リモアのスーツケース

リモアのスーツケース

ドイツ生まれのリモワは材料・形状・サイズ・カラーなど製品のバリエーションが非常に豊富なため、TPOによってスーツケースを選択する事が可能です。
製品の選び方としては、旅の期間はどのくらいか、どこへ行くのか、航空機には機内持ち込みをするのかそれとも貨もの室に積むのかなどを考え、自分の予算と照らし合わせて見ることです。

 

 

リモアではブランドラインごとに容量のバリエーションは異なりますが、きっと20L〜100Lのスーツケースが販売されています。
一般的には1泊なら20Lサイズ、1泊〜3泊なら30〜50Lサイズ、二度と長い旅であれば60L以上というように考えられていて、旅の目的や目的地についても考慮しながら製品を選びます。

 

スーツケースの人気ランキングのサイトを参考に材料・サイズ・カラーを決めるのも良いですが、リモワのコダワリに対して、自分のコダワリを融合させて製品を選ぶ事が特に大切ですし、自分なりのコダワリを携帯して製品を購入するというのも、旅における醍醐味の一つだと思います。
行事や催しもの、勿論旅行もそうですが、予定をたてたり、準備をしたりする期間もすごく楽しいし、ムズムズするものです。

 

機内持ち込みできるスーツケースをお考えの方は、 各航空会社の制限内容をしっかり理解し、その上でスーツケースを選んでください。
サイズはからきし凄まじくなくてもリモワのスーツケースには風格があり、手荷物として飛行機内へ持ち込んだ時ならではの喜びも受けとる事ができるはずです。

 

 

スカイナビゲーターのマックスキャリー

リモアのスーツケース

 

スカイナビゲーターのマックスキャリー(ファスナータイプ49cm)はほしい機能をすべて搭載したオールインワンモデルです。
小ものの出し入れに便利なバックポケットや、荷物が多い時に手荷物を取り付けできるバックホールドベルトも付いています。
ワイドハンドルなので、4輪での走行まま操作が楽にできます。
100席以上の機内持込対応サイズとして、40Lの大容量なのも魅力です。

 

ボディはABS樹脂+エクストラポリカーボネート材料を使用し、一層堅牢性と軽量を実現しました。

 

内装は抗菌・消臭材料を使用した両面ラウンドファスナー式で、フタ側はメッシュ材料で荷物が分かり易く、二度と片側はポケット付で荷物の整理に便利です。

 

背面にあるバックポケットは実用新案を取得してあり、ガイドブックやアッという間に引き出したいものを収納するのに大変便利です。
わざと本体を開けなくても必要なものをアッという間に取り出せます。

 

ハンドルは引きやすさを重視し、一般的なスーツケースよりワイドハンドルを採用。
ラウンド型の手に馴染み易いフォルムになっています。
身体から離して操作してもスムーズに方向転換ができ、駅の改札など細い場所けれども操作性に優れています。
高さ調整は4段階で、小柄な女性にも保ち易い長さになっています。

 

また、このスーツケースにはマチ拡大機能が付いていて、サイドのファスナーを下ろすとマチがひろがり、容量が25%もアップします。
旅先で荷物が増えても安心です。
(拡張時は機内持込は出来ません。

便利な機能満載のスカイナビゲーターはさわやか旅をサポートできるでしょう。

 

 

スーツケースの上手なパッキング術

リモアのスーツケース

 

かりにいかに余裕を持ち歩いて大きめのスーツケースを選んだとしても、効率よくパッキングできなければ、中はぐちゃぐちゃ、帰りの土産ものも入りきれず、空港で重量オーバーをいわれ課金浴びるかもしれません。
そういった事態を防ぐために、荷物をすっきりと収める素晴らしいノウハウを身につけましょう。

 

効率的なパッキング術には大原則があります。

 

持ち歩いて出向く服は軽量でシワになりがたいものを中心にえらびましょう。

 

シワになりづらい材料を中心に、丸めてもシワになり辛い軽量の化学繊維がお勧めです。

 

旅行の日程に合わせてコーディネートを考えて、着こなしが効く服をピックアップします。

 

旅行中にどれだけの服が必要かを考え、色を1色か2色に叱る。
決めた色で服の組み合わせを決め、その服にマッチする靴を選びます。

 

あったら便利かもしれない、持ち歩いて行ったら扱うかもしれないものは持ち歩いて行かない。

 

とっても必要なモノであれば戸惑うこと無く持ち歩いて行くことを決めれるはずです。

 

お土産を閉じ込めるスペースを残しておこう。

 

せっかくの楽しい旅行なので、思い出の品としてお土産を持ち歩いて帰れるくらいのスペースはあらかじめ空けておきましょう。

 

また機内持ち込みの手荷物については、ロストバゲッジのケースを考えて、手荷物には最低限の着替えを入れておくようにしいましょう。
再度空港や機内は寒いことが多いので、カーディガンやストールを手荷物に入れておくと重宝します。

 

各種意見を参考にしながら、自分なりのパッキング術を構築してください。