五山送り火

五山送り火

五山の送り火も京都の有名な夏の風もの詩です。

 

毎年8月16日に行われています。

 

毎年送り火の日には多くの観光客が京都旅行へやってきます。

 

五山送り火というのは、京都市内にある6つの山に火を灯して「大文字」「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」の形にするものです。

 

中けれども東山如意ケ嶽で得る大文字焼きが一際有名です。

 

五山送り火は先祖の精霊を冥府へ届けるための伝統行事です。

 

大文字焼きを見分ける京都旅行ツアーなど、旅行会社もこの時季多くのツアーを組んであり人気となっています。

 

それぞれの字は概ね5分毎に火を点火します。

 

火は約30分間灯り続けます。

 

 

午後8時最初に東山如意ケ嶽で「大文字」に点火されます。

 

点火当日一般の人は登山することができません。

 

護摩木の受け付けは銀閣寺門前にて15日の12:00〜20:00と16日の6:00〜14:30まで行われています。

 

大文字は鴨川の堤防からよく確かめることができます。

 

 

「妙法」の「妙」の字は松ヶ崎西山にて午後8:10に点火されます。

 

「法」の字は松ヶ崎東山にて8:10に点火されます。

 

妙の字はノートルダム女学院近くの北山通からよく探ることができます。

 

法の字は高野川堤防からよく探ることができます。

 

 

「船形」は西賀茂船山にて午後8:15に点火されます。

 

山麓にある西方寺にて鐘を鳴らしてそれを合図に送り火に点火します。

 

護摩木の受け付けは西方寺門前にて5日〜15日の8:00〜16:00と16日の8:00〜10:00まで行われています。

 

船形は北山大橋から北西に行った北山通からよく見極めることができます。

 

 

「左大文字」は大北山にて午後8:15に点火されます。

 

法音寺にて午後7時から護摩木を焚いて点火法要を行います。

 

その火が山上へ運ばれて送り火に点火されます。

 

護摩木の受け付けは金閣寺門前にて行われています。

 

西院から金閣寺にかけての西大路通からよく確かめることができます。

 

 

「鳥居形」は嵯峨鳥居本曼茶羅山にて午後8:20に点火されます。

 

護摩木の受け付けは化野念仏寺駐車場にて行われています。

 

松尾橋や広沢の池などからよく見ることができます。