マイレージ(Mileage)を使って節倹する

マイレージ(Mileage)を使って節倹する

ANAマイレージ(Mileage)プログラムは凄く容易で凄くききめが有る節倹方式として使う事が出来る様になる。

 

それは生活の色んな実情でマイルを取り入れる事だとおもうのだ。

 

ANAマイレージ(Mileage)プログラムは、飛行機に乗っている人だけが得をする為のプログラムでは有りません。

 

飛行機に乗らない人でも得をするプログラムなのだ。

 

 

 

では、どれだけ節倹が出来るのかと言うと、貯めると言うよりは得をすると言う考えになるのですが、ANAカードを活用して年間100万円位使ったとする。

 

それによって最低1万円の利息が付くと言う様に考えて頂ければ良いだろう。

 

100万円も使ってたった1万円だけ?とおもうだろうが、よく考えてみると銀行に100万円預けたって今は1万円の利息は付かないですよね。

 

そう考えると利息として1万円付くのは凄く有りがたい物だとおもうのだ。

 

又、貯め方によっては年間2万円以上貯められる様にもなる。

 

どう貯めていくかは使う人次第と言う事なのだ。

 

 

 

とはいえ、1年にクレジットカードを100万円も使わないわと言う人も多いだろう。

 

もちろん普段の生活にしてみたら使わないとおもいます。

 

でも、生活のあらゆる物をクレジットカード払いにしてみては如何であろうか。

 

例えば電気や水道、ガスと言った光熱費、携帯電話代、ガソリン代、普段のスーパーでのお買い物代等、現金払いや口座振替にしていた物をANAが提携しているクレジットカードに変えるだけできっと100万円行くとおもいます。

 

もちろん、カードを使った分の現金は支払い用にとっておく事は必要ですけど、そうするだけで今まで全く何も貰えなかった物で1万円位のマイルが貯まるとなると節倹になりる。

マイレージ(Mileage)を使って節倹する関連記事

マイレージ(Mileage)って何でしょう
マイレージ(Mileage)を貯める事にはどんな魅力があるのであろうか
ANAマイレージ(Mileage)を貯めるにはどうすれば良いでしょう
ANAマイルを貯める為の秘訣
ANAマイレージ(Mileage)が貯められるクレジットカード
ANAマイレージ(Mileage)にかんする特徴
ANAマイルを貯めましょう
ANAマイレージ(Mileage)で交換する
ANAマイレージ(Mileage)へマイルを加算する
ANAマイレージ(Mileage)を効率よく貯める為には
車を使ってマイルを貯める
ANAマイレージ(Mileage)について
ANAマイレージ(Mileage)のメリットとデメリット
マイレージ(Mileage)とクレジットカードにかんする情報
旅行でマイルを貯める2
身内でマイルを貯める事が出来る
ANAプレミアムポイントについて
ANAマイルを1つにまとめましょう
携帯電話でマイルを貯める
光熱費でマイルを貯める
保険料金でマイルを貯める
旅行でマイルを貯める
ホテルに泊まってマイルを貯める
マイルの使い道を考えましょう
マイルの使い道を考えましょう2
suicaでANAマイルを貯める
コンビニでマイルを貯める
ANAマイレージ(Mileage)を効率よく貯める為には2
ANAマイレージ(Mileage)が貯められるクレジットカード2