東京にいったら世田谷ボロ市へ行ってみよう!

東京にいったら世田谷ボロ市へ行ってみよう!

皆さんフリマって行ったことありますか!?
フリマって際立つものがないような気がするけど、大して掘り出しものもあったりします。
古着があったり、新品も所有者が使っていなかったものなど、ショップで貰うよりも遙かに安価で手に入れられるというところがフリマのいいところでもありますよね。
筆者はフリマを出品したことがあり、どうにも取り除けるものが安価だけれど売れたので将来また開催してみたいなとしています。
さて、毎年12月15・16日と1月15・16日に開催される「世田谷ボロ市」をご存じですか!?
戦国時代から貫く、由緒あるフリーマーケットです。
21世紀に入ってからは、全く知名度がのぼり、観光バスツアーが備わるほどの人気ぶり。
外人の姿も多く見られますね。
フリマというより蚤の市と呼んだ方が適していると思われる、近年の世田谷ボロ市。
周辺住民にとっては、これに行かずして年末年始は語れませんよ!
平日それでも雨天も12月15・16日と1月15・16日に開催されます。
世田谷ボロ市の開催場所は世田谷代官屋敷付近、通称「ボロ市通り」とその周辺になります。
東急世田谷線の上町が最寄り駅です。
各日20万人の来場者があり、世田谷線も特別ダイヤが組まれ、周辺も大掛かりな交通規制が引かれます。
市の名称の通り、元来は「ボロ」、つまり古着やボロ布の販売がメインでした。
徐々に年明かしのためのお金の工面をするフリマになり、初市(1月15・16日)の場合は、正月もおわり、これまた不要となったモノを制する意味合いが強かったようです。

要するに断捨離とも言えるフリマですね。

 

 

世田谷ボロ市の名もの「代官餅」

東京の世田谷にある毎年12月15・16日と1月15・16日に開催される「世田谷ボロ市」
皆さんはご存じですか!?
戦国時代から始まったそうですが、21世紀に入ってはかなり知名度があがって観光客もどしどし訪れるようになったというフリーマーケットです。
特に、世田谷代官屋敷前のボロ市本部で発売される「代官餅」は、ボロ市の名ものです。
歴史的にはまだまだ40年程度ですが、ここでしか製造・販売されない希少性とその味の評判から、各日長蛇の列(半は並んで当たり前)ができているほど。
つきたての餅5〜6個を1パックとして、あんこ、きなこ、からみ(大根おろし、海苔、ネギ、鰹節を醤油で和えたもの)の3種類があります。各1パック650円(2015年12月現在)で、一番人気の「からみ」は、16時までには売り切れます。
著しいですね!!
思った以上にボリュームがあるため、おとな数人で1パックが適量でしょう。
たくさん買っても食べきれず、お餅がごつくなるだけですので買いすぎには注意ですよ。
つきたてのお餅は柔らかくて美味。代官餅が食べられなくても、ボロ市では様々な食べもの屋台も出店してあり、沿道のレストランも軒先で食べ歩き向きいわく付きグルメを販売しています。
人気の惣菜店や豆腐屋さんの商品も昼前に売り切れますよ。
来場者は下調べを通して、どこにいかなるお店があるのか正しく把握しておいた方がよさそうです。
取り敢えず混雑が恐ろしいんです!
晴れた日にいただけることを祈るばかりですね!

 

 

始発で出向く朝一で食べたい東京グルメ♪

みんなの憧れ東京。
東京に行けば有名人にも巡り会えるし、うまい食べものにも巡り会える。
田舎育ちの人が東京に行けばほぼ色々なことに驚かされることでしょう。
筆者も田舎育ちなので、初めて東京に行った時折驚かされました!
とはよろしいつつ、東京もなかなかいく機会もないので、いったら言うでたえず高層ビルを見上げてしまったりなんかもします。
いつ行っても東京って発達してるなーって驚かされるんです。
さて、東京の朝一で美味しいものを食べられるといったらどうしても「築地」でしょうか。
築地にある三洋食堂には、限定20食の生うにまぐろ定食があるんだそうです。
お店は朝6時から営業している築地の三洋食堂。
噂の限定メニューというのが、「ウニ1箱生マグロ定食」。
すでに名前を聞いただけでよだれがでてきてしまう。
誠に新鮮なウニがごっそり1箱とグングン大きな天然まぐろのお刺身、揚げもの、ご飯、お味噌汁が付いた驚きの定食。
しかもこれがたったの1400円で食べられるというわけですから、二度とビックリです。
築地は美味しいものが安価で食べれるということそれでも有名ですよね。
一度は築地で美味しいものを食べてみたいものです。
三洋食堂の情報は以下になります。

【住所】都内大田区東海3-2-7
【アクセス】
大森駅か京浜急行平和島駅から京急バスで太田市場赴きバスにのぼり水産棟前バス停まで
品川駅より都バス大田市場赴きバスで水産棟前バス停まで。
水産棟と青果棟の間の関連棟まで水産棟前バス停から徒歩3分
流通センター駅から1,188m
【営業時間】6:00〜14:00
【定休日】日曜・祝日・不定休(東京市場カレンダーに因る)