女子一人旅に大好評の小笠原

女子一人旅に大好評の小笠原

小笠原諸島は、2011年にワールド自然遺産に登録された、美しい海が、広が、る亜熱帯気候の島です。
今トピック度急上昇の小笠原諸島ですが、実は、30代の独身レディースの一人旅が、すさまじくいっぱいやうです。

 

 

小笠原諸島へは、フライト機の便は、なくアクセスが、不便なのですが、東京と小笠原諸島の主島で有る父島の間に「おが、さわら丸」と言う船が、就航しています。
小笠原諸島への旅は、、この「おが、さわら丸」に乗らなければなりませせん。
運航は、おおむね6日に1日で、これによる小笠原旅行には、最低1週間は、要するです。

 

 

小笠原を、いっぱいに楽しむには、、ツアーやアクティビティ等自分のおお好みに合わせて参加すると良いでしょう。
エカギアーのトレッキングや、ダイビング、シーカヤック、ナイトツアー等多彩なアクティビティが、有ります。

 

特に2月は、ホエールウォッチングのベストワンシーズンとされています。
冬季の海は、荒れ易いですが、この時期に行かれる方には、ベストワン1おススメのツアーです。

 

この以外にも多彩なガイドツアーが、有ります。
これらのツアーに参加することによる、小笠原のワールド自然遺産にも指定されている希少な大自然と触れ合うことが、出来ます。

 

 

ツアーは、現場でも、予約出来るので、本質的には、前もって予約の要するは、ございません。
自分の身体の具合や天候等を、勘案して現場に着いてからでも、いっぱいです。
ただし、ゴールデンウィークやお盆などのピークシーズンだと、大好評のツアー(ホエールウォッチング等)は、、着いてから予約しようと思っても満員で参加でき無い見込みが、高いです。
これによる、ピークシーズンは、小笠原諸島へ行くことが、決まったら、直ぐに現場ツアーを、予約することを、おススメします。

 

 

又、ツアーに参加しなくても行けるところでは、、見晴らしが、すさまじくちゃんと、青い空青い海が、見渡せる三日月山見通し台 (ウェザーステーション)や、コペペ海岸、ジニービーチ、境浦海岸、小港海岸、大村海岸等泳いだりシュノーケリングが、出来るエリアは、沢山有ります。

 

 

そして時間に余裕の有る方は、、父島から少し離れた東京都最南端の島、母島に足を、延ばしてみてちょうだい。
母島へのアクセスは、、父島から「は、は、じま丸」に乗って片道2時間です。
現場ツアーに参加すると、父島と言うのは、ひと味違った大自然を、味わうことが、出来ます。