ちょい喜べる築地客市場

ちょい喜べる築地客市場

まもなく豊洲に移転して仕舞う築地場内市場、たくさんの人々のお腹に満足感を与えてくれて、都民のみならず都心、否外人にもその存在を知られている、世界一のダイニングキッチン!
けれども移転(2016年11月4日閉場予定)するまでには、まだまだ時間があります。
春・夏・秋の旬の食材を求めて、またその味を堪能しに、築地観客市場まで出かけてみましょう。
築地観客市場の本来の目的は、仲卸店に買いものに来るプロの料理人のみなさんの食材の調達です。
ですが、我々素人も魚介も青果にも、入って見学する事は当然、買いものも出来ますが、ルールとマナーがあります。
正門左脇には、場内の立入りOKの場所と禁止場所が分かる、コピーが置いてあります。
我々が入場出来る時間帯は、午前8時以降というルールがあります。
ただし9時半を過ぎると半分以上の仲卸店は、その日の業務を終えて店仕舞いの準備です。
活気ある場内が見られるのは、実質1時間半程度しかありません。
場内で買いたい商品を見つけた際は、お店の人に「売って頂けますか?」と声を掛けて「触らない・値切らない・小分けを依頼しない」ことがマナーです。
また、築地のセリを見学出来るってことご存じでしたか!?
電話受付などはしていないのですが、午前2時にいって待機を通じて見学が出来るそうです。
まもなく豊洲に移転して仕舞う築地ですので、今のうちに築地を見学に行くのもいいですよね。
さぁ、築地の思い出作りに出かけてみましょう!

 

 

東京にきたら新井薬師梅照院「八の市」はいかが!?

東京の西武新宿線・新井薬師前駅より徒歩6分の場所にある新井薬師梅照院では毎月8の付く日に「八の市」という縁日が開催されてあり、地元商店街から骨董品や花、食品などが出店されています。
また参道に面する商店街では特売が行われ、おトクにお買いものやランチが楽しめるようになっています。お寺周辺には広々とした新井薬師公園が隣接しており、お散歩を楽しむのに絶好なスポットなのです。
通称「目のお薬師さま」梅照院新井薬師は眼の病気にご利益アリ!
梅照院新井薬師はその昔、江戸二代目将軍・秀忠公の娘が患った恐ろしい眼病の快方を祈願したところいっきに回復に向かったとされることから、それ以来「目のお薬師さま」として知られています。
その他、子育てにもご利益があるとされ、毎日さまざまな参拝客が訪れています。
また毎月8・18・28日の縁日によって祈願・厄除けの護摩祈願法要が午前と午後に一時払いずつ行われてあり、希望者は予約不要で指定の時間までに来院すれば護摩に参加することができます。
骨董品や花など、さまざまなものが売られている「八の市」毎月8・18・28日に開催される「八の市」と呼ばれる縁日まずは、地元商店街から骨董品や花、食品などさまざまなお店が出店されており、地元の参拝客でにぎわいを見せています。
そうして春にはお花見も楽しめます!お寺隣接の新井薬師公園!
このお寺には新井薬師公園が隣接しており、天気のいい日には多くの子供たちが遊んでいたり、ふらふら散歩を楽しむ近所の人々、犬を連れてお散歩をする人などの姿が見られます。

 

 

青山ファーマーズマーケットの朝市

東京のマルシェはただの市場で終わらない!
東京青山、赤坂、勝どき・・週末に遊びをめぐってはいかがですか?
いっそ美味しい食材を食べたい! はみんなのホンネ。
そんなとき、足を運びたいのが最近目立ちてる「マルシェ」。
東京にはうまい食材もたーくさんありますよね。
こどもの城の横、国連大学の前で毎週末開催されている「Farmer’s Market@UNU」、通称・青山ファーマーズマーケットです。
勝どきで開催されているこのマルシェは、日本最大規模です。
日本全国の農家が毎月設定されたテーマごとに「旬」を保ちよった大型マルシェでは、食材の製法も学べるんですよ。
随時開催されるイベントやワークショップもあり、ただの市場で終わらないのが太陽のマルシェの魅力です。クリスマスにはゴスペル、小学生以下のお子さまがマルシェの販売体験、バレンタインにはキュートフラワーアレンジメントなど、そのために行きたくのぼるようなワークショップが目白押し。
新鮮で美味しい食材が立ち並んでいますよ。
ぜひホームページをチェックしてお出かけ下さい。
太陽のマルシェはの情報はコチラ。
【太陽のマルシェ】
開催地:中央区勝どき1-9-8 月島第二児童公園
開催日時:毎月第2土曜日・日曜日 10時〜17時(4月から9月)/10時〜16時(10月から3月)
公式サイト:http://timealive.jp/#Marche

赤坂のアークヒルズ広場で毎週土曜日に開催されているのがヒルズマルシェ。
こちらもぜひお出かけ下さい♪
食材やお花と共に並ぶのはアークヒルズ内レストランのシェフが作ったピザやパンなど、“ここでしか買えないもの”。