ほかの家族と車でお出掛けするときは?

ほかの家族と車でお出掛けするときは?

子供の成長にともない、友だちの数も増えていきます。
また、親同士の交友範囲も広がりますね。
このような友人、いわゆる「ママ友」の存在は大変重要ですが、ストレスなく付きあう方法を考えることも大切ではないでしょうか。

 

例えば、ママ友といっしょに開店セールに出掛けたり、話題のお店でランチしたりする可能性もでて来る。
勿論、相手に取り混ぜるばかりでは疲れますが、ますます断っていると子供どうしの関係に影響がでて欠けるか心配ですよね。

 

また、東京方面をはじめ、各地で開催されるイベントに、ほかの家族といっしょ出向く機会があるかもしれません。
ゴールデンウィーク期間中はイベントも多いため、子供の友だち家族だけでなく、親戚といっしょに出かけるケースもあると思います。

 

そのとき、足に車を使うことも出てきますが、誰が車を流すのか、途中で運転を代わるのかなど、お先に決めておくことが大切です。
6歳未満の子供にはチャイルドシートの装着が義務づけられていますので、人数分用意できるかどうかも大切なポイントです。
因みに、チャイルドシート未使用の場合はワンポイントの減点になり、資格の色が変わるだけでなく、自動車保険更新ときの掛け金に影響することも知っておきましょう。

 

このようなことから、車に乗せる側も乗せてもらう側も、交通ルールを充分続けることが大切です。
そのうえで、事故に遭ったときの対応まで意識することが必要ではないでしょうか。
これは、ゴールデンウィークなどのお出掛け時に限ったことではありません。
車の相乗りをするときは、お互いが恥ずかしい想いをしないように理解し合うことをおすすめします。

 

 

そもそもゴールデンウィークとは?

ほかの家族と車でお出掛けするときは?

 

カレンダーをみると、その月の曜日や祝日などが瞬時に把握できます。
そのため、スケジュール管理には便利ではないでしょうか。
また、休日が何日か貫く月があり、お出掛けなどの予定が立てやすくなるかもしれません。
「ゴールデンウィーク」は代表的存在として注目されています。

 

人がなにげなく使っているゴールデンウィークという言葉ですが、そもそもゴールデンウィークとは如何なるものなのか気になりますよね。
ゴールデンウィークとは、4月末〜5月初旬にかけて多くの祝日が重なった大型連休期間のことをいいます。
具体的な対象は4月29日〜5月5日です。
期間中の祝日には「昭和の日」(4月29日)・「憲法記念日」(5月3日)・「みどりの日」(5月4日)・「こどもの日」(5月5日)があります。
また、その直前・直後に土日や振替休日がある年はそれらも組み込むため、長い連休になる企業もでてきます。
その一方、連休に忙しくなる業界も少なくありません。

 

因みに、ゴールデンウィークの語源は「日本の映画興行成績がよかった期間」だといわれています。
いわゆる業界用語のため、「大型連休」などと表現するメディアも存在します。

 

ゴールデンウィーク期間中には、帰省する人や家族連れでお出掛けする人も少なくないと思います。
また、「こどもの日」が留まるため、それにちなんだイベントの開催も期待できますね。
中でも、モールが充実している東京をはじめ首都圏はみんなでにぎわうことが予想されます。
そのため、子供連れでお出掛けの人は、移動時間も含めて余裕のある計画づくりをお薦めします。

 

 

子供にお奨め 〜水筒〜

ほかの家族と車でお出掛けするときは?

 

子供といっしょにお出掛けするときは、かなりの荷物になることも少なくありません。
そのため、携帯して出向くかどうか迷うものもありますが、手軽に水分補給するためにも水筒の持参をお勧めします。

 

水筒の材料には、ステンレスやプラスチックなどがあります。
ステンレスの水筒は保冷や保温が期待できるため、ゴールデンウィークときのお出掛けには刺々しい呑みものを入れていくと良しかもしれませんね。
一方、プラスチックの水筒は軽々しいため、子供自身が持ち運ぶときにも大変便利です。
また、お気に入りのキャラクターで選ぶなら、プラスチック材料のものに種類も多いようです。

 

水筒の呑み口も確認が必要になります。
年齢が小さい子供は上手に飲めないため、ストロータイプが良しかもしれません。
さっと年齢が上がったら、直呑みタイプやコップタイプを検討しましょう。
また、洗浄や消毒が簡単にできるかどうかも、水筒選びの条件のひとつになります。

 

ゴールデンウィークなどの連休の時期は、東京をはじめとする各地でイベントが開催される機会も増えます。
イベント目当てでお出掛けする人も数多く、訪れた場所が混雑することや、行き来の道路が渋滞することも考えられます。
移動中はなかなかくたびれるほか、喉が乾くことも少なくありませんね。
そのため、水筒を用意していると、いつでも水分補給ができるメリットが高いのではないでしょうか。

 

なお、水筒は使用方法を守ってきちんと取り扱うことが大切です。
一際、ステンレスをはじめとする金属材料のものは、容器の金属成分が呑みもののなかに溶け醸し出すため、中毒症状を起こす見込みが指摘されています。