二条城の白書院

二条城の白書院

あなたは歴史に興味がありますか?
「学生時代に歴史をたくさん勉強したけど、人ものや出来事を得るのが苦手で嫌いだった…」「学校を卒業してからは1度も歴史に触れていない…」などなど、歴史を敬遠している人はどうしても多いのではないでしょうか。
確かに歴史はむずかしいイメージがありますから、好んで学ぼうとは思わないでしょうが、じつははなはだ奥が激しく嬉しいものなのです。

 

歴史といえば「京都」ですよね。
教科書にことごとく載せられている金閣寺や東大寺、テレビや雑誌で頻繁に目にする伏見稲荷大社など、これらは全て京都に存在しています。
歴史的観光地とも呼ばれており、何より日本らしいとして外国人観光客にも人気のスポットです。

 

そんな京都ですが、「二条城」という言葉を聞いたことがありますか?
全く有名な建造ものそれで、1度は見聞きしたことがあるでしょう。
この二条城は、歴史的に見ても重要なところなのです。

 

なので今回は、二条城の見どころの一つである「白書院」についてご紹介していきましょう。

 

白書院とは、当時の将軍がプライベートに扱う部屋とされてきました。
主に、寝室や居間として使われていたようです。
そのため、将軍と許された者にしか留まることは出来ません。

 

白書院には、襖絵などの水墨画が飾られ、大いに落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

 

二条城に訪れた際は、この白書院で当時の将軍の気分を味わってみてはいかがでしょう。
ずいぶんできない体験をすることができますよ。