カテゴリー
七福神

七福神とは

七福神と聞いて何をおもい浮かべるでしょうか。

多くの人の想像は七人の神様が船に乗ったところでしょう。

それで間ちがいはないのですが、七人の神様には個々名前や使命があります。

神様を信じていなくても、七福神のご利益を期待しているのでしょうか。

ニッポンにはいっぱいの神社があり、個々の神様を祀っています。

七福神の七ヶ所を巡るツアーが旅行会社で企画されて、ちょっとしたブームになっているのです

これを読んでいる人のなかには既に参加した人もいるでしょう。

七福神の神様たちの詳しい由来はネットで調べれば直ぐに分かります

知らないこというのは悪いことではありませんが、一般常識として頭に投入しておくこともいいでしょう。

七福神というのは恵比寿、大黒天、寿老人、弁財天、布袋尊、福禄寿、毘沙門天です。

神様は一人二人と数えるのではなく、一柱ニ柱です。

神様として、人を守る柱ですのでしょう。

個々の神様は特徴があり、毎年年始のお参りを欠かさない人も沢山はずです

商売繁盛、家内安全は誰もが願っていることですので、お参りしたくなるのでしょう。

人は個々の問題を抱えて生活しています。

神様に参るだけで問題が克服したケースではは誰も思っていませんが、お参りすることによって心を落ち着かせることが出来るはずです。

東京の大都会でも、いっぱいの神社があり、個々に七福神の神様の一柱が祀られています。

深く考えずに毎年お参りをしていたかも知れませんが、七福神の由来を知れば別の見方が出来るでしょう。

それはあなたの心を潤沢にしてくれます。

お金や情報だけでは満足感を獲得するこというのは容易ではありませんし、現実には満足出来ないはずです

心の満足を獲得する為に七福神が祀られていると考えてみましょう。

将来の生活に光が見えてきます。

神社にお参りに行ったら、七福神のどの神様が祀られているかを確かめてみてください。

漠然と七福神の知識を持っていたかも知れませんが、身近なところに多様な神様がいたことにビックリすることによってしょう。

東京都内でもいっぱいの七福神めぐりが出来ます。

ニッポン中を巡れば、かなりのかずになりますから、調べてみるだけでも面白くなってきます。

インターネットでは愛嬌のあるキャラクターとして描かれることが沢山のですが、神社ではいかがですかか。

七福神を調べてみよう

七福神の名前は知っているでしょうが、七人の神様の名前や特徴を知っている人は案外わずかでしょう。

近頃、インターネットでは七福神を祀っている神社を巡るツアーが話題を集めています。

今まで何も知らなかった神社に案外深い歴史があることを分かって、その歴史を知ることで楽しいテンションになることが出来るでしょう。

あなたも少しばかり調べてみませんか。

まず、七福神の神様たちの名前と特徴を紹介しましょう。

弁財天、福禄寿、毘沙門天、布袋尊、恵比寿天、大黒天、寿老人です。

弁財天は唯一の女の人の神様でインドで音楽の神、言語の神として信仰されていましたが、それがニッポンに伝わり、知恵や財宝、縁結びの神様となりました。

それから福禄寿は中国の神様で、名前の漢字から分かるように幸福、身分の禄、長寿の神様です。

大きな耳たぶが特徴ですが、鶴と亀を連れていることから幸せで長生きを願っています。

毘沙門天は四天王の一人として、多聞天とも呼ばれています。

武将の姿で鬼を退治してくれる勇ましい神様です。

布袋尊は弥勒菩薩の化身と考えられており、笑顔を絶やさないことから幸せを振りまいてくれる神様です。

恵比寿天はいざなみ、いざなぎのちびっこと言われており、七福神のなかでは唯一のニッポンの神様です。

左手に鯛、右手に釣竿を持っており、商売繁盛の神様として親しまれています。

大黒天は大きな袋を背中に背負い、打ち出の小槌を持っています

農業の神様、財宝、開運の神様として信仰されています。

最後の寿老人は星の化身で、団扇と桃を持ち、鹿を連れています。

災厄を追い払う団扇と長寿を表す桃と鹿です。

長寿の神様として信仰されています。

こんな七人の神様が乗った宝船が七福神を表しています

個々が幸せを運んでくれると信じられているのです。

起源は室町時代に始まっており、七福神が祀られた神社を参拝することによって、幸せになれると庶民の間に広まったのでしょう。

現代人は神様等信用していないかも知れませんが、多くの人が神社にお参りします。

七福神から幸福を与えてもらおうとおもうなら、7か所の神社に参拝しなければなりませんから、事前に何処をまわればいいか確かめておきましょう

案外近くに集まっています。