スーツケースの選び方

スーツケースの選び方

飛行機を利用されたことのある方ならご存知だと思いますが、一定のサイズ以下の荷物は、機内に組み込むことができます。
ほとんどの航空会社で、縦・横・幅の3辺の和が115センチ以内(かつ55cm×40cm×25cm以内)の荷物を機内に持ち込めます。
但し座席数が100席以下の飛行機は、縦・横・幅の3辺の和が100センチ以内の荷物のみ持ち込めます。
(LCCなどの格安航空会社では機内に持ち込めるサイズの規定が異なる可能性が有ります。

最近では、最大容量の機内持ち込みサイズという製品が発売されていて、設計の根本的な見直しにより、115センチ以内という制限に適合しながらも、40リットル前後という大容量を確保しています。
これは、縦・横・幅の比率を容積が最大になるようにして、キャスターや取っ手などの突起部を燃やすことによって、従来よりも大容量を実現しました。

 

また、スーツケースにはフレームタイプとファスナータイプがあって、本来は、ファスナータイプそれでも強度的にさっぱり問題ないのですが、使いやすいことと防犯性の高さからフレームタイプのほうが人気があるようです。

 

ただ、機内持ち込みという幼いサイズにおいては、フレームよりもファスナーのキャリーバッグがおすすめです。
理由としては、フレームタイプだと見た目以上に中が小さくなり、ただでさえ安い容量が再び少なくなってしまうからです。
また、機内持ち込みなら、ファスナーの部分がナイフで切り裂かれ中身を無くなる心配もないので、フレームタイプの大きなメリットである防犯性も持ち込みなら関係ありません。

 

 

機内持ち込みのメリットとデメリット

スーツケースの選び方

 

飛行機に乗る際には、荷物を預け入れる派ですか?それとも機内に持ち込む派ですか?ここでは、スーツケース(キャリーバッグ)を機内に持ち込んだ場合のメリットとデメリットを考えてみました。

 

特にメリットとしては壊れがたいことが最初に言えると思います。

 

スーツケースが壊れるのは、ほとんどの場合において航空会社に預けたときです。
海外の空港では扱いが乱暴ですので、破損させられて帰ることもしばしばあります。
ただし、機内に持ち込めばこのような扱いをなることは無いので、故障することはありません。
これは非常に大きなメリットです。

 

そうして更にのメリットは、荷物を預け入れる手間がかからないことです。

 

機内に持ち込めるわけですから、やはり荷物を預けたり、またターンテーブルで荷物が出てくるのを待つ手間が取り去れるわけです。
荷物が出てくるのを待つこと無く、一番に税関へ向かえるのは、地味に大きなメリットだと思います。

 

反対にデメリットとして言えるのは、容量が狭いことです。

 

持ち込めるサイズには制限があって、そのサイズは預け入れる場合よりもはるかに酷いものです。
一般的に、機内持ち込みサイズのスーツケースの容量は、30リットル程度になります。
30リットルだと長くても3日程度の渡航用になってしまうので、長期間の渡航には酷い容量となります。

 

そこで、長い渡航も機内に持ち込める大容量のスーツケースがあればという声に応えて、近年、容量40リットル前後の機内持ち込みOKな製品が発売されています。

 

 

機内持ち込みできるおすすめのスーツケース

スーツケースの選び方

 

飛行機での移動の場合、荷物を預け入れると受け取りが面倒という人も多いのではないでしょうか。
荷物はなるべく機内持ち込みが出来るギリギリのサイズでコンパクトに詰めるようにして時間短縮をしたいという方は、軽量で機内持ち込みOKのサイズなのかという点にもこだわってスーツスースを選ぶようにするといいでしょう。

 

LCCなど100席未満のちっちゃなジェット機も、機内に持ち込み可能なサイズは各社異なります。
なので、どの飛行機に乗っても概ね機内持ち込みが大丈夫というお勧めなサイズは、55cmx36cmx23cmで7kgとなります。
7kgとなるとスーツケースも軽量のものを買わないと、機内運び込みできない感じです。

 

ハードタイプのスーツケースケースだと、機内持ち込みギリギリのサイズでは、重さが2kgを下回るものは何やらありません。
いっぽうソフトタイプであれば、2kgを下回る軽量のものがいくつかあり、人気なのはサムソナイトの製品です。
機内持ち込みサイズで、1.6kgという軽さのものがあり評価されています。

 

手荷物含め合計7kgという制限のエアメールもあるため、スーツケースは出来るだけ軽々しいほうがお勧めです。
このように2kg前後が相場だとすると、中に閉じ込める荷物は合計で4kg以内におさめることがポイントとなります。

 

制限内でおさまるサイズで、最も軽量なものを選べば、機内持ち込みの恩恵を受けることができます。

 

最近はカラバリも豊富になってきているので、お気に入りのスーツケースを見つけて、快適な空の旅を楽しんでください。