嵐山鵜飼

嵐山鵜飼

京都の夏の見どころとしてお奨めしよ京都旅行サービスが「嵐山鵜飼」です。

 

京都の夏の風もの詩となっていて屋形船から嵐山の夜景をバックにかがり火の中で鵜飼鑑賞をすることができます。

 

嵐山鵜飼の歴史は古くて千年以上も昔から行われていたと言われています。

 

実施期間は7月1日〜9月15日まで、この時季には毎年嵐山鵜飼を目的に訪れる京都旅行者も多く見られます。

 

出船時間は7月1日〜8月31日までが午後7時と午後8時になっていて、9月1日〜9月15日が午後6:30と午後7:30となっています。

 

乗船時間は1時間弱です。

 

食事等の持ち込みはできません。

 

料金は大人が1,700円、4歳〜12歳が850円となっています。

 

浴衣を着ていくと大人料金が1,700円から1,500円に200円割引浴びるそうです。

 

 

鵜飼船は貸し切りすることもできます。

 

乗船時間は2時間以内で、事前予約が必要です。

 

食事などの持ち込みができます。

 

貸し切り料金は10人乗りで40,000円、16人乗りで52,000円、20人乗りで70,000円となっています。

 

 

食事つきの鵜飼見もの船もあります。

 

料金は1人6,500円です。

 

食事代+鵜飼見ものの船料金が含まれています。

 

更に呑みものの持ち込みができます。

 

予約は10名以上で5日前までに電話でして下さい。

 

大雨、増水、強風など天候によって鵜飼が中止に上ることがあります。

 

鵜飼が中止になった場合は食事の内容や場所が変わります。

 

問合せ先は嵐山通船株式会社までお願いします。