舞妓さん

舞妓さん

京都と言えば「舞妓さん」。

 

京都旅行に行くと祇園などで舞妓さんをみかけて一緒に写真を撮っている人の姿などを見ることがあります。

 

舞妓さんは昼間素顔のままでお稽古に赴き、夕方には白塗りをして御座敷にいきます。

 

京都の祇園ではそういう風景を日常として見分けることができます。

 

最近では、京都旅行にでかけて旅の記念に初々しい女性たちが舞妓さん体験をする人が増えています。

 

舞妓さん体験出来るお店も増えているので、街のあちこちで舞妓さんに扮した観光客の女性を見ることができます。

 

外国人の人や観光客には、本ものの舞妓さんかどうにかも区別がつきづらいため、観光客の舞妓さん体験の人も多くの人に写真を求められています。

 

また子供でも舞妓さん体験が出来るため、わが子に舞妓さんの恰好をさせて記念写真を撮影している親子連れも見掛けるようになりました。

 

3歳くらいから体験することができます。

 

年齢制限も性別制限もないため、大人から子供まで楽しむことができます。

 

また女性だけではなく男性けれども舞妓さん体験をすることができます。

 

最近は男性も舞妓体験する人がたくさんいます。

 

カップルで体験する人もいます。

 

男性が時代劇中の人ものになり、女性が舞妓さんに至るというものです。

 

 

舞妓さん体験の料金はお店によって異なりますが、料金設定の基本として、お支度、写真撮影、自由撮影、散策などがついています。

 

料金の違いは、写真枚数の違い、散策時間の違いなどによって変わってきます。

 

気軽に楽しみたい人や、舞妓さんになって写真撮影をして終わり。

 

街中を歩いて京都の風情を味わいたい人は、写真撮影をして街中散策を60分するなど、スキなコースを選ぶことができます。

 

京都旅行の素敵な思い出に上ることは間違いないです。