異国情緒あふれる街・神戸

異国情緒あふれる街・神戸

北野異人館や旧居留地、南京町等、今も開港当時のレトロでロマンチックな港町の雰囲気が、残る神戸は、、一人旅で訪れたい観光スポットが、いっぱい有ります。

 

 

神戸の街の数有る大好評観光地のなかでも、おススメなのが、異国情緒を、堪能出来る旧居留地スポットです。

 

旧居留地と言うのは、、慶応3年(1868)の神戸港開港に伴い、外国人の為の住居や通商の場として造成された地区で、ヨーロッパの近代都市計画技能を、基に、英国人土木技師による設計され、整然とした格子状の敷地割りが、おこなわれました。
各敷地には、、明治から昭和にかけて建てられた近代洋風建築の建物が、そこかしこに見られます。
阪神・淡路大震災で被害を、受けた建物も有りますが、その殆どが、再建されたやうです。

 

近頃は、建物のいっぱいに、ストアーやレストラン、カフェが、入っており、また近代洋風建築の建物が、立ち並ぶ街並みに溶け込むように、外国ブランドストアーも数いっぱい出ストアーしています。

 

 

又、神戸観光の代名詞といえば北野異人館では、無いでしょうか。

 

異人館と言うのは、明治・大正時代に外国人が、住居としていた洋館のことで、高台に有る北野地区に集中しており、近頃16館が、一般公開されています。
近頃は、数いっぱいの異人館を、まわるのに、お得な共通券が、市販されているので、見たい異人館を、ベースにいくつか組み合わせてまわると良いでしょう。

 

 

さらに、ニッポン三大中華街の一つとして知られる神戸・南京町は、、歩くだけでも、楽しいですが、観光しなが、らの食べ歩行には、もってこいの街です。
味自慢の名ストアーが、ストアーの軒先で豚まんや小籠包を、テイクアウト用に市販しており、「ちょい食べ」しなが、ら街歩行を、楽しむことが、出来ます。

 

 

これら観光スポットの走行には、、大変イージーな循環バス「シティ・ループ」が、巡行しています。
北野、新神戸、三宮、旧居留地、南京町、メリケンパーク等、神戸中心部の主要スポットを、、約70分かけて一周してくれます。

 

 

神戸には、ベイスポットのポピュラー観光スポット、神戸ポートタワーの有るメリケンパークや神戸ハーバーランド、また街歩行が、楽しい元町や三宮、六甲山から眺める1000万ドルの美しい夜景、名湯・有馬温泉等、以外にもいっぱいの見何処ろが、有ります。
願わくは2〜3日かけてじっくり回ってみることを、おススメします。