紅葉と温泉

紅葉と温泉

数ある大阪の紅葉スポットの中それでも、箕面は更に人気が高く、多くの方が紅葉を楽しみに集まります。お薦めの紅葉スポットとして箕面方面は外せないでしょう。
秋が深まり、肌寒く受け取る紅葉シーズンには優しい温泉もいとしいですね。
関西では実に有名ですが、箕面には大江戸温泉もの語グループ「箕面温泉スパガーデン」という温泉テーマパークがあります。
独特な雰囲気を遊べるバス。
泉質は独特なトロツヤ感のあり、肌がスベスベになるのが直ちに実感出来る至極の美人の湯。
また週替わりの薬湯もあります。
温泉だけでなく、温度・部屋の形が違う5つの岩盤浴もあります。たっぷり汗をかいて、美容、健康に一役かいます。
箕面温泉スパガーデンは、温泉だけでなくエンターテイメントにも長けています。
縁日広場、フードコートがあり、浴衣も選べますので、お風呂上りにお祭り気分が味わえます。カップル、子供連れの家族にも大変人気です。
ますます演劇、歌謡ショウ、お笑いとバラエティー豊かに客を盛り上げてくれる箕面劇場。客席500席もある本格的な劇場です。人々を笑わせ、楽しませる事は大阪人の十八番。毎日上演されているので、立ち寄った際にはぜひ、お風呂上りにのほほんと寛ぎながら劇場で笑って、泣いて、感動して、心も身体もスッキリして帰って下さい。
大阪の上位人気スポットの箕面で、紅葉を存分に満喫した後、疲れた身体を温泉で癒すには箕面温泉スパガーデンが非常にお薦めです。

 

 

万博記念公園の紅葉

昭和45年(1970年)に開催された日本万国博覧会。その跡地、約260平方メートルの広さがある総合公園。芸術家・岡本太郎が制作した事で有名な日本万博博覧会のシンボル『太陽の塔』を中心に樹木、草花が植えられ、自然豊かな公園として今も多くの人達が利用しています。
20種類の樹木が約10000本と、種類も数も大変多く、秋になるとそれらが赤や黄色に色付き、毎年、紅葉まつりが行われます。
日本万国博覧会当時、政府出展施設として日本の造園技術を集めて造られた『日本庭園』では、様々な時代の造園様式と紅葉が見事に溶けあって、日本のわび・さびの世界に時を忘れてしまいます。
また、普段は公開されていない「汎庵・万里庵」も毎年、紅葉まつりと梅が咲く春先の時期だけ特別公開されています。
『自然文化園』では、もみじの滝が絶景スポットです。ぜひ、カメラを所持してエラい日本の秋を贅沢に堪能して下さい。
他にも様々なイベントがあり、大人も子供も楽しめます。
【大阪モノレール線】万博記念公園駅を出て一気に紅葉が楽しめます。パーキングもありますので車でのアクセスも大丈夫です。
入場料金は大人:250円 小中学生:70円となっています。
古く、世界中各国から多くの人達が集まった『日本万国博覧会』。現在では、すぐ近くに日本最大級の大型総合施設「EXPOCITY-エキスポシティー」が出来てあり、お買いもの・食事・遊びなどでふたたび、みんなで賑わっているおすすめレジャースポットです。

 

 

大阪城の紅葉

大阪でお進めの紅葉といえば、一番最初に思いついたのは大阪城でした。 大阪城の周りには、大阪城公園があります。春には綺麗な花を咲かすサクラ、他にもケヤキやモミジなど、様々な木々が綺麗に色付き、その中に大阪城の天守閣がそびえ建っています。その姿はまるっきり、天守閣が燃え上がる様で圧巻です。
また約1Kmほどある距離のイチョウ並木があり、黄色く染まり晴れた日には、青空とのコントラストもとても綺麗です。
アクセスも非常に良く、【地下鉄谷町線】:天満橋駅【中央線】:森ノ宮駅【長堀鶴見緑地線】:大阪仕事パーク駅【JR大阪環状線】:森ノ宮駅・大阪城公園駅と、電車が便利です。
車の場合ですと、モータープールは大阪城モータープール、森ノ宮モータープールの2ヶ所が比較的、近くて便利です。料金は8時?22時:350円/h 22時?8時:150円/h 24h駐車可。
他にも周辺に民間のモータープールもあります。
安土桃山時代に豊富秀吉により築城された、歴史ある大阪城の観光。
公園では路上ライブや大道芸など、色々な活動を通じている人々。ランニングや散歩など、ふとした運動をする人。仕事の合間に一息、休憩をとる人。
大阪城ホールではスキなアーティストやアイドルのコンサート、競技会や様々なイベント。
その人その人で、それぞれの数多くの楽しみ方があり、趣味と共に紅葉も楽しめます。
大阪城の紅葉は『観光で大阪に行く人』、仕事街も近くにあり、出張など『お仕事で大阪に行く人』、やはり『地元の人・近隣の人』、一人一人に様々な楽しみ・癒し・感動を与えてくれるでしょう。