紅葉と紅葉について

紅葉と紅葉について

ニッポンの秋と言ったらやっぱり紅葉だとおもいます。

 

秋が深まってくると紅葉シーズン到来で、デートスポットもいっぱい出現してきます。

 

関東や関西だけでなく、ニッポン全国に紅葉スポットが有ります。

 

特に関西ではデートスポットというだけでなく、観光スポットとしても紅葉狩りが楽しめる様でお奨めの立地です

 

パーソナルコンピュータで「こうよう」と打っても「もみじ」と打っても同じ「紅葉」という言葉が出力されます。

 

違う読み方なのに同じ漢字を書くのですが、その意義合いは違うというのは御存知でしたでしょうか

 

【紅葉(こうよう)】これは落葉樹が秋から冬季にかけ、樹から葉が落ちる前に赤や黄色に色がチェンジして行く有り様の事を指しています。

 

【紅葉(もみじ)】楓(かえで)の仲間で特に色を変更する部類の事を「もみじ」と呼んでいます。

 

その為、もみじもかえでもカエデ科カエデ属の植物という事になります

 

そのカエデのなかでもこどもの手の様な形をした葉の事を特にもみじという様に区別して一派的には呼んでいる様です。

 

この様に紅葉(こうよう)と紅葉(もみじ)にはちがいがあるという事がお分かりいただけたとおもいます。

 

似ている様で、意義合いは違うのですね。

 

紅葉(もみじ)は一部中国や朝鮮半島に自生している部類もある様ですが、本質的にはニッポンで自生している様で、桜と並ぶニッポンを代表する植物と言って良いやうです。

 

対して楓(カエデ)はワールド中に自生してる様で、カナダの国旗にも利用されていますよね。

 

英語で「かえで」は「メープル」と呼ばれていて、かえでの樹液から創られたシロップがメープルシロップになる様です

 

ニッポンでは「もみじまんじゅう」が有りますね。

 

これは紅葉を利用しているのではなく、もみじの形をした人形焼きの様な物で、宮島名物のスウィーツとなっています。

 

「紅葉狩り」も本当は「もみじ」を見に行くというではなく、紅葉(こうよう)している様子を見に行くというのが正解かも知れませんね。

 

美しい色合いの木々を眺めながらドライブしたりデートと秋ならではの行事だとおもいます。

 

あまり考えた事が無い「もみじ」と「こうよう」ですが、ちゃんと考えてみると意義合いも違っていて面白いですよね。

 

【紅葉狩り】について

紅葉と紅葉について

 

「いちご狩り」「ブドウ狩り」等、様々な「狩り」が付く催事がニッポンには有ります。

 

その中の1つに「紅葉狩り」と言う言葉が有ります。

 

「紅葉狩り」と言うのは一体どういう事ですのでしょうか?ニッポンには「四季」と言う物が有ります。

 

その時々のシーズンで楽しみ方がチェンジしてきます。

 

秋は木々が赤や黄色に色付いてきて、たいへんキレイな景色を造り出します

 

そういった中、「紅葉狩り」と言うのは「紅葉を取りに行く事」と言う事と錯誤されがちですが、実はそうでは有りません。

 

「紅葉狩り」と言うのは「紅葉を鑑賞する」事ですのです。

 

元々紅葉狩りが始まったのは平安時代からだと言われているやうです。

 

初めは貴族の間で始まり、紅葉を見ながら宴を覆ない、和歌等を詠むと言う遊びをしていたと言われています。

 

その貴族の遊びもその内庶民達の間でも広がる様になり、江戸時代にはすっかり秋の催事として定着する様になったと言われています。

 

今は秋の行楽シーズンになると紅葉狩りをおこなう人もいっぱいいますし、紅葉狩りが出来るスポットもいっぱい有ります。

 

特に関西地区等は多くの紅葉狩りが出来るスポットが有り、観光だけじゃなくってデートスポットとしてもトピックを集めています。

 

関西地区のなかでも京都等は神社仏閣もいっぱい有る事から、幻想的なワールドを経験する事が出来るとして大好評が高いです。

 

デートスポットとしても大好評が高い所では、多くのアベックが楽しそうに紅葉狩りをしています。

 

他の国でも紅葉自体は有るのですが、ニッポンではその風情から美しさが別格とされています。

 

寒暖差が大きいニッポンでは落葉樹が紅葉し易いと言う環境要素下にあり、しかも国土の7割が森林と言う中で紅葉を楽しめる落葉樹も多く有ります

 

ニッポンの気候や環境要素が美しい紅葉狩りを楽しめる様にしているのですね。

 

紅葉狩りと言っても絶対にデートスポットや観光スポットに出掛けなくてはいけないと言う物では有りません。

 

常々歩いている道路でも紅葉を味わうことが出来ます。

 

常々から紅葉を眺めていると言うのも良いのですが、少しばっかり遠出をして紅葉を楽しむと言うのも贅沢な感じになるとおもいます

 

紅葉狩りの楽しみ方は人個々です。

 

ご自身に合った紅葉狩りを楽しやうですよね。

 

紅葉時期のデートスポット【京都(嵐山)】

紅葉と紅葉について

 

夏の暑い時期が過ぎ、朝晩の空気が涼しい等感じ始めるシーズンになると、お出掛けしたいテンションになってきますよね。

 

秋と言えば「紅葉」がオーソドックスだとおもうのですが、ここでは関西地区でも「京都」の紅葉スポットを少しばっかり挙げてみたいとおもいますので参照にしてみてください。

 

関西地区でも京都の紅葉と言えば「そうだ、京都へ行こう」のCMでもお馴染みで、北野天満宮、嵐山、南禅寺と観光にもデートスポットにもお奨めの立地がいっぱい有ります。

 

京都は国内外問わずポピュラーな観光地で、デートスポットとしてもお奨めの立地やフードがいっぱい有ります。

 

昔ながらの寺院や景色、それに紅葉がプラスされるといつもと言うのは違った景色を楽しむ事が出来ます。

 

紅葉の時期になるとテレビや雑誌で特集を組まれる事が沢山とおもいます。

 

京都はそのランキング上の方に常に入っている大好評スポットだとおもうのです。

 

【嵐山】そういった大好評の京都の紅葉スポットでお奨めの立地が「嵐山」です。

 

渡月橋を始めとして、嵯峨野トロッコ電車、竹林、ポピュラーな寺院等、嵐山には「嵯峨野めぐり」として多くの観光スポットが有ります。

 

嵐山は渡月橋を中心にして、その近辺のスポットの事を指しています。

 

当然、嵐山と言う山も存在しているのですが、近頃わたしたちが知っている嵐山はやっぱりこの渡月橋周辺の事が沢山様に感じます。

 

嵐山は1年を通していつでも大好評の観光地で、デートスポットとしても大好評が高いですが、やっぱりお奨めの時期は秋の紅葉時期ではないでしょうか。

 

渡月橋周辺の山々を見ながらランチをし、多様なおストアーを散策しながら竹林に入っていき、各寺院を巡り、嵯峨野トロッコ列車に乗って車の中からの紅葉景色を楽しむと言うルートもお奨めです。

 

少しばっかり嵐山付近の解説があったら嬉しいなとおもうケースではには、人力車に乗ってみると言うのも良いかも知れません。

 

人力車に乗って嵐山付近を散策しながら、引いてくれる方とのおしゃべりを楽しむと言うのも1つの楽しみ方だとおもいます。

 

紅葉の時期は物凄い人混みが予想されます。

 

車で近くまで行きたいのも分かりますが、周辺のパーキングに止められなかったり、渋滞で動けなくなったりする見込みも有ります。

 

電車で走行する等、よく計画を練って時間に余裕を持ってお出掛けするのがお奨めです。

 

京都で、一押しの紅葉スポットである嵐山。

 

願わくはその景色を現実に味わってみては如何でしょうか。