滋賀県の朝一イベント「もりやまマルシェ」

滋賀県の朝一イベント「もりやまマルシェ」

滋賀県の朝一イベント「もりやまマルシェ」をご存じですか??
滋賀県守山市のモリーブ(旧ららぽーと)で「地域資源もの産展モ・リ・シェ〜もりやまマルシェ〜」が開催されます!
モ・リ・シェとは“もりやま”と“マルシェ”を掛け合わせたもので、市内の魅力ある工芸品やもの産品などを大きく市民に紹介する物産展です。
当日は色々なイベントが開催され、誠に守山市の人気キャラクター「もーりー」も駆けつけて得るんですって!
「地域資源もの産展モ・リ・シェ〜もりやまマルシェ〜」昨年の開催はこんな感じでした。
開催日 2016年11月26日(土)
開催時間 10:00〜17:00
開催会場 モリーブ・セントラルコート
守山市播磨田町185-1 JR「守山駅」西口よりバスで「新八代しんはったい」下車、すぐ(バスで5分)
JR守山駅から車で10分
077-581-3113 ※会場、モリーブについてのお問い合わせはこちら。
パーキング無料
☆入場無料
お問い合わせ 077-582-2425 守山商工会議所
モ・リ・シェとは・・市内にあるカワイイもの産品を推奨し、守山の地域資源を市内外の人に知ってもらう『市場』(フランス語)です。
地域資源を活かした商品や人に手厚い商品、生活提案のある手作り品や歴史・もの語性のある商品などを集めているんですよ。
2016年は「もりやま産業フェア2016」と同時開催されたそうです。
案の定地域の特産ものが安く払えるは消費者にとっては嬉しいことです。。

 

 

週に一度喜べる田尻漁港

大坂では新鮮な魚介類を売っている市場がたくさんあります。
ここでは週に一度のお楽しみとして、鮮度抜群の魚介類がずらりと並ぶんです。
また関西空港が目の前にあるので、かなり人も群がるんですね。
こちらでは地元の名もの料理ももちろんたくさん販売していますが、海鮮バーべキューや漁業体験なんかもできるんですよ!
隣接するBBQ用スペースでは、魚介や肉類が喜べるセットを用意してありますので、ご家族やお友達で美味い魚介のバーベキューを楽しむことができます。
二度と、漁船が停泊する海を見ながら、快適雰囲気でBBQを味わえるんです。
そうして、漁師体験では、現役漁師のセ漁の様子を、目の前でしっかりと見極めることができるのも結構人気があります!
新奇抜群の魚介類が、種類豊富に並べられているので、どれを買おうか迷うのも興味深いですよね!
地元漁師がとれたて魚介を直販!
とっくに20周年を迎える日曜朝市は、朝7ときのオープン前からも多くの人が足を運ぶくらい人気です!
豊富な品ぞろえから選びたいならオープン直後がお薦めです。
田尻漁港の詳細はこちらになります。
住所大阪府泉南郡田尻町りんくうポート北1
電話番号072-465-0071(田尻漁業協同組合)
営業時間日曜日のみ開催 朝市7時〜12時 ※盆、年始は休み
座席数約200席
予算2,000円前後
径路電車:南海吉見ノ里駅から徒歩約12分
車:阪神高速泉佐野南出口から車で約10分
モータープール台数約300台

 

 

和歌山で人気の黒潮市場はマグロが有名!

関西というと京都とか大阪とかが有名ですが、和歌山も捨てたもんじゃありませんよ!
というのも、和歌山県和歌山市で開催される黒潮市場では、名もののマグロを求めて現れる国内外からも人物が押し寄せてくるんです。
和歌山市中心部からも近い場所にある、新鮮魚介で人気のスポット。
毎日3回受け取るマグロ解体ショーや鮮度抜群の魚介によるメニュー、梅干しや菓子など和歌山県の名ものをまかなうコーナーなど、充実した内容に国内外から訪ねる
観光客も数多いんです。
名ものはどうしても生マグロによるメニューの数々。
中トロや大トロによる寿司や丼などが大人気です!!
やはり名ものはマグロの解体ショー!
何となくのぞけるものではありませんからね!
ショーに登場するマグロは、串本や勝浦などで揚がったものがメインです。
多くの見もの客で賑わうショーは11時、正午半、15ときの3回。
もう一度、マグロによるメニューの数々は市場内にある「大海屋」で販売しているんですよ。
豊富なマグロのメニューにも注目です!
「本マグロ大トロ握り」1,000円。脂ののった大トロの味に感動!病みつきになります!
一時払い食べたら次に来た時も絶対に食べたくなります。
「マグロら〜めん」800円。マグロの竜田揚げ、マグロ節をトッピング♪
肉の代わりにマグロの赤身による「マグロコロッケ」一種200円。
お肉ではなくてマグロのコロッケなんて珍しくて食べずにはいられません。