スマートフォンはパソコンとケータイの中間

スマートフォンはパソコンとケータイの中間

ケータイとスマホは、パッと見こそそっくりですが、現実ではその中身は異なります。

 

どちらかというと、パーソナルコンピュータに近いといっても差し支えないでしょう。

 

つまりスマホは、パーソナルコンピュータとケータイの中間に位置する生産品ですのです。

 

現実スマホには、パーソナルコンピュータと類似している点は数多くあります。

 

特に近いのは、eメイルやブラウザといったインターネット関連の規格です。

 

eメイルの送受信の際にeメイルサーバを利用するのは、パーソナルコンピュータの規格です。

 

ブラウザにしても、ケータイ向けに簡易化されたHTMLを見るのではなく、パーソナルコンピュータで見るサイトをそのまま閲覧出来ます、。

 

つまりモバイル専用サイトではなく、パーソナルコンピュータと同じサイトを利用出来るのです。

 

半角言葉でなるべく容量を食わないようにとつくられたモバイルサイトは、やはり多かれ少なかれの読みにくさがありますが、スマホはそういったマイナス点を解決しているということになります。

 

というのはいえ、スマホとパーソナルコンピュータが同じスペックを持っているかというと、そういうわけではありません。

 

パーソナルコンピュータで出来るあらゆることを、スマホ上で出来るわけではないのです。

 

それによって、「携帯型パーソナルコンピュータ」というのはあくまだとしてもそういう表現であって、現実には別の生産品です。

 

しかしながら、スマホは年々向上をしており、OSもgoogle開発「アンドロイド」の登場によって一気に競争が激しくなりました。

 

競争が激しくなれば、向上も早急になります。

 

結実、スマホはよりパーソナルコンピュータに近付いているという有り様になっています。

 

googleのアンドロイドが、スマホを一つ上のステージに引き上げたともいえるでしょう。

 

 

スマートフォンの機能

パーソナルコンピュータとケータイの中間という位置付けのスマホですが、そのシステムもやはりこの二つの中間といえるものが備わっています。

 

まず、なんといっても電話システムです。

 

これがなければ「フォン」の意義がありません。

 

ケータイでおなじみの「カメラシステム」や「時計」「GPSシステム」「ワンセグシステム」「ゲーム」「電子辞書」等といったシステムも備わっています、。

 

より一層、「音楽再生システム」「画像閲覧」「動画閲覧」「サウンドレコーダー」等のシステムも、当然ながら付いています

 

ケータイに対している主要システムは、ほぼ網羅しているといえるでしょう。

 

パーソナルコンピュータのシステムとしては、「インターネット接続およびフルブラウザ採用」「ウェブ閲覧」「eメイルサーバへの送受信」「WordやExcelファイルの閲覧」「PDFファイルの閲覧」「簡易なセンテンス製作」等が挙げられます。

 

話題は、WordやExcelの閲覧ですね。

 

ケータイでは、当然これらのオフィス系ソフトでつくられたファイルを直接閲覧するこというのは原則として出来ません。

 

それに対しスマホのケースではは、編集することまでは出来ませんが、閲覧するこというのは出来ます。

 

このシステムが特に重要となってくるのは、実世間人の方々でしょう。

 

特にExcelはメモ帳では代わりがきかないソフトですので、表にまとめた各種データを見るケースではには重宝します。

 

同様に、PDFファイルの閲覧が出来る点もかなり役立つでしょう。

 

OSに関連しては、インターネット閲覧という部位で強化が進行しています。

 

特にgoogleのアンドロイドはその典型です。

 

googleが創り出しているアンドロイドは、特にネット閲覧に関連するシステムが充実しています

 

 

スマートフォンを使用する目的

1990年代から2000年代前半にかけては、あまり存在感のなかったスマホですが、2000年代後半になると、「iPhone」の登場が起爆剤となり、ケータイに代わる新たなケータイとして、大きくシェアを伸ばしました。

 

そういったスマホの躍進に各作製者が力を入れないはずもなく、iPhoneの市販製品権を勝ち取ったソフトバンクに続けと、ドコモやau等の各会社が新たなスマホの開発、市販製品に着手したのです。

 

それによって、2000年代末期からは、各携帯会社によるスマホ戦争が始まりました。

 

当然、そうなってくるとスマホの部類も増加してきます

 

各社の競争によって多様化した機種の中から、どうやって一つの品物を選べば良いのでしょう。

 

スマホを選択するポイントは、主に3つあります。

 

一つはお目当てです。

 

スマホは従来のケータイと比べ、たいへん多くのことが出来るようになりました。

 

というのはいえ、ケータイに求めるものは人個々であって、必ずしも多システムの機種を選択する必要はありません。

 

たとえば、ネット閲覧に利用する頻度が沢山人のケースではは、ネット環境要件の爽快なスマホを選択すると良いでしょう。

 

一方、カメラとして使用する頻度が沢山人は、高解像度のスマホがお奨めです。

 

eメイルを頻繁に使用する人は、言葉入力が爽快なスマホが良いでしょう。

 

たとえばgoogleのアンドロイド携帯等は、その点にかなり力を投入しています。

 

googleの提供しているGmailのようなWebeメイルが利用出来る点も強みです

 

ケータイでは直接送受信するため、こういったフリーeメイルサービスを利用するこというのはありませんでしたが、スマホであるのなら、より安全で使い易いeメイルサービスを利用出来ます。

 

それもスマホの強みの一つであって、アンドロイドを利用するメリットの一つにもなります

スマートフォンはパソコンとケータイの中間関連記事

googleのモバイル向けプラットフォーム「アンドロイド」