一人旅の忠告する点

一人旅の忠告する点

一人旅の最大の利点は、、自由で有ることだとおもいます。

 

身内や友人と行く旅行のケースは、、行き先やフード、泊まるエリア等も供に行く相手の意向を、気にしなが、ら、お互い有るくらい妥協してと言う部位が、出てくるとおもいますが、一人旅のケースその点を、全く気にする要するが、ございません。
時間を、気にせず写真を、撮ったり、歩行疲れたら休憩するのも自分の時期でOKです。
だけど、自由で有ること言うのは、責任も全て自分で負うことに成ります。
一人旅では、、数々の良い感覚の経験を、することが、出来ますが、リスクが、有るのも事実です。

 

そこで、出来るだけリスクな目に合わ無いようにするための忠告点を、あげてみました。

 

 

まず当たり前のことですが、大好評の無いエリアでの一人歩行は、避けるようにしましょう。

 

本質的に、人のい無いエリアを、一人で歩いては、いけません。
特に道に迷ったりしてしまうと土地勘の無いエリアでは、リスクです。
国内外を、問わず、ハイキング等に一人で行くことを、避けるのは、当然、街中でも、常に人の目の有るエリアを、歩行ましょう。
防犯ブザー等も持っているだけで安堵感に繋がります。

 

 

ニッポン国内では、、夜間にレディースが、一人でタクシーに乗っても、深刻な事件に巻き込まれる見込みは、すさまじく低めのですが、ごくまれにセクハラの被害も有るので、成るべくなら夜間タクシーの一人応用は、避けるほうが、良いでしょう。

 

 

一人旅のケースは、、次に行くエリアの宿は、途中で予約する等宿は、事前に決めておくことを、おススメします。
何かのトラブルで目標地点に着くのが、遅くなってしまったケースでも、、宿が、決まっていれば安心です。

 

 

お酒の飲みすぎに忠告しましょう。
テンションが、上が、って、ついついお酒を、飲み過ぎてしまうのは、一人のケースは、リスクです。
酔っ払ってしまいそうだなと思った時は、、宿泊している宿で飲むようにしましょう。

 

 

盗難にあったときの対策を、前もってしておきましょう。

 

荷物から目を、離さ無い等盗難を、防ぐ忠告を、するのは、大事ですが、万一盗難にあっても、予備のクレジットカードやキャッシュカードを、備えしておく等対策を、しておきましょう。

 

又、旅先でスマホや携帯電話を、なくしてしまったケースに、連絡先が、全て分からなくなってしまうと困ります。
緊急時の連絡先は、メモ帳や手帳等紙に書いたものを、別に持っていると安心です。