和歌山のとれとれ市場南紀白浜で言えるマグロ解体ショー

和歌山のとれとれ市場南紀白浜で言えるマグロ解体ショー

和歌山のとれとれ市場南紀白浜で言えるマグロ解体ショーをご存じですか??
こちらの和歌山県白浜で開催される市場では、みておかしい買って明るいコーナーが充実!
中けれども名もののマグロ解体ショーははなはだ人気!!
市場で買った海鮮は、バーベキュー場で喜べるんです。
入場料は大人300円、小人200円。
バーベキュー場の営業時間は、11時〜18時で、土日祝は10時〜18時半
館内では、マグロの解体ショーがあり、その場で販売も得るんです!
目の前で解体された新鮮なマグロを支払えるなんて夢のよう!
大型市場はグルメもお値打ちで大充実!
20年の歴史を持つため知名度もおっきいんです。
水族館ものの巨大水槽では、クエなどの魚が回遊し、いけすなどで泳ぐ魚も見ることが出来るため家族連れから好評なんです。
グングン、梅酒など、和歌山もの産の店舗や500席を超える食堂の「とれとれ横丁」、買った魚介を焼けるバーベキュー場など、施設の充実度は群を抜いています。
とれとれ市場南紀白浜の詳細情報です。
住所和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2521
電話番号0739-42-1010
営業時間8時半〜18時半
定休日不定(4?6月はなし)
座席数食堂500席/バーベキュー195席
予算1,500円
行き方電車:JR白浜駅から車で4分
車:阪和自動車道南紀田辺ICから車で26分
パーキング台数普通車777台、バス70台
周辺に観光地も多いため、パーキングも広く、平日それでも韓国客が巡る場所です。

 

 

地場産品を格安で販売する「弁慶市」

日本人って少ないものが正にすきですよね。
中でもバーゲンやらセールやらという言葉にすぐに食いつきます。
そりゃ生きてればお金が掛かるもんなので、できるだけ扱うお金が少ない方が素晴らしいに決まっています!笑
日頃スーパーで買いものを通している奥様からすれば、多少なりとも1円でも安く済ませたいと思いますよね。
そうです、それが主婦ってもんですよね!!
ということで、今回は関西で開催されている甚だお得な朝一をご紹介します。
闘けい神社の馬場にて地場産品を格安で販売する月1回の朝市で朝前もって賑わいを見せている「弁慶市」
ご存じですか!?
こちらは和歌山県で開催されている朝一です。
江戸時代の中頃より、田辺片町のお堀端に開かれていた六斉市(通称「弁慶市」)を再現した市が開催されるんです。
当日は、闘鶏神社の前に約40店が軒を連ね、地場産品を中心にさまざまなお買い得商品が販売され、皆で賑わいます。
弁慶市開催日は、原則として毎月第3日曜日です。
お盆、年末年始等に開催日が変更されることがあります。
弁慶市は1市9町村による田辺広域圏の地域経済活性化の為に昭和61年に第三セクターの株式会社として設立された「南紀みらい(株)」の一事業として毎月開催されている朝一です。
誠に当日は40〜50店が軒を連ねて紀南のとれとればかりの幸や山の幸が豊富に販売されることが有名で、
毎月大勢の人出で賑わっているんです。
毎月出店の募集もしているんですよ。

 

 

大坂の木津の朝市とは

なんば駅下車徒歩アッという間にある大阪木津卸売市場は、200年を超える歴史を覚え、“食い倒れのまち”大阪の台所として、大阪市民の生活を支えてきました。
現在も日本最大級の規模を誇る民間の地方卸売市場として賑わいをみせています。
中けれども毎月第2と最終土曜日に開催される朝市の日の人出は一層です。
初心者も参加出来る「逸品セリ大会」をはじめ、各店で受け取るセリに参加し、自分の目利きをたよりに鯛やマグロ、ウニを競り落とす市場ならではの体験ができます。
高級な魚も市場なら手が届く価格で購入できます。
新鮮なのでどんな食べ方も安心。
また、マグロの解体ショーやお楽しみ抽選会など、毎回イベントも盛りだくさん。
月ごとに目玉商品も変わるので、旬のものをお手ころ価格で手に入れられるチャンスです!
他にもうなぎやニジマスのつかみ取りなどのお魚掴みどり大会も開催されて、ちっちゃなお子さんが大喜び!!
マグロの解体ショーは、華麗な手さばきによって目の前で大きなマグロが切り分けされて出向く様子は見ていてくぎ付けになります!
見たことがない人はぜひ見てみて下さい!
大阪の食文化を支え積み重ねる市場です。
200年を超える歴史を覚え“食い倒れのまち”大阪の台所として、大阪市民の生活を支えてきたんです。
中それでも毎月第2と最終土曜日に開催される朝市は、各店で受け取るセリに初心者も参加し、自分の目利きをたよりに鯛やマグロ、ウニを競り落とすなど、市場ならではの体験が出来るんです。