気候

気候

京都の気候はそんなにつらいものがあります。

 

京都旅行に出向くのならば、いく季節も充分考えていかないと大変なことになります。

 

真夏に何も考えずに京都旅行にでかけると、あまりの暑さに面を食らうと思います。

 

京都は周囲を山に囲まれている盆地なので、夏は全然蒸し暑くてのぼせるほどです。

 

盆地のため風通しが悪くて空気の循環が悪賢いのです。

 

逆に冬は極めて寒くてコートを着ていても寒さがしのげないほど凍てつく寒さとなります。

 

山があるため雪が降り易くて冷え込む日が多いのです。

 

街中で雪が積もることはほとんどありませんが、山の近くに行くとかなり積もっているので気を押し付けなければいけません。

 

また山がほど近いため雨もさほど降り易いのが特徴的です。

 

一日中降り積み重ねるというのではなく、降ったりやんだりする場合が多いです。

 

天気予報がくもりの場合は、念のため傘を持参した方がいいです。

 

日本の中でこれほど四季が敢然としている地域はないかもしれません。

 

真夏と真冬に京都旅行にいく人は、この気候を知った上で覚悟していかなければなりません。

 

京都の春と秋は穏やかで過ごしやすく、桜や紅葉を楽しむことが出来るため多くの観光客でにぎわっています。

 

夏冬で寒暖の差が大きくて、昼夜で温度の差が幅広いのが京都の特徴的気候です。

 

このような気候が京都の生活文化に広く影響を与えていると言えます。

 

京都の古めかしい町並みには、坪庭があるなど難しい気候を多少なりとも過ごしやすく出来るような工夫がされています。

 

また浴衣を着て京都の街を散策する人の姿も見られます。

 

これも日本古来の夏を多少なりとも涼しく過ごしための工夫だと思います。

 

夏の暑い時季に京都へ行ったのなら、京都の町へ浴衣姿ででかけるのもいいと思います。

 

街中にはレンタル浴衣をしているお店もいくつもあります。

 

レンタルならば手間いらずなので、店で着替えて丸々散策にでかけるのも素敵だと思います。