平成29年のNHK大河『おんな城主』とは?〜キャストF〜

平成29年のNHK大河『おんな城主』とは?〜キャストF〜

【小野政直・・・吹越満】
井伊家筆頭家老で鶴丸の父にあたる人ものです。
京都の貴族に縁がある名門の出と言われて、そのメリットから井伊家に仕えて出向く事になりますが、今川方との関係に重きをおく政策を取ることから、井伊家の反発を激しく受ける事になります。
井伊家中の中で孤立してしまう立場に立たされる小野政直を演ずるのは、吹越満さん。
1965年生まれの青森県出身です。
元は、劇団WAHAHA本舗に参加してあり、ソロパフォーマーとしてもその才能において活躍していたそうです。
退団後は、テレビや舞台といった様々な形で役柄をこなし、数年に1度は、ソロパフォーマンス『フキコシ・ソロ・アクト・ライブ』を公演しているそうです。
大河ドラマは、『北条時宗』・『軍師官兵衛』に続いて3作品目になります。
【新野左馬助(にいの さまのすけ)・・・苅谷俊介】
今川家の家臣で、千賀の兄にあたる人ものです。
妹が井伊家に嫁いだ事で、今川の目付として井伊谷へと移り住みます。
穏やかな人柄の為、井伊家にも一気になじみ、今では井伊家の立場でもの事を企てるようになったほど。
そんあ温厚な新野左馬助を演ずるのは、苅谷俊介さん。
1946年生まれの大分県出身です。
俳優としての顔も持ちながら、アマチュア考古学者としての顔も携帯してあり、日本考古学協会の会員です。
ドラマから映画と多くの作品に出演しています。
NHK大河には、『葵 徳川三代』や『利家とまつ?加賀百万石もの語?』・『功名が辻』・『江?姫たちの戦国?』に続いて5本目の出演になります。

 

 

平成29年のNHK大河『おんな城主』とは?〜キャストI〜

【寿桂尼(じゅけいに)・・・浅丘ルリ子】
今川義元の母であり、『女戦国大名』という異名を持っている強い女性です。
息子である義元と、軍師の雪斎と共に今川家としての全盛期を作りあげました。
義元没後も孫である氏真を支えて、弱まって行く今川家が存続していけるようにと最大限の力を尽くしていきます。
直虎にとっては、至ってお手本となるような存在です。
そういった強い寿桂尼を演ずるのが、浅丘ルリ子さん。
1940年、現在の長春で生まれました。
14歳の時に『緑はるかに』という映画のルリ子役に応募し、見事銀幕デビュー。現在までの映画の出演本数は150本以上にもなります。
映画だけでなく舞台も数多くの役をこなし、大女優でありながら面倒見がよくて気さくな方という浅丘さんが、NHK大河に出演します。
【竹千代、徳川家康・・・阿部サダヲ】
後の徳川家康となる竹千代の少年時代より、今川家の人質として駿府で過ごします。
桶狭間の戦いにおいて、今川方の先鋒として参加する事になりますが、今川義元が討ち死にしたという知らせを聞くと、独立を決意。
その後は、持ち前の才覚を以て世を渡って赴き、後には井伊直親の嫡男である虎松(後の井伊直政です。)を家臣として受け入れていきます。
徳川家康を演ずるのは、シリアスからコメディーと様々な役柄を果たす阿部サダヲさん。
1970年生まれで、劇団『大人計画』に所属している俳優さんです。
舞台を中心にテレビや映画と広い場所で活躍しています。

 

 

平成29年のNHK大河『おんな城主』とは?〜キャストG〜

【奥山朝利(おくやま ともとし)・・・でんでん】
井伊家と小野家に娘が嫁いた事で、家中での発言力が増して言う家臣です。
けど、桶狭間の戦いの最中に大きな傷を受けてしまった事で歯車が狂っていきます。
その奥山朝利を演ずるのは、でんでんさん。
1950年生まれで福岡県出身です。
最初のころはピン芸人として人気があり、1981年の映画『の・ようなもの』で俳優業に転身しました。
その後、わき役として多くの作品に出演し、高い評価を得ています。
【中野直由(なかの なおいざ)・・・筧利夫】
井伊家から分家した重臣で、井伊の血筋に誇りを持っています。
なので、今川方に従軍している現況に対しての憤りがあり、その為、今川方寄りの小野家に対して反発心があり、反小野家の急先鋒でもあります。
直盛が亡くなった後の、井伊家のかじ取りを任されたことで波紋を引き起こしていきます。
中野直由を演ずるのは、筧利夫さん。
1962年生まれの静岡県出身です。
テレビや映画の他にもバレエティーも持ち前の明るさが視聴者の心をつかんで人気がある俳優さんです。
【語り・・・中村梅雀】
直虎を始めとする井伊谷で暮す人々をやさしく、熱く奮い起こす語りは、中村梅雀さんが担当します。
中村梅雀さんは、歌舞伎役者です。
1955年に出来上がり、都内の出身です。
数々の歌舞伎をこなして、2007年の『お登勢』をもって前進座を退団しました。
今はフリーで活動しています。
NHK大河には数多くの作品に出演しており、善人も悪人も如何なる役柄もこなし人気があります。

 

 

平成29年のNHK大河『おんな城主』とは?〜キャストJ〜

【瀬名、築山殿・・・菜々緒】
小さいころから、今川氏真の妻となる日を夢見てきた瀬名。
但し、ひょんなことから徳川家康の正室となることを命じられ、彼女も戦の世を生きていきます。
直虎とはよき友として存在し、共々乱世を歩んでいく人です。
そういった家康の妻となる役を演ずるのが、菜々緒さん。
大河ドラマは初出演となります。
股下85pという美脚をもち、そのスタイル抜群な容姿を活かして、ファッションモデルとして人気のあった菜々緒さんは1988年の生まれです。
その後、コマーシャルやテレビドラマ・バラエティー番組に出演するようなり、女優として活躍しています。
2014年には、『白ゆき姫殺人事件』で映画初主演を果たしています。
【虎松、井伊直政・・・菅田将暉】
井伊直親の嫡男として誕生した虎松。
父親が亡くなった後は、後見人となった直虎に育てられる事になります。
戦後最強の達人である”井伊の赤備え”を組織した事でも有名ですが、徳川家康が天下を取る際に支えた事でも有名。
小国だった井伊家の名を世間に広め、”徳川四天王”の1人にもなる、大出世をした人ものです。
この虎松、井伊直政を演ずるのは、こちらも大河初出演となる菅田将暉さん。
最近でいうと、映画『デスノートLight up the NEW world』にも出演している事で、話題を浴びている俳優さんです。
1993年出来上がり、大阪府出身。
演技に対して至ってストイックで、役柄によって見た目も変化させて出向くこだわりを所持しています。
映画の中で女装する役を演じた時折、約15sもの減量を通じて撮影に挑みました。