大政奉還を下された場所

大政奉還を下された場所

「おんなじ社会でも、地理は得意で歴史は苦手…」「やっぱり人ものとその時代が憶えられない…」などなど、学生時代、歴史の科目が苦手だったという方は多いのではないでしょうか。
歴史はいっぱいの出来事が折り重なって構成されているものだから、話の流れや登場人ものを得るのは本当に大変です。

 

ただし、学生のころは苦手意識があったとしても、大人になると歴史の奥深さにハマり押し流す人がそれ程たくさんいます。
「ここでこのようなことが起きたから、今はこうなっているんだ」と今に結べるのも、歴史の醍醐味なのでしょう。

 

歴史スキになると、実際にその時の建造ものを目の当たりにしたくなります。
そのため、歴史的建造ものが数多く残されている「京都」は日本を象徴する土地でもあるため、観光客で溢れ返っているのです。
どの歴史の本にも載せられているような、金閣寺や伏見稲荷大社も全て京都にあります。

 

歴史を勉強していく中で、「大政奉還」という言葉を覚えますよね。
これは歴史的に見ても大切なもので、政治の形態が広く変わります。
本当は、この重要な大政奉還が下された場所が、まったく京都に残されていることをご存知でしたか?
そこはどこかのお屋敷といったマイナーな場所ではなく、じつに有名な「二条城」なのです。
歴史に残る大政奉還が行われた場所でもあり、ひいては歴史の始まりと終焉を見届けた場所それでもある二条城。
見どころがありすぎるほどですから、できるだけ京都に訪れた際は足を運んでください。