GWの沖縄旅行って?気候や特徴をご紹介【その1】

GWの沖縄旅行って?気候や特徴をご紹介【その1】

ゴールデンウィークの長期休み、アナタはどうして越す予定ですか?未だに検討中の方、足を延ばして旅行へと出掛けたいとしている方、沖縄はいかがでしょうか?夏の入り口もある、このゴールデンウィークにはとってもおススメな観光場所です。
それでも沖縄県ってその時期どうなの?梅雨時期だし断じて巡れる場所もないのでは・・・楽しみ方って?と気になっている方もいらっしゃるかと思います。
ですので、ここではゴールデンウィークころの沖縄の気候などを解説していきたいと思います。
●GW=梅雨時期?●
皆さん、前もって天候は気になりますよね。何とか観光するのだから天候には恵まれたいところ。そんな中それでも梅雨時期に入れば雨の確立も高くなるから、迷っているという声が聞かれます。
では実際にGW中は、沖縄県では梅雨時期に入るのでしょうか?答えはNoです。年々によって多少逸れる事もあるので、梅雨入りが早くなる年もありますが、例年はGWが明けるころに沖縄県は梅雨入りします。ですので、ゴールデンウィークの休みは、本当はとても観光に適している時期もあるのです。
●海は加える?●
海は残念ながらおススメできません。蒸し暑く思える気温になる為、沖縄は海開きが速く、5月でもがっつりと泳げるのではと思っている方もいらっしゃいますが、じつは昼以外の時間だと人によって体感の差はありますが刺々しいと感じる方が多い水温です。お昼でも泳げないほどではありませんが、太陽が出ていれば気にならないかもしれませんが、曇っていたりすると、寒いと感じるでしょう。魚も依然として少なめなので、シュノーケルも避けた方が良いかもしれません。

 

 

GWの沖縄旅行って?気候や特徴をご紹介【その2】

GWの沖縄旅行って?気候や特徴をご紹介【その1】

 

●気温●
GWころは、気温は大体20度をほんのり超えたくらいの、安定した天候です。また、この時期気になるのが紫外線の量。沖縄県は、他の県と比較した場合、いとも力強いという結果が出ています。曇っていても紫外線は思っている以上に降り注いでいます。ですので、紫外線を食い止める効果の大きい日焼け止めを活用するなどして、しっかりと対策をして観光ください。
断然ちっちゃなお子様は、肌への負担が大人に比べて全然大きくなります。こまめにクリームを塗りつけるなどして守ってあげましょう。
●服装●
気温も上がりますが、天候によって、朝夕の気温差によって、体温調節が出来る服装で立ち寄ると便利です。
外は太陽が出て暑いと感じていても、室内に入れば冷房が効いていて、肌寒いと感じる方もいらっしゃいます。長袖を携帯しておくと使い勝手が良いと思います。
如何でしょうか。夏ほど蒸し暑くなく、そして梅雨時期に入る前という事で、おススメな沖縄県。海のアクティビティは人によってまるで平気な方と、惜しくも水温が温かい方が…と分けるような状態ですが、海に入れずとも巡れるおススメスポットは沢山あります。
海に入るばかりが沖縄の名スポットではありません!この時期に浴びるイベント等もあります。何とかそういった時期に赴くならば、こうした観光巡りを通してみては如何でしょうか。
他記事『GW 沖縄旅行のおススメスポット』と題して、定番なスポットから穴場スポットなど、沖縄県に来たならきっちりめぐりたい場所をご紹介しています。子ども達も遊べるスポットもあるので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

 

GW 沖縄旅行のおススメスポット【那覇ハーリー】@

GWの沖縄旅行って?気候や特徴をご紹介【その1】

 

5月のゴールデンウィークに沖縄にいらっしゃるのであれば、その時期に丁度開催されるとっておきのおススメのイベントがあります。それがみんなでにぎわうフェスティバルの『那覇ハーリー』。
この那覇ハーリーは、約600年もの長い歴史をもつ伝統あるイベントです。ハーリーというのは、中国から伝わったといわれている爬竜船(はりゅうせん)の事をいいます。海の安全と豊漁をお祈りするお祭りの事で、沖縄県の各所で開催されているのですが、その中けれども那覇で浴びるハーリーは規模が一番激しく、県内最大です。
夜には花火が打ち上がる他に、沖縄県出身の芸能人やアイドルも例年出演しているという事で大賑わい。イベントが多く開催されている事でも有名です。ちょっとご紹介すると、船頭と船尾に龍の飾りが施された手漕ぎ漁船で浴びる競漕であったり、観光客も乗船して楽しむことが出来る体験乗船などがあります。今と昔が混ざり合った、やけに活気のあるお祭りです。
ハーリーのたくましく漕ぐ勇ましい姿を見ると、つい見ている方も力が入って仕舞うくらいに気持ちが伝わってきます。見て損のないイベント。ぜひゴールデンウイークにいらっしゃるならば、足を運んでみてください。
●日程・場所●
今年、2017年の日程は、5月3日(水)〜5月5日(金)です。時間は10:00〜21:00と長丁場。
開催場所は、那覇港新港ふ頭。沖縄県話港町1丁目になります。
●ハーリーについて●
那覇のハーリー爬竜船の長さは、全長14.5メートル、幅が2.1メートルあり、重さは2.5トン。そうして船員は42名もいます。