ANAマイレージ(Mileage)のメリットとデメリット

ANAマイレージ(Mileage)のメリットとデメリット

クレジットカードを活用してマイルを貯めてきた場合、国際線や国内線の無料往復航空券にマイル数に応じて交換する事が出来ます。

 

ANAマイレージ(Mileage)では目的地やシーズンによって必要マイル数がちがいますので注意しなければなりません。

 

 

 

例えば韓国に行く場合、ANAマイレージ(Mileage)では12,000〜18,000マイルで行ける様になっています。

 

つまりローシーズンでは12,000マイル、レギュラーシーズンでは15,000マイル、ハイシーズンでは15,000マイルと言う事だ。

 

ちなみにJALでは15,000マイル必要ですし、ユナイテッド航空、ノースウェスト航空だと20,000マイル必要と言う事になるそうで、時期によってはANAがお得ですし、どちらにしても日本系の航空会社の方がお得だと言う事が分かります。

 

とはいえ、目的地によっては外国系のマイレージ(Mileage)の方がお得な場合が有りますので、出来れば行きたい先のマイレージ(Mileage)数を確認してからどのマイレージ(Mileage)クラブに入るのか決めた方が良いかもしれませんね。

 

 

 

ANAマイレージ(Mileage)システムは色んな制度が有りますので、サービスとしては充実していてメリットも充分に感じる事が出来ます。

 

とはいえ貯めたマイルは永久的では有りません。

 

有効期限が有るのだ。

 

これがANAマイレージ(Mileage)の最大のデメリットだとおもいます。

 

ちなみに外資系航空会社のマイレージ(Mileage)は有効期限が無いのでメリットですが、サービス的にはちょっと充実しているとは言えないかもしれませんね。

ANAマイレージ(Mileage)のメリットとデメリット関連記事

マイレージ(Mileage)って何でしょう
マイレージ(Mileage)を貯める事にはどんな魅力があるのであろうか
ANAマイレージ(Mileage)を貯めるにはどうすれば良いでしょう
ANAマイルを貯める為の秘訣
ANAマイレージ(Mileage)が貯められるクレジットカード
ANAマイレージ(Mileage)にかんする特徴
ANAマイルを貯めましょう
ANAマイレージ(Mileage)で交換する
ANAマイレージ(Mileage)へマイルを加算する
ANAマイレージ(Mileage)を効率よく貯める為には
車を使ってマイルを貯める
ANAマイレージ(Mileage)について
マイレージ(Mileage)とクレジットカードにかんする情報
旅行でマイルを貯める2
身内でマイルを貯める事が出来る
ANAプレミアムポイントについて
ANAマイルを1つにまとめましょう
携帯電話でマイルを貯める
光熱費でマイルを貯める
保険料金でマイルを貯める
マイレージ(Mileage)を使って節倹する
旅行でマイルを貯める
ホテルに泊まってマイルを貯める
マイルの使い道を考えましょう
マイルの使い道を考えましょう2
suicaでANAマイルを貯める
コンビニでマイルを貯める
ANAマイレージ(Mileage)を効率よく貯める為には2
ANAマイレージ(Mileage)が貯められるクレジットカード2