googleのモバイル向けプラットフォーム「アンドロイド」

googleのモバイル向けプラットフォーム「アンドロイド」

今や携帯電話は、電話をおこなうためしかないグッズではなくなりました。

 

eメイルをおこなうしかないものだとしてもありません。

 

たいへん多岐に亘るシステムを採用した、コンピュータといって差し支えないでしょう。

 

そういった携帯電話がより一層向上を遂げ、「スマホ」という形で公開されたのは、多くの人がご存知の通りです。

 

スマホの登場で、より一層携帯電話の持つシステムや意義が強化されました。

 

スマホに関連しては、最早「携帯型パーソナルコンピュータ」といっても良いような、たいへん高いスペックを持ったグッズとなっています

 

現実、スマホや現代のケータイは、パーソナルコンピュータと同様の使われ方をされています

 

その中だとしても特にインターネットの閲覧に関連しては、既にパーソナルコンピュータ以上に利用されているやうです。

 

今やインターネットはパーソナルコンピュータではなくケータイで見る時代ですのですね。

 

そういったケータイやスマホといった携帯情報端末には、パーソナルコンピュータと同様にOSと呼ばれるシステムが存在します。

 

要するに、「Windows」シリーズや「Mac」シリーズと同様のものが、ケータイやスマホにもあるということです。

 

しかしながら、「Windows7」や「WindowsVista」等のパーソナルコンピュータのOSは、ケータイには利用出来ません。

 

ケータイにはケータイ専用の、スマホにはスマホ専用のOSがあるのです。

 

そのなかでスマホに着目したケースでは、近頃ではOSは主に4つが市場を占拠しています。

 

そして、その中だとしてもTOPのシェアを誇っているのが「Android(アンドロイド)」

 

googleが創り出した、モバイル向けのプラットフォームです。

 

このgoogleのアンドロイドが、スマホのOSのスタンダードですのです。

 

 

スマートフォンを学ぼう

スマホのOSで最も大好評のある「アンドロイド」を学ぶ為には、まずスマホに対して学ぶ必要があります。

 

それは、Windowsを学ぶ上でパーソナルコンピュータの基礎知識をまず取得する必要があるというのと同じことです。

 

スマホがどんなもので、どういったことが出来るのかということをちゃんと学んだ上で、googleの創り出した「アンドロイド」というOSの特性を知ることで、より心得が容易でなります。

 

スマホが出現したのは、実は1990年代後半と、案外早かったりします。

 

ただ、スマホの意味はかなり抽象的で、そもそもポケットベルやPDAの発展形という考え方で開発されていたので、ケータイ全盛の90年代後半〜00年代前半ではは、その存在感は殆んど皆無でした。

 

ニッポンにおけるスマホは、PDAのシステムを中心とした構成で発展していき、オリジナルのスタイルを築き上げていく一方で、やはりその知名度は低めのままで推移していきます。

 

そういった中、転機が訪れたのは、Apple社が創り出した「iPhone」の登場です。

 

ケータイであってケータイではない、といわれたiPhoneが売り出しされると同じ時に、ワールド中で一気にスマホに対する関心が向上しました。

 

iPhoneはケータイをスマホに発展させるというスタイルだったことから、殆んどの人が「ケータイの次世代機種」という感想や感じ方を持ち、それが話題を集める大きな原因となったやうです。

 

ニッポンだとしてもiPhoneの話題度は高く、このブランドの登場からgoogleの参入等が行なわれ、一気にスマホという言葉を目にする機会が増えました。

 

 

スマートフォンとケータイの違い

「iPhone」の登場で、スマホは一気にメジャーな存在となりました。

 

その一方で、スマホとケータイを混同する人が増加してきたのも事実です。

 

多くの人が、スマホをケータイの次世代機種、あるいはケータイの一ブランドと思っているのではないでしょうか。

 

ですが、現実にはその認識は誤りです。

 

スマホはあくまでスマホであって、ケータイではありません

 

それを裏付ける証拠として、スマホとケータイには、幾らかの相違点があります。

 

まず、スマホとケータイではOSの部類が異なります

 

ケータイのOSというと、「Symbian」「REX」 「Linux」「ITRON/T-Engine」「Microsoft Windows Mobile」といったところがメジャーです。

 

それに対し、スマホは「Symbian」や「Microsoft Windows Mobile」等、ケータイと共通のものもありますが、「アンドロイド」「RiM」「Apple」等、オリジナルのOSも多くあります。

 

googleの創り出した「アンドロイド」の登場で、その差別化が一層顕著になったやうです。

 

eメイルの規格も異なります、。

 

ケータイのeメイルはプッシュeメイル方式と呼ばれるもので、直接携帯端末に着信されます。

 

一方のスマホは、パーソナルコンピュータで利用するのと同じように、受信者が着信サーバにアクセスすることによって閲覧出来るようになっています。

 

こ以外にも、ケータイのサービスがキャリアオリジナルに行っているのに対し、スマホはキャリアとサービスを個々独立させていたり、ブラウザの構成が異なったりと多彩なちがいが存在しているのです。

 

google等が参入したことで、ケータイ以上にWeb向けサービスが発展したことも特徴の一つに数えられます