ゴールデンウィークとシルバーウィーク

ゴールデンウィークとシルバーウィーク

カレンダーをまくると連休が期待できる月の確認ができますが、その背景として、週休二日制やハッピーマンデー制度の導入は大きいですよね。
但し、連休の長さや回数は、その年によっても大きく異なるのではないでしょうか。

 

大型連休として、4月末〜5月上旬にわたっての「ゴールデンウィーク」は以前からありますが、最近では9月の「シルバーウィーク」の存在にも注目が集まっています。
ただ、ゴールデンウィークとは異なり、具体的なイメージがしにくいかもしれません。

 

その理由として、「敬老の日」が以前の9月15日から第三月曜日に変わったことが挙げられます。
また、「秋分の日」がその年によってことなることも大きいですよね。
といっても、現時点では22日と23日のどちらかになるようです。
但し、「秋分の日」が何曜日になるかによって、シルバーウィークの越し方が変わる人もいるのではないでしょうか。

 

シルバーウィークの名称は、ゴールデンウィークを意識して塗り付けられたといわれています。
また、期間中に「敬老の日」が含まれるとの説がありますが、一方で「高齢者=シルバーではない」との考え方もあるようです。
もう一度、五連休にならない年はシルバーウィークが存在しないなど、長々調べていくと興味もつきません。

 

また、旅行会社などでは「ゴールデンウィーク特集」や「シルバーウィーク特集」を組むところも手広く見掛けます。
そのため、お目当てのイベントを含む旅行種類を探すと良いかもしれませんね。
一際、東京近辺は多くの観光スポットがあるため、子供連れでのお出掛けにお進めします。

 

 

子供にお進め 〜リュック〜

ゴールデンウィークとシルバーウィーク

 

春は、ゴールデンウィークを通して、イベントが開催されることも多いですよね。
そのため、東京方面のTDLをはじめ、各地へのお出掛けを予定している人は、事前にイベント情報を確認しておくとよいでしょう。

 

子供といっしょにお出掛けするときは、やっぱ荷物が多くなりがちです。
車で移動するときは多少荷物が増えてもだいじょうぶですが、公共乗り物を利用する場合は大変です。
そういった負担を軽減するために、子供にさっと荷物を授けると良いかもしれません。
また、そんなにすることで、子供に持ちものを管理する気持ちが生まれるのではないでしょうか。

 

子供自分に授けるものとしてリュックがあります。
こちらは、可愛いころから背負えるタイプもありますので、体の大きさなどに合わせて選ぶことをお勧めします。
また、リュックの中身を軽々しくすることも大切なポイントになります。
リュックを選ぶときは、2〜3歳児には4〜5Lサイズ、4〜5歳児には5〜10Lサイズを目安にするとよいでしょう。

 

また、肩紐がくいこみ難いものなど、子供が背負うのに負担にならないかどうかを意識しましょう。
リュックは背中と密着するため、背面は通気性が良し材料としていることもポイントになります。
一層、軽くてじょうぶであり、開閉しやすいかデザインになっているかどうかも考えましょう。
かわいらしさも見逃せませんね。

 

なお、リュックの中身は、なるほどつやタオル、ティッシュなどが多いようです。
もちろん、保護者の荷物にもそれらの用意を通しておくことをお勧めします。

 

 

ゴールデンウィークの明かし方のくふうを

ゴールデンウィークとシルバーウィーク

 

4月末〜5月上旬までの大型連休、いわゆる「ゴールデンウィーク」は、4月から新生活を始めた人が生活のリズムに慣れてきたころですよね。
つまり、学校や職場との往復やまわりの環境とも馴染み、自分なりの一生ができつつある時期だと考えられます。
そういった中で連休に入るため、この期間をどんなに暮らすかが大きな課題になってしまう。

 

ゴールデンウィークにある、最初の祝日・4月29日と最後の祝日・5月5日は、とっくから変わっていないようです。
また、ゴールデンウィーク後半にある5月3日も同じですね。
そのため、ある程度の年代に達した人は、ゴールデンウィークとしてのイメージが広いのではないでしょうか。

 

この期間にある、5月3日は「憲法記念日」、5月5日は「こどもの日」として知られています。
一方、4月29日は「天皇誕生日」から「みどりの日」を経て「昭和の日」になっていますね。
また、「憲法記念日」と「こどもの日」の間にある5月4日は「国民の休日」になり「みどりの日」に変わりました。

 

グングン、ゴールデンウィーク中には土日が留まるため、それらを合わせて休みを取り去れる人もでてしまうね。
そのため、旅行に出掛けるのには絶好の機会かもしれません。
東京で開催されるイベント情報を調べて、子供といっしょに旅行するのもよいでしょう。

 

しかし、連休終了ギリギリまでの計画を立てるのは避けたほうが無難です。
連休明けに疲れが残ると、せっかくの明るい思い出が台無しになるかもしれないからです。
そうならないためには、連休中の過ごし方をくふうすることをお進めします。