紅葉狩りの歴史

紅葉狩りの歴史

現在では、秋が深まれば、全国各地で紅葉スポットでは、ライトアップなど様々な形で紅葉狩りを楽しむ事ができます。
人々が紅葉狩りを楽しむようになったのはいつからでしょうか。
もみじは奈良時代の「万葉集」にも詠まれてあり、そのころから人々の心を捉えていた事がわかります。但し万葉集の時代までの「もみぢ」には、今とは違う「黄葉」という当て字が使われています。
今の「紅葉」が使われるようになったのは平安時代になってから。
平安貴族が、黄色よりも鮮やかな赤い葉を好んだからのようです。
平安時代といえば百人一首でも紅葉に関して詠まれたものもいくつかあります。
但し、その反面、桜や藤に比べて紅葉には華やかなイメージがなく、冬に通う負のイメージが強かったとも言われています。
江戸時代の中期になれば、裕福な商人、華やかな町民文化が芽生え、紅葉狩りが行楽として爆発的なブームが起きました。
伊勢神宮へのお参りなど、庶民に旅行ブームがひろがり、名所案内本で紹介すれば、一気にそこに人が群がるという、現在の紅葉狩りものの形になっていう様です。
飛鳥山は八代将軍吉宗が数百本の桜を植えさせたといわれる桜の名所ですが、秋にも味わえるように、大量のモミジも植樹させたようです。
無論大阪も、オススメのスポットはたくさんありますが、紅葉の歴史を辿るには平安(京都)や江戸(東京)などに足を運んでみるのも一つの楽しみではないでしょうか。

 

 

紅葉をいくときの注意

秋が深まりシーズンになれば、大阪にも有名なお薦め紅葉スポットがあり、紅葉狩りに出かける方も多くいらっしゃると思います。
日本の美しい季節の移り変わりを楽しむために、いくつか注意しなければいけない事、守らなければならないマナーがあります。
有名な紅葉スポットには多くの人が訪れます。
場所によっては満員電車・渋滞になって仕舞う事もあるかもしれません。時間にはゆとりを所持して出かけましょう。また、車でお出かけの際はパーキングがあるかなど事前に確認しましょう。路駐や交通違反は近隣にお住いの方にとって非常に迷惑です。
紅葉が綺麗に色づくのは10月半から。のろい地域だと11月、12月下旬まで紅葉を楽しめる場所もあるでしょう。当然、気温も心から下がってきます。優しい格好でのお出かけをお薦めします。
また、紅葉スポットは、山や森など足場が腹黒い場所が多いので、走り抜け易く、しっかりとした靴を選んでお出かけ下さい。せっかくの行楽です。怪我をしないように十分注意しましょう。
紅葉狩りは、大自然の素晴らしさ、美しさを体感するのが醍醐味です。紅葉を見上げて、ふっと視線を下ろした時、地面にゴミが落ちていたりするとせっかくの自然が台無しです。
持ち込んだ食べもののゴミ、空き缶やペットボトルなど。
中でもタバコの吸殻。もしも多少なりとも火が残っていたら・・・。
空気は乾燥し、周りは燃え易いものばかりです。大火事になり非常に危険です。
一人一人が、それぞれにしっかりマナーを貫き通し、怪我や事故の無い、安全で興味深い、紅葉狩りを味わえるように気をつけてください。

 

 

大阪のお土産

紅葉の季節、各都道府県からも大阪に紅葉を見に旅行にいらっしゃる方も多くいらっしゃると思います。
色んな観光名所に出掛け、綺麗な紅葉を見て、その思い出とともに持ち帰るお土産。
色んなお土産がある中、ぜひ、所持して帰って望むお土産をいくつか紹介します。
『たこ昌のたこ焼き』大阪名もの定番中の定番。 大阪といえばたこ焼き、たこ焼きといえばたこ昌。大阪起こる時つれってって?♪。
『堂島ロール』ロールケーキブームの追い風、モンシュールのロールケーキ。
『御座候』回転焼き、兵庫県姫路市に本社があるのですが、兵庫県だけでなく近畿圏で愛される回転焼き。
『551蓬莱』豚まんが看板商品 大阪土産といえばこれ。 551がある時とない時はものもの凄く差が・・・?。
『りくろーおじさんの焼きたてチーズケーキ』コッテリチーズと底に敷き詰められたレーズンが特徴。
『ひとくち餃子』点天のひとくち餃子。いくつでも食べたくなるねばり強い大阪の味。
『みたらし小餅』千鳥屋宗家のみたらし小餅。一口サイズの小餅の中にみたらしのタレが入っています。全国展開している有名和菓子屋さんの近畿圏でしか食べられない人気商品。
『マダムブリュレ』マダムシンコのマダムブリュレ。ピンクとヒョウ柄のド派手な箱は随分大阪のお土産。
今回、紹介したお土産は、どれも大阪のお土産の定番中の定番、買い易く、外さないお土産ですので、旅の締めくくりのお土産選びで困ったままおすすめします。

 

 

大阪のお土産2

秋の紅葉シーズンは同時に旅行のシーズンでもあります。
大阪も紅葉スポット、観光名所が多々あり、旅行で訪ねる人達も多いと思います。
嬉しい旅行の思い出として持ち帰るお土産。お土産といえば、そのその場でしか食べれない、売っていないお菓子や食べものを買って返る人が多いと思います。ただし、今回は食べもの以外で大阪のお土産に最適なものをお進めしたいと思います。
『手作り体験 たこ焼きロウサンプル』 大阪と言えばたこ焼き。あたかも本ものの様なリアルなたこ焼きのロウサンプル作りがコナモンミュージアムで体験できます。
自分で作って持ち帰れるお土産は良いですね。面白く体験し、形として余る思い出はいいお土産だと思いませんか。
『大阪弁デザインタオル』大阪弁は印象凄い独特な面白さで人気がありますよね。そういった大阪弁がプリントされたタオルがちょっとしたお土産に人気な様です。価格も安く、使用頻度も高いものそれで、友達や家で取り扱う用に気軽に選べるお土産だと思います。
なにわいちびり庵 くいだおれビルの1階にあります。
『注染手ぬぐい』大阪発祥と言われる染の技法「注染」による手ぬぐい。注染は裏表から2度染めするので綺麗に染まるのが特徴。『にじゆら』の注染手ぬぐいはオシャレで使い勝手もすばらしくかわいいデザインのものが多く、老若男女問わず人気です。
中崎町本店・にじゆらルクア大阪店で買えます。
あとは大阪では色んなとこで買える、吉本芸人グッズ、くいだおれ人形グッズも粘り強い人気です。