紅葉の名所

紅葉の名所

紅葉の名所は日本全国にありますが、その中のいくつかを紹介ください。

 

紅葉の見ごろを逃さないようにください。

 

北陸地方まずは富山県の黒部峡谷はどうでしょうか。

 

黒部川によって作られた峡谷です。

 

日本最深のV字峡として知られています。

 

ここの紅葉はツガ、キタゴヨウ、ネズコなどの常緑樹が多くなっているところが特徴です。

 

黒部峡谷鉄道に乗って、車窓から紅葉を楽しむことができるのです。

 

電車に乗って1時間強の旅となります。

 

見ごろは11月上旬から中旬です。

 

次は北陸の八幡平です。

 

御在所温泉から八幡平山頂まで紅葉が絶えず続いています。

 

アオモリトドマツの樹海に圧倒されますが、その中に黄色の葉っぱのダケカンバが幻想的風情を醸し出しています。

 

毎年紅葉祭りが10月上旬に開かれています。

 

見ごろもそのころとなります。

 

四国はどうでしょうか。

 

香川県の金刀比羅宮を紹介します。

 

広大な面積の神域は樹林でうっそうとしています。

 

春は桜の名所となりますし、初夏にはツツジが咲きます。

 

そうして秋は紅葉の名所となるのです。

 

一年を通して観光客が多いのです。

 

年間300万人の人が巡るのだそうです。

 

最後に九州を紹介ください。

 

大分県の高千穂峡です。

 

カエデ、モミジ、ケヤキ、ナラなどたくさんの種類の紅葉を確かめることができます。

 

高千穂の町全体が標高が200m以上です。

 

山の方は1700mもありますから、紅葉を楽しむ期間も長くなります。

 

秋には雲海に包まれています。

 

見ごろは11月中旬から下旬です。

 

日本中どこでも紅葉の名所と言えますね。

 

北の方から速く紅葉しますから、旅をすれば長く紅葉を楽しむこともできるのです。

 

 

 

紅葉の楽しみ方

中高年になってくると紅葉を楽しみたいというようになるのでしょうか。

 

紅葉の見ごろになるとたくさんの人が観光に訪れています。

 

何より若い人よりも中高年が多いようです。

 

美しいものを見極めることによって心が穏やかになることは間違いありません。

 

ちょっとしたハイキングの気分で行けば運動にもなりますね。

 

心身ともにリフレッシュ出来るのです。

 

紅葉の見ごろにかけて、計画を立てましょう。

 

遠くに行く必要はありません。

 

近くの公園でもいいのです。

 

気分を自分で盛り上げてみましょう。

 

やはり、観光地へ車で出掛けるのもいいですね。

 

温泉に入ってゆっくりと一泊の旅を通してみませんか。

 

紅葉を見分けるならば少人数の方がいいでしょう。

 

自然の中で悠然とする時間が貴重なのです。

 

ツアーなどではきちんとゆったりできないでしょうから、個人的にドライブなどを試しましょう。

 

時間があれば、各種ところを周るといいですね。

 

山頂の方は色づいていても麓には依然紅葉が下りてきていないケースもあります。

 

上の方から紅葉は始まるのです。

 

写真を撮るのが趣味なら、じっくりと効く写真を撮ってみましょう。

 

夫婦で行くなら、温泉でゆっくりしてうまい秋の味覚を楽しんではどうでしょうか。

 

日本は南北に長いですから、紅葉の時期も9月から11月と長くなっています。

 

自分が住んでいるところそれではいつぐらいが紅葉の時期なのかを知っておくことが大事です。

 

インターネットなどを見れば、それぞれの名所での紅葉の状態を知ることもできます。

 

見ごろに合わせて、紅葉を楽しみに行きましょう。

 

 

 

紅葉の知識

紅葉のことはよくわかっていない人もいますから、紅葉のことを説明ください。

 

紅葉の見ごろはいつごろかと言いますと、北海道が9月下旬からはじまり、九州では11月下旬までです。

 

やはり、おんなじ北海道も山の標高によって見ごろは異なってきます。

 

一般的に寒いところが手早く紅葉が始まるのです。

 

日本では北海道から、山では山頂から麓にかけて紅葉が進みます。

 

紅葉の時期になると、朝晩は冷え込みますから旅行を計画するのであれば体調管理を通しておくことが大事です。

 

旅行先で風邪をひくことのないように気を付けましょう。

 

紅葉で真っ赤になるのはカエデやモミジです。

 

イチョウなどは黄色になります。

 

それぞれの葉っぱが入り交じり合って、美しい山肌になっているのです。

 

紅葉の写真を撮るならば、できるだけ近くでピントを合わせて撮ると素晴らしい写真が撮れるようです。

 

また、その地域によって自生している樹木の種類が違います。

 

それぞれの風土のある紅葉となるのです。

 

観光地によっては湖があり、ボートや遊覧船から紅葉を楽しむこともできます。

 

また、山の中を走り回る鉄道では車窓からの紅葉が見事なのです。

 

温泉があるところに行ったら、紅葉を見ながら露天風呂というのもいいですね。

 

自然の中でゆっくりと目指すものです。

 

紅葉は緑の色素がなくなり、赤い色素が広がるために起こる現象です。

 

また、黄色の場合は、緑の色素がなくなるのは同じですが、根っからあった黄色の色素が目立って現れることによって黄色に色づきます。

 

赤と黄色は紅葉の仕組みが違うのです。

 

各種ことを考えなくても、素直に紅葉の美しさに感動しましょう。

 

 

 

船の上から見る紅葉

紅葉を見るなら、ほんのり雰囲気を変えて船の上から紅葉を見てはどうでしょうか。

 

山の中にある湖などでは遊覧船に跨ることが出来るのです。

 

周りは山ですから、セ紅葉を見分けることが出来るのです。

 

遊覧船がある観光地を紹介ください。

 

大分県の松原ダムには観光遊覧船があります。

 

22人乗りの可愛いものところが、のほほんと紅葉を楽しむことが出来るのです。

 

周囲の山は紅葉が大きいところところが、このダムの遊覧船は最近始められたものです。

 

これからの発展が楽しみなところです。

 

北海道の支笏湖にも遊覧船があります。

 

ここは湖岸からも周囲の山々の紅葉を楽しむことができます。

 

遊覧船に乗れば、見ごろには封じるものも薄い景色を探ることが出来るのです。

 

ここには展望台もあるようです。

 

それから大沼湖はわかさぎ漁が風もの詩となっています。

 

大沼湖を始めとして、小沼湖、じゅんさい沼などで紅葉を楽しむことができます。

 

遊覧船に股がると秀峰駒ヶ岳の素晴らしい景色を望むことが出来るのです。

 

北海道で紅葉を見分けるなら遊覧船でしょうか。

 

日本最大級の人工湖である奥只見湖はどうでしょうか。

 

遊覧船で広大な水面を動いていきます。

 

周りの紅葉は素晴らしいの一言です。

 

観光客も手広く、見ごろとなる土日はかなりの人手のようです。

 

遊覧船でのほほんと揺られるのもすばらしいものですね。

 

相模湖の遊覧船は白鳥型です。

 

ここのスワン丸が元祖ですそうです。

 

テレビアニメのサザエさんのオープニングに出ていたので、知っている人も多いでしょう。

 

相模湖を25分程度で一周しますから、紅葉を見分けるには最適かもしれません。