利義輝の二条城

足利義輝の二条城

「学生時代に修学旅行で京都へ行って、八ツ橋づくりを体験してきた」「テレビや旅行雑誌でよく確かめる、千本鳥居で有名な伏見稲荷大社を歩いてきた」などなど、修学旅行に京都へ行ったという人はかなり多いのではないでしょうか。

 

京都には古くからの文化や建築ものが、そのまま数多く残されている貴重な土地です。
舞妓さんがいたり、社会の歴史で勉強するようやお城がいくつも点在していたり…。
京都は、歴史や文化を本当に触れて学ぶ修学旅行にうってつけな土地なのです。

 

そんな有名な建築ものの中けれども、別に観光スポットとして人気を集めているのが「二条城」。
観光の定番コースには必ず組み込まれているほどです。

 

ただし、二条城は実際いくつも存在することをご存知でしたか?
現存されてはいないものの、元々一つだけではなかったのです。
そこで今回は、足利義輝の建てた二条城についてご紹介ください。

 

室町時代の13代将軍である足利義輝の居城が、この二条城でした。
平安女学院あたりに建てられていたとされ、城郭風な作りが特徴。

 

ただし、この二条城は松永久秀と三好三人衆に襲撃をされ、城に火を放たれて全焼してしまったのです。
それと共々足利義輝も亡くなりました。

 

石碑には足利義輝の居城、二条城があったということを記されています。
現在は真如堂という建造ものが建てられていますが、この石碑を求めて多くの観光客が訪れているスポットです。

 

あなたも京都に旅行の際は、ぜひとも見どころである二条城の石碑を見に行ってはいかがでしょう。

 

 

足利義昭の二条城

 

あなたは学生時代の修学旅行で懐かしいことはありますか?
「友人と旅館で枕投げをしたり、夜遅くまで話し込んだこと」や「その土地の伝統的な文化に触れたこと」など、人それぞれでしょう。

 

修学旅行は、その土地の歴史や文化に触れ、体感することを目的としています。
思わず遊びにいく感覚になってしまいますが、じつはれっきとした学習なのです。

 

こんな修学旅行の定番といえば、前もって「京都」ですよね。
京都には今でもかねてから建てられているお寺や城がいくつも残されています。
そのため、修学旅行として京都は選ばれやすいのです。

 

伏見稲荷大社や金閣寺、東大寺など見どころはたくさんありますが、中けれども奥深いのが「二条城」。
本当は、二条城は一つだけではないって知っていましたか?
かつて、二条城は昔いくつも建てれていたのです。

 

そこで今回は、その中の一つである「足利義昭」の建てた二条城についてご紹介ください。

 

足利義昭は室町時代の最期の将軍で、この二条城に住んでいたと言われています。

 

この二条城が建てられる前までは別の二条城に住んでいたそうですが、前将軍の足利義輝と同じように襲撃されてしまいます。
防戦することができましたが、その一方を聞きつけて城の防備が必要と感じた信長は、足利義昭のために、いまいちの二条城を築いてあげたのです。

 

急な話で、通常よりも急いで造られましたが、墓石や石仏が選べるなど、実に丁寧な造りだったそうです

それぞれ二条城にはストーリーがあるのも、見どころの一つでしょう。

 

 

幕末の二条城

 

あなたは「歴史」に興味がありますか?
「学生時代のころの苦手科目で、卒業してからはかなり目にも触れていない」「かねてからあるお寺やお城をめぐるのはスキけど、人ものやストーリーはどうしてでも効く」などなど、酷いイメージから歴史を嫌い人は多いのではないでしょうか。

 

確かに歴史は甚だ耐え難い印象がありますが、じつはさんざっぱら奥深く、実に興味深いものです。
「先代たちがこのようなことを行ってきたから、今こうなっているんだ」とわかることができます。

 

歴史といえばどうしても「京都」が浮かびますよね。
日本の中けれども有数の観光地で、当時の建造ものや町並みが丸々残されています。

 

その中けれども殊に人気で有名なのが「二条城」。
あなたも1度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか。
なので今回は、そんな二条城の幕末のころをご紹介ください。

 

二条城が幕末をむかえるころ、改修工事が執り行われました。
争いにより焼失してしまった本丸御殿には仮の御殿を建設し、二の丸御殿は全体的に修復が施されました。

 

ただし、入城するはずだった将軍が亡くなってしまったり、新政府の命が引き渡されることになったりと、予期せぬトラブルが二条城で立て続けに起こります。
宮中には太政官代も設置受けることになったのですが、最終的には移転する形で終わりました。

 

幕末のころの二条城は、どうにも様々なアクシデントが起こっています。
二条城で起きた出来事は手広く、今でもその重みが伝わって来る。
京都へいく機会があればできるだけ、見どころが盛りだくさんの二条城へ足を運んでみては?