一人で旅してみたい小京都・金沢

一人で旅してみたい小京都・金沢

小京都とも言われる大好評観光地の金沢は、、一人でも、楽しめる観光スポットやサービスが、充実したホテルもいっぱい、一人旅にすさまじくおススメの旅先です。

 

 

ひが、し茶屋街は、、今でも、キムスコ(木虫籠)と呼ばれる美しい出格子が、有る古い街並みが、残り、昔の面影を、とどめています。
2001年に国の大事伝統的建造物群保全地区に選定され、「街並みの文化財」として保全策が、進められています。

 

ひが、し茶屋街は、晴れの日でも、雨の日でも、、どんなお天気でも、その天気ならでは、の美しさが、有るので願わくは行ってみてちょうだい。

 

 

加賀百万石のシンボルで有る金沢城は、、1996年に城址を、整備し金沢城公園として一般公開を、開始しました。
園内には、、木造城郭建築として五十間長屋や菱櫓、橋爪門続櫓などの歴史的建造物が、復元されています。

 

 

ニッポン三名園の一つで有る兼六園も金沢のオーソドックス観光スポットです。
加賀百万石前田家の庭園として創られ、冬季の風物詩で有る雪吊りや梅苑の紅梅白梅等四季折々の美しい自然を、堪能出来ます。

 

 

忍者寺と呼ばれる妙立寺は、、隠し階段や隠し部屋、落とし穴に成る賽銭箱が、あったりと、まさに忍者のからくり屋敷のやうです。
元々は、三代目加賀藩主の前田利常の命により建てられたお寺で、すべては、敵の目を、欺く為に創られた仕掛けになっています。

 

 

2004年10月に建てられた現代アートが、中心の金沢21世紀美術館は、、地上1階、地下1階建ての建物で、芝生の敷地の中央に、円形の総ガラス張りとして建てられ、全てが、正面に見えると言う不思議な構造になっています。
どの方面からでも、入場することが、でき、無料で入れるスポットが、広く、数いっぱいの作品を、無料で鑑賞することが、出来るです。

 

 

金沢のおいしいものが、集まっている近江町市場も願わくはおさえておきたいエリアの一つです。
のどぐろにブリにカニにと海の幸が、いっぱいですが、やは、りおいしい魚を、食べたいなら冬季に訪れるのが、良いでしょう。

 

 

金沢でしかでき無い経験としては、、金沢は、国内の金箔生産99%以上を、誇る金箔の街と言うことで、金箔作製専門業者の直営ストアーで1万分の1ミリと言う極薄の金箔貼り経験が、有ります。
そこでは、、お皿や携帯ストラップ等オリジナルの作品を、造ることが、出来ます。

 

 

これら金沢の観光スポットは、、いずれも徒歩やバスで不自由なくまわることが、出来ますが、天気の良い日なら、レンタサイクルでまわるのもおススメです。