スマートフォンの形状

スマートフォンの形状

あるくらいお目当てが固まったら、今度はスタイルにもこだわり抜いてみましょう

 

当然、パッと見と比べると中身が重要という人が沢山でしょうが、競争のキツいケータイ市場では各会社における品物の質の差は、それほど大きくはなりません。

 

それは、スマホだとしても例外ではなく、あるくらい同じエリアの値段帯であるのなら、スペックはあるくらい似通ってきます。

 

そこで、他の選択手段として、パッと見という項目が出てくるのです。

 

スマホのパッと見は、本質的にはケータイと殆んど変わりません。

 

それによって、選択するケースではもケータイを選択する感覚で選択することになります。

 

たとえば、オシャレなケータイがおお好みな人は、薄さで選択するということも考えられます。

 

薄いスマホはその分重量も軽いので、ポケットに投入する人にとっては有利になります。

 

スマホはケータイとちがい、よりパーソナルコンピュータに近い携帯端末となっていることの証として、フルキーボードスタイルの機種もあります、。

 

これは、パーソナルコンピュータのキーボードと同じキーの配置になっている端末のことです。

 

それによって、一定ステップのスマホよりやや横にワイドパッと見となっています。

 

パーソナルコンピュータの要領でスマホを利用したい人には、使い易い端末といえるでしょう。

 

同じキーボードスタイルのスマホだとしても、スライド式キーボードを内蔵しているスタイルもあります、。

 

これは端末を横にし、そこから下に向けてキーボードをスライドさせるという形の品物で、より一層パーソナルコンピュータに近いスタイルになっています。

 

googleのアンドロイドのような、ネットやeメイルに力を投入しているOSのものを選択するケースではは、こういったキーボードスタイルのスマホがお奨めです

 

特にgoogleが創り出したアンドロイドのケースでは、パーソナルコンピュータにかなり近い利用感になっているので、パッと見もそれに寄せた方がより使いやすくなります。

 

 

スマートフォンの操作性

スマホを選択する際には、ハンドリング性もたいへん重要となってきます

 

そのハンドリング性を左右するシステムが、「タッチパネル」です。

 

iPhoneの爆発的ヒットを支えたのが、タッチパネルのシステムといっても過言ではないでしょう。

 

タッチパネルというのは、画面の拡大や縮小、あるいはスクロール等、多彩なハンドリングをタッチハンドリングでおこなうという、まさに最新方法を駆使した夢のようなシステムです。

 

それによってスマホの代名詞的なシステムとなり、多くの使い手はこのシステムに目を惹かれ、買入しているというのが現状です。

 

そうなってくると、タッチパネルのハンドリング性が大きな購買動機となるのではないでしょうか。

 

現実、タッチパネルに関連しては、殆んどのスマホでは採用されています。

 

そういった中でハンドリング性に差を付けるのは、OSですね。

 

たとえばgoogleのアンドロイドのケースではは、タッチパネルを利用し易いアプリケーションケーションを数多く揃えています。

 

そういったアプリケーションを自分自身で創り出す上だとしても、アンドロイドは使い易いOSといわれています、。

 

ワールドワイドなgoogleならではの自由性が活きている点が強みですね。

 

こういった点から選定していくのも、一つの手です

 

その一方で、ケータイからスマホに移行する人のなかには、タッチパネルに抵抗があるという人も少なからずいるやうです。

 

従来のケータイのハンドリングに慣れているので、それと同じハンドリング性のスマホがあったら嬉しいという声は、ご年配の方にはかなり多く見受けられます。

 

そういう人のケースではは、非タッチパネルスタイルのスマホを選択すると良いでしょう。

 

 

アンドロイドを選ぶメリット

スマホは、必ずしもケータイの上の方版というわけではありませんがケータイの次世代機種という側面があるこというのは事実です

 

そして、各会社の1番先のプロジェクトはいずれもスマホに向いていて、今後はスマホがマーケットの中心となっていくことが考えられます。

 

そういう意義では、スマホを選択するこというのは自然な流れといえます。

 

そして、そのスマホの中だとしても既に競争は激化しており、どの機種を選択するか迷うという人も増加しているものとおもわれます。

 

お目当てやハンドリング性等、機種選びには多彩な基準がありますがその中だとしても特に重要な選択要素として、「OS」が存在します。

 

ケータイを選択する際には、あまりOSに関連しては重要視されていませんでした。

 

ですが、スマホにおけるOSの重要性は、パーソナルコンピュータのそれに近い物があります。

 

OSが違えばハンドリング性はかなり異なり、同じ時にアプリケーションケーションにも大きなちがいが出てきます。

 

そういった中で「アンドロイド」というOSがシェアNo.1となったのは、単に宣伝が沢山という理由だけではありません。

 

たいへん多くの持つ利点を抱えたOSだからこそ、TOPシェアとなったのです。

 

では、そういったアンドロイドの持つ利点を紹介しましょう。

 

最大の持つ利点は、googleの提供しているOSという点です。

 

それがなぜメリットになるのかというと、googleが提供しているオンラインサービス全般に対しての親和性が高いのです。

 

たとえばパーソナルコンピュータでGmailやgoogleマップ等を利用しているケースでは、そのハンドリング性をそのままスマホだとしても再生しているので、かなり使い勝手の良い携帯端末となってきます。

 

これは大きなメリットといえるでしょう。