アンドロイドアプリ専用サイト「AndroidView」

アンドロイドアプリ専用サイト「AndroidView」

各種サービスやアプリケーションケーションを導入する為には、それらのデータをインストールする必要があります。

 

ここだとしてもアンドロイドOSではは、googleが圧倒的な利便性を発揮します。

 

というのも、google提供のサービスは容易にアンドロイドのスマホにインストール出来るようになっているのです。

 

googleには提供サービスのコーナーが設けられているので、そこからおお好みのサービスを選び、その場で導入が可能となっているのです。

 

では、アプリケーションケーションに関連してはどうかというと、こちらはあるくらい自分自身で探す必要があります。

 

というのも、アプリケーションケーションに関連しては個人の開発者がたいへん多く、公式のアプリケーションよりそういった開発アプリケーションの方が圧倒的に沢山からです。

 

その数は1,000を優に超え、2,000にも達しているといわれており、今後より一層増え続けていくことが予想されます。

 

それによって、評判の良いアプリケーションを探すという作業だけだとしてもかなり大変です。

 

そこで利用したいのが、アンドロイドで利用出来るアプリケーションケーションを集めた比較サイトや総合ポータルサイトです。

 

これらのサイトを利用することで一箇所で数多くのアプリケーションを導入できわざわざ一つ一つ検索する必要はありません

 

そういったサイトの中だとしても特にポピュラーなのが、アンドロイド専用のアプリケーションケーションをまとめた「AndroidView」というサイトです。

 

AndroidViewでは、アンドロイドで利用出来る多彩なカテゴリーのアプリケーションケーションに関連する情報がリアルタイムで更新されています

 

常に最新の情報を入手出来る上、その場でQRコードでの導入やAndroidMarketへのアクセスが可能となっているので、紹介文を読みながら直ぐにダウンロードすることが出来ます。

 

 

アンドロイドアプリのメリットとデメリット

アンドロイドというOSでは、アプリケーションケーションはある意義必須グッズといえます。

 

全くアプリケーションを導入せずに、携帯電話と同じ感覚でスマホを利用するこというのは出来ますが、それではアンドロイドの艶やかさも半減してしまいます。

 

その自由性の高さを最大限利用し、開発されている数々のアプリケーションを導入することによって、たとえば1年前に買ったスマホであっても、最新機種と遜色ないようなスペックを発揮することができたりします。

 

そういう意義では、アプリケーションはたいへん大きな意義を持ちます

 

アンドロイドで利用されることを前提としたアプリケーションのケースではは、その傾向がより一層強力になります。

 

というのも、アンドロイドの標準採用システムをフォローする形のアプリケーションが沢山からです。

 

これは当然、創り出す側も「アンドロイドにこんなシステムが備わればより一層使いやすくなる」、「アンドロイドにはここが足りない」等という思考の元に創り出していくことが主な原因となってきます

 

つまりは、汎用性の高いアプリケーションケーションより、アンドロイド専門のアプリケーションの方がかゆいところに手が届き易いのです。

 

その一方で、専用アプリケーションだからこその弊害もあります。

 

それは、特定のカテゴリーに片寄り易いという点です。

 

開発の頻度がたいへん高く、そのスピードもみるみる増加していく有り様では伸びていく領野は、獲得してして需要が高い領野です

 

たとえば、ゲームやeメイル関連のツール等は高い大好評を集めており、これらに開発の方も集中していきます。

 

逆にいえば、トレンドの領野以外は創り出す人が少なくなり、過疎化してしまうという恐れがあります。

 

特に個人が創り出すケースでは、競争意識が勢い付く結実、トレンドに集中してしまう傾向が強力なってす。

 

こういったデメリットもあるので、出来れば個人開発アプリケーションの利用とgoogle提供サービスの利用は、併行しておこなうようにした方が良いでしょう。

 

googleのサイトをのぞきつつ、「AndroidView」等を利用したケースではいう形が一番望ましいでしょう。

 

 

アンドロイドのスマートフォンの種類

スマホ用OSのTOPシェアとして、高い大好評を集めているアンドロイド。

 

googleの創り出したOSということで、各所にその強みが発揮されています。

 

その強みの一つといえるのが、多様性です。

 

googleは携帯会社ではなく、また特定の携帯会社と提携しているわけだとしてもないので、特定のスマホのみに利用されるOSというわけではなく、全ての会社のスマホに導入されています。

 

2010年から2011年にかけて、すごい大好評アイドルユニットの嵐や大好評ミュージシャンのレディ・ガガのCMが大量に流れたことから、au(KDDI)の感想や感じ方が強力になっていましたが、現実にはdocomoやsoftbankのスマホではもアンドロイドは採用されています。

 

では、それらの代表的な機種をいくつか紹介しましょう

 

ニッポンで初めにアンドロイドOSが採用されたのは、docomoの「HTC Magic」です。

 

2009年7月売り出しのこの機種は、2009年で唯一売り出しされたアンドロイド採用スマホとなりました

 

それによって、当初は「アンドロイドといえばdocomo」という想像があったやうです

 

2010年4月以後は一気にアンドロイドの存在感が増し、年末は各社がこぞってアンドロイドを採用したスマホを売り出ししました

 

特に大好評の高い機種はdocomoの「GALAXY」シリーズと、docomoおよびauの「REGZA Phone」シリーズです。

 

softbankはどうしても「iPhone」に大好評が集中する分、こちらでは存在感で劣っているやうです。

 

そして2011年には、2010年の機種数を大きく上まわる数のアンドロイド採用スマホが出現しています。