一人旅におススメのシーズン

一人旅におススメのシーズン

ワークの都合でなかなか友達とスケジュールを、合わせるのが、大変だったり、一人のほうが、自由だからといろいろ理由は、有りますが、近頃、一人で旅する方が、増大てきているやうです。

 

家のなかに籠りが、ちになってしまう冬季にこそ、一人旅に出かけられては、如何でしょうか、でしょうか。
冬季だからこそ、一人だからこそ楽しめる旅が、きっと有るは、ずです。

 

 

蔵王連峰の特にな気象要素と植生が、織りなす「樹氷」は、、ワールド的に知られる自然の芸術品で、その美しい景観は、ワールドでも、評判です。
昼と夜で一変する樹氷の表情も必見で、一目見ようと訪れる人が、絶えません。
宮城蔵王は、壮大な樹氷原で、大パノラマにて樹氷を、見ることが、出来ます。

 

 

ニッポンの冬季景色を、堪能したい方におススメなのが、白川郷です。
白川郷は、ユネスコのワールド文化遺産にも登録されている合掌創り集落でポピュラーですが、その雪を、かぶっている様子は、ニッポン昔話に出てくるような情景で、いっぱいの観光客を、魅了しています。
集落では、今なお村人たちが、生活を、営んでおり、村内に宿泊も出来ます。

 

 

又、ニッポン三名園の一つとされる金沢の兼六園も冬季に訪れたいエリアの一つです。
兼六園は、林泉廻遊式庭園で、四季折々の美しさを、楽しめますが、雪吊りされた「唐崎の松」は、特にポピュラーです。
傘のように広が、った雪吊りの縄に雪が、つく様子は、特別に美しく、雪の兼六園は、一度は、訪ねてみたいものです。

 

 

何年か前の連続テレビ小説「あまちゃん」でトピック沸騰した三陸鉄道ですが、冬季の「こたつ電車」の一人旅もおススメです。
12月〜3月末迄の運行で、始発の久慈(岩手)から終点の田野畑(岩手)迄車窓から美しいリアス式海岸を、眺めなが、ら、16駅を、通過する約100分間の旅です。
途中なまは、げに似た「なもみ」が、登場し、旅のガイドを、しなが、ら皆を、楽しませてくれます。

 

 

1950年に出だし、北海道の冬季の一大催しとしてもポピュラーになった「さっぽろ雪まつり」は、、毎年いっぱいの観光客が、わざわざこの雪まつりの為に札幌を、訪れるほどです。
一人で行ってもいっぱいに楽しむことが、でき、初めていく人には、雪で作ったと言うのは、おもえ無いほど精巧に創られた雪像や氷彫刻は、すさまじく新鮮だとおもいます。
さっぽろ雪まつりは、2月の初旬に開催されるので、願わくはともこの時期に休みを、取って行ってもらいたい観光スポットです。