猫カフェ紅葉

猫カフェ紅葉

日本語の興味深いところの一つでもありますが、おんなじ漢字も違う読み方、意味があったりします。
紅葉って文字は「こうよう」とも「もみじ」とも読みますよね。
秋になり木々が赤や黄色に色付く形容詞の「こうよう」。そのカリスマである木、名詞の「もみじ」。
大阪は香南に紅葉〔もみじ〕という猫カフェがあります。
心を癒してくれる色々な動物がいて、様々なペットを飼っている人達が居ます。
その中で最近では、猫の人気が非常に激しく、お家で猫を飼っている人が増えたり、飼いたくてもお家で猫が飼えない人達。多くの猫スキの人達の間で、猫グッズや猫カフェが大変盛り上がっていますよね。
今回紹介する「紅葉」は、南海本線岡田浦駅B出口(イオン側)を出てあるくこと1分。閑静な住宅街に猫スキが集まる癒しのお進めスポット。
最近出てきた品種で、日本でも物珍しいトイガーの猫が兄弟で2匹、禿頭猫として猫スキの間まずは有名なスフィンクスをはじめ物珍しい、16匹の良い猫ちゃん達がいます。
広々と猫と遊べる様に工夫を凝らしたふれあいスペースもあり、猫と戯れたり、自由気ままな猫達を眺めたりしながら、悠然とお茶を楽しめます。
キャットスペシャリストという猫の専門家の認定も受けてるお店で、店内の衛生面、猫の健康面もしっかりと管理されていますので、安心して楽しめます。
当然猫だけでなく、カフェメニューも充実してあり、中けれどもホットケーキが人気なようです。
素晴らしい猫ちゃんちゃん達に癒されながらお茶を楽しむのはいかがでしょうか。

 

 

なにわのエッフェル塔

秋の紅葉シーズンに大阪旅行に行くならぜひ、立ち寄ってください観光名所は多々あります。
今回は、その中の一つをオススメします。大阪の中でディープなスポット新世界。
ここには、大阪を代表するシンボルの一つ、なにわのエッフェル塔と呼ばれる通天閣があります。
通天閣には有名なビリケンさん。通天閣の足元にはどうしても、どんどん横丁。大阪のソウルフードの一つ。二度漬け禁止!、ド派手な看板の串カツ屋、お土産屋さんがずらりと建ち並び、朝まで呑んで、呑み潰れた人、少し変わった人、観光客、色んな人達で賑わいます。
昔は、「新世界は行ったらあかん」って仰る様な場所でした。断じて綺麗なスポットって訳ではないですが、どっか思い出深い昭和の雰囲気が留まる、昔ながらの人情あふれる下町。嬉しい意味でも腹黒い意味でも、甚だしく大阪らしいディープなスポット。
近くにある天王寺動物園では最近、奇跡の強運で生き延びている事で『会えたら幸せになれる』と大人気のにわとり「まさひろくん」がエラい話題になっています。
また、日本でとりわけ厳しい超高層ビルあべのハルカスもくらい、色んな楽しみ方ができます。
大阪に旅行に来る際。綺麗な紅葉のオススメスポット、色んな観光名所、大阪にはいろいろありますが、新世界にも立ち寄って見てください。ここには大阪の真の魅力が満載です。楽しさ、驚き、新しさ、派手さ、色んな大阪がありますが、その中けれども独特な大阪の空間です。

 

 

テーマ別 大阪の紅葉スポット

秋になれば木の葉が色付き、山や森を綺麗に飾り付けます。
紅葉狩りに出かける人達も多くいらっしゃるでしょう。
大阪にもお進め紅葉スポットが多々あります。黄色が綺麗なイチョウ、赤が綺麗なモミジ、それぞれの木でそれぞれの魅力がありますね。何処に、如何なる目的、時間などスポット選びに何かと考え込む事もあるかと思います。こんな方に多少なりとも、参考になればと思いましたので、大阪のお進め紅葉スポットをテーマ毎に分けて紹介ください。
イチョウ並木:大阪城公園、御堂筋。
モミジ(赤):牛滝山、万博記念公園、箕面公園。
ライトアップ・イルミネーション:万博記念公園、勝尾寺、御堂筋。
イベント・お祭り:万博記念公園、牛滝山、久安寺。
滝と共に紅葉が楽しめる:万博記念公園、犬鳴山、箕面公園。
温泉が近くにある紅葉スポット:犬鳴山、箕面
種類・本数が豊富:万博記念公園、大阪城公園、ほしだ園地、箕面公園。
その他:箕面方面で紅葉を楽しむ時折、もみじの天ぷらをつまみながらがお進めです。
紅葉と共に観光も楽しむなら大阪城公園、万博記念公園がお進めです。
買いもの、仕事など生活の中で楽しむなら御堂筋、大阪城公園がオフィス街、街中それで気軽に紅葉が楽しめます。
ほしだ園地では星のブランコと呼ばれる吊り橋から下に観る紅葉が絶景です。
紅葉とは自然を相手に楽しみます。今回お進めさせてもらった中には、足場の悪賢い山道を通り過ぎるスポットもあります。動きやすい靴、格好でお出かけ下さい。