紅葉のメカニズム

紅葉のメカニズム

誰が見ても美しいという風景の中の一つに紅葉があります。

 

秋の風もの詩と言ってもいいでしょう。

 

紅葉の見ごろは大体2週間程度です。

 

始まる時期は気温と関係があります。

 

北海道や標高の高い山などの寒いところから紅葉は始まるのです。

 

紅葉の見ごろをわかるためにそのメカニズムを理解しておくのもいいでしょう。

 

科学することで情緒がないとおっしゃるかもしれませんが、うんちくとして知っておいてほしいのです。

 

紅葉の仕組みは簡単に言うと、緑の色素が減少して赤い色素が合成陥ることによります。
緑の葉っぱには葉緑素クロロフィルという色素があります。

 

これによって緑色に見えているのです。

 

朝晩の冷え込みが厳しくなると、水分や養分が葉の付け根に留まります。

 

そうして葉に糖分がたまるようになります。

 

この糖分からアントシアンという色素が合成されるのですが、このアントシアンが赤い色素なのです。

 

アントシアンが増えていくのと同時に緑色の元であるクロロフィルは分解されてなくなっていきます。

 

これが紅葉の仕組みなのです。

 

ところでイチョウは黄色になりますが、この仕組みはどうなっているのでしょうか。

 

イチョウの場合は「黄葉」と呼ばれることもありますが、異なる仕組みになります。

 

黄色の色素はカロチノイドと呼ばれるものところが、イチョウの葉っぱには最初からカロチノイドが存在しています。

 

季節が変わって、クロロフィルが分解されると、緑色がなくなりますから黄色のカロチノイドが顕れるということなのです。

 

アントシアンを合成すること無く黄葉するのです。

 

 

 

紅葉を満喫

紅葉を満喫したいならば、平家平温泉はどうでしょうか。

 

周りを木々に囲まれた温泉ですから、紅葉だらけなのです。

 

紅葉を眺めながら、露天風呂につかるのもいいのではないでしょうか。

 

紅葉の見ごろはほとんど長くありません。

 

見ごろに合わせて温泉を予約しておくとばっちり紅葉を満喫できますね。

 

紅葉の時期はちょっと寒くつながる時期ですから、温泉で暖まりたいものです。

 

ハイキングなどのコースを設けているところもありますから、気持ちの良い汗をかいた後に温泉というのもいいのではないでしょうか。

 

たくさんの人が回るわけではありません。

 

単なる穴場と言えるでしょうか。

 

自然の中で悠然と温泉に浸りながら、周りの紅葉を見極めるのも嬉しいものです。

 

都会の喧騒から離れて、身も心もリフレッシュください。

 

山奥の温泉では歩いて登らなければならないところもたくさんあります。

 

事前に下調べを通しておくほうがいいでしょう。

 

また、見ごろの時期もインターネットなどで確認しておきましょう。

 

山の高さによって1,2週間は違っているのです。

 

遠くから回る時折予約の時期をかしこく取りたいものですね。

 

但し、紅葉は自然任せですから、思うようにいかないこともあるでしょう。

 

それはそれでおかしいと納得して下さい。

 

紅葉を楽しむということは季節を肌で感じるということだから、見ごろを逃しても楽しめばいいのです。

 

大自然の中でのんびりとした気持ちになることが大事です。

 

そのための旅行と考えなければなりませんね。

 

仕事のことなど忘れて仕舞うことです。

 

 

 

箱根の紅葉

紅葉の見どころスポットはたくさんありますが、箱根の紅葉の見どころを紹介ください。

 

箱根全体が山の中だから、紅葉の名所はたくさんあります。

 

インターネットで調べてみると、見ごろになっているかどうかを確認することもできます。

 

紅葉を見極めるなら見ごろの時期に行きたいものですよね。

 

紅葉の見どころの最初は蓬莱園です。

 

大正の初めに作られた公園ですから、歴史のあるところです。

 

ヤマモミジやノムラモミジなどが見上げるほどに成長しているのです。

 

厳しく伸ばした枝が鮮やかな赤色や黄色に染まっています。

 

晴れた日には空の色と紅葉のコントラストに感動してしまうくらいです。

 

その次には箱根強羅公園です。

 

フランス式の整形公園で、噴水池がシンボルです。

 

園内にはたくさんの樹木が植えられています。

 

秋のモミジは鮮やかな赤に染まります。

 

箱根登山ケーブルカーに乗っていきます。

 

箱根博もの館も名所ですね。

 

箱根で一番の紅葉の名所とも言われているのです。

 

樹木の種類によってオレンジ、黄色、そして真っ赤な葉っぱに囲まれた庭園は圧巻です。

 

庭園には茶室「真和亭」があり、お茶を取りながら紅葉を楽しむこともできるのです。

 

場所は強羅公園のすぐ近くになります。

 

それから濃い谷間にあるのは加賀です。

 

早川渓谷の両岸のスーパー紅葉を見極めることができます。

 

山頂から麓までが見えるから、紅葉の見ごろの時期が長くなるのですね。

 

箱根ガラスの森美術館も紅葉が美しいところです。

 

庭園に植えられたカエデやヤマモミジが真っ赤に色づいているのです。

 

どこも頼もしいのですが、見ごろの時期をチェックしておくことが大事ですね。

 

 

 

写真で見る紅葉

写真を趣味としている人なら、一度は紅葉を撮っているのではないでしょうか。

 

紅葉の見ごろのころはたくさんのアマチュアカメラマンが紅葉を撮ろうとしています。

 

紅葉の名所などにはたくさんのカメラマンがいるのです。

 

各種ところで写真コンテストも行われています。

 

紅葉を確かめるだけではなく、写真に収めたいという欲求が手強いのでしょう。

 

写真で確かめる紅葉もひどくありません。

 

但し、見ごろのチャンスに名所を訪れるのは写真に対する情熱があるからでしょうか。

 

写真でもわかるように、紅葉の色は赤だけではありません。

 

オレンジや黄色など様々な色が取り混ぜ合わさっているのです。

 

紅葉の名所と言われるところまずは、夜にライトアップされていることも多いようです。

 

ライトアップされたモミジの木を写真に収める人もたくさんいます。

 

紅葉だけを撮るのではなく、記念写真として家族全員で撮る人もいるのではないでしょうか。

 

景色の良いところを撮ることができたならば、インターネットの紅葉写真を登録するといいですね。

 

全国の紅葉情報はアマチュアカメラマンの写真が活用されているのです。

 

誰でもエラい景色があれば、それを思い出として撮っておきたいというのです。

 

写真で見分ける紅葉もどうも効くものです。

 

全国の紅葉を見て回ることはできませんから、写真で探るのが精いっぱいなのです。

 

写真を見ながら、観光地に行った気分になるのもいいかもしれませんね。

 

安上がりで気分のリフレッシュができるのです。

 

温泉に入ったつもりになって家でビールというのもいいのです。