紅葉なら京都(京都駅周辺)

紅葉なら京都(京都駅周辺)

住まいが関西でしたら、京都旅行に出かけたことがあるかたは多いでしょうし、紅葉のたびに毎年でかけるというかたも来ることでしょう。
ただし、もう少し遠方から京都へ旅行にいらっしゃる方にとりましては、ツアーもないかぎり、京都駅がなにかと頼りになります。
それでは、駅ビルの中の観光インフォメーションへ赴き、紅葉の見所を聞いてみましょう。
パンフレットなどもたくさん置いてありますので、参考になりそうなものは貰いましょう。
そうして、駅周辺から散策を通してみてはいかがですか。
京都駅の周りにも紅葉が美しいところがたくさんあるのです。
京都に到着した直後から、紅葉を楽しむことが出来るということですね。
お宅が浄土真宗のかたは、東本願寺、もしくは西本願寺をよくご存じの事と思います。
「お東さん」、「お西さん」などと親しみを込めて呼んだりしていますね。
こちらの本山が京都駅からそう遠くない場所にあります。
そうしてこの両者共々紅葉の見所にもなっています。
とくに黄金色のイチョウが建ものとマッチして確かめる者を感動させてくれます。
もちろん宗教や宗派関係なく、どなたでもご覧になることが出来ます。
彩り鮮やかな紅葉を楽しむなら「東福寺」がお進めです。
境内には、約2000本ものもみじが植えられていて、秋は息を飲み込むほどの美しさです。
京都府内をのんびり見て周る時間がないかたであっても、駅からそう遠くない東福寺の紅葉をご覧になれば、全く満足していただけることでしょう。

それほどの紅葉の見所です。
弘法大師・空海が庵を結んだことで有名な「泉涌寺」もお進めです。
こちらは紅葉と緑鮮やかな松のコントラストを楽しむことが出来ます。
関西のかたは、紅葉の見所がすぐそばにたくさんあって幸せですね。
今年もぜひ、お出かけ下さい。

 

 

紅葉なら京都(三千院)

どうしても京都に詳しいかたでなくとも、いくつかの社寺の名称をご存じのことと思います。
歴史の勉強を通じていて覚えたものがかすかに残っている場合もあるでしょうし、そうでなくとも、普通に生活していてニュースや特別番組から何度も社寺の名前を聴くことにより自然に覚えて仕舞うこともあるでしょう。
その中のひとつに「三千院」があると思います。
大原というエリアにあります三千院というお寺は天台宗のお寺です。
こちらもまた、京都では有名な紅葉の見所なのです。
ひとたび、三千院というお寺そのものと、その周辺の佇まいが美しいです。
無論京都のお寺はどこもみんなそうなのですが、それぞれに個性みたいなものもありますよね。
そうして、確かめるかたの好みもあると思います。
三千院は、四季折々で挙げる顔を乗りかえるように感じます。
春には桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪というお決まりのパターンではありますが、それらが見事にマッチして日本的美しさをこれそれでもかと醸し出しています。
そうして、その中それでも殊に紅葉が非常によく似合います。
樹木の彩りだけでなく、落ち葉の絨毯もまたものすごく素敵です。
お時間に余裕のあるかたは、ぜひとも大原まで足を延ばしていただきたいですね。
遠方からいらっしゃるかたはもちろんのこと、関西にお住まいのかたでまだまだ三千院の紅葉をご覧になっていないかたは、この秋の旅行先に選んでみてはいかがでしょう。
数多くの紅葉の見所がある京都ですが、必ずや後悔しないと思います。
京都ですと、関西のかたは日帰りも出来るですから、週末ごとにひとつのエリアを散策するという試みも興味深いと思います。

 

 

紅葉なら奈良(吉野山)

あなたがもしも関西方面に紅葉を見に行くとしましたら、どの府県を選びますか。
関西地方はどの府県も紅葉が素晴らしいので、正直な話、どこへ行っても満足出来るのではないかと思います。
遠方から来るかたは京都へ赴きたがるのではないかと思いますが、既に何度も京都へ足を運んだのでしたら、次は奈良などいかがでしょうか。
有名な社寺が多いために、京都に似ていると思われがちですが、奈良の場合には自然の中に映える紅葉が言葉にならないほど美しいのです。
お奨めの見所として真っ先に挙げたいのが「吉野山」です。
吉野山、ご存じですか。
名前を耳にしたことくらいならあるのではないでしょうか。
と申しますのも、この奈良県の吉野山という場所は、日本一の桜の名所として名高い場所ですからです。
ピンとこなくても、ことごとくニュースなどで一度は耳にしていることと思います。
桜の名所として日本一でありながら、紅葉もまた凄まじく美しいのです。
いえ、一層申せば桜と紅葉だけでもありません。
桜が終れば次はアジサイが咲き乱れ、そのあとは夏のまぶしいくらいの新緑、そして秋のケバイ紅葉、冬には雪景色というように、日本のハッキリした四季をこの吉野山で見分けることが出来るのです。
春・夏・秋・冬といつ行っても感動を与えてもらえる吉野山は、紅葉もスペシャルのです。
ロープウェイに乗ってそこから見下ろすのも良いですし、夜間のライトアップも見逃せません。
紅葉とともに佇む吉野神宮や、西行庵などは日本独特の美しさを醸し出していて、日本人で良かったと思わせる瞬間でもあります。
他の見所を周れなかったとしても、吉野山だけでも充分と言えるくらいの価値を見いだすことが出来るでしょう。

 

 

紅葉なら奈良(奈良公園)

奈良と言えば、あなたは真っ先に何を思い浮かべますか。
さすが大仏さまでしょうか。
それとも鹿ですか。
鹿と言えば「奈良公園」なのですが、この奈良公園もまた紅葉が物凄く美しいのです。
奈良公園と申しますと、日常的に鹿がたくさん歩いていますから、一時的な紅葉よりも、鹿のほうが記憶に残り易くなってしまうのですが。
因みに、奈良公園にいる鹿は飼われている鹿ではなく、れっきとした野生動物としての鹿ですので飼い主などはいません。
野生ですが、人のそばで生きているので非常になれています。
だからといって、携帯しているお菓子などを勝手にあげては身体を壊す場合もありますので、あげないようにしてください。
さて、この奈良公園ですが、紅葉の見所でもありますので、せっかく訪問するのでしたら紅葉の時期がオススメです。
奈良公園はもの凄く大きい公園ですので、公園内だけでも紅葉の見所がたくさんあります。
鹿と戯れながら公園内を散策していれば、あちらこちらに目を掛けるような紅葉を見ることができます。
ですので、時間が僅かというかたは、奈良公園の紅葉を見極めるだけでも充分に美しい紅葉を見極めることが出来たということになります。
奈良公園には、奈良の人気の見所でもあります東大寺や正倉院、春日大社などもありますし、鹿とも触れあえますし、各々の場所で美しい紅葉も見ることができるので、他を周らなくても「奈良で紅葉を見てきた」と堂々ということができます。
関西近辺のかたの多くは、地元と京都の紅葉はとっくに見てしまったと思われますので、次は奈良などいかがですか。
遠方のかたも関西旅行の際には、ひとまず、奈良をメインにしてお出かけしてみてはいかがでしょうか。
春の桜の時期か、秋の紅葉の時期であれば最高です。

京都と似ているようで違う魅力の奈良は、生涯記憶に残るような紅葉を見せてくれることでしょう。

 

 

紅葉なら奈良(天理市)

奈良県にあります「天理市」をご存じですか。
関西のかたでしたらご存じのかたが多いでしょうが、遠方のかたはからきし聞き慣れないかもしれません。
高校野球のファンであれば、天理市の高校がよく甲子園に出場して活躍しているのでご存じかと思います。
また、この市の名前になっています「天理」と申しますのは、「天理教」からきているので信者のかたも流石ご存じですね。
天理教のかたがたがたくさん住んでいらっしゃる街です。
勿論、住民全員が天理教だというわけではありませんが、その多くが天理教のかたがたです。
そういった都市ですから、他の一般的な都市とは見た目もちょっぴり異なっていて、新鮮で遊べるのではないかと思います。
そうして、天理市は紅葉の見所があることでも知られています。
あの弘法大師が創建した非常に歴史のあるお寺「長岳寺」がそのひとつです。
幅広い境内には、もみじやカエデなど紅葉を楽しませていただける樹木がたくさんありますので、長岳寺と紅葉のコラボレーションを楽しむことが出来ます。
また、天理市の市の木は「イチョウ」です。
天理市役所から、天理大学へ伺う道はイチョウ並木になっていまして、それらが黄金色にきらめく秋がまた望ましく素敵です。
町も紅葉も天理市の見所と言ってよいでしょう。
天理教ではないからとくに天理市に用はないし、将来的にも出向くことはないと思っていたかたは、大層いらっしゃると思います。
ですが、まずはもったいないです。
とくにあなたが関西のかたならば、割り方ほど近いところに天理市があるのですから一度は足を運んでみて下さい。

そうして、訪問の時期は紅葉の時期を激しくお奨めします。