カテゴリー
七福神

七福神の紹介

七福神の名前を全部言えますか。

言えなかったとしても常識を知らないとおもう必要はありません。

ただ、七福神ができた由来等を考えてみると、ニッポンの歴史を見る目がチェンジしてくることでしょう。

歴史の大舞台にあらわれた人たちの名前ばっかりを覚えるのではなく、七福神を祀っている神社で参拝していたのは地元の農民や漁民たちでした。

生活は厳しかったとしても、七福神を参拝することによってご利益を得たいと考えていたことでしょう。

当然、目に見える形でご利益があるわけではないでしょうが、人々の心の拠り所となっていたこというのは間ちがいありません。

さて、七福神の具体的な名前を紹介しましょう。

恵比寿天、大黒天、弁財天、毘沙門天、福禄寿、寿老人、布袋尊です。

個々特徴はありますが、福を招く神様である点が共通しています。

七福神が招福の象徴となったのでしょう。

恵比寿天は釣竿と鯛を持っていて、大漁となる想像があります。

農民や漁民たちが自分たちの生活が潤沢になることを願って参拝していたのでしょう。

それから大黒天は打出の小槌を持って頭巾をかぶっています。

財宝を手に入れたい人の為の神様です。

弁財天は女の人の神様で、音楽や踊りの神様として知られています。

この他の神様も同じように服をもたらしてくれると考えられています。

この七福神が考え出されたのは室町時代と言われていますが、それまでは別々の神として信仰の対象になっていましたが、インドや中国、ニッポンの個々のポピュラーな神様を集めて大きなご利益を期待したいと考えたのでしょう。

個々の神様が特徴的ですので、その仮装を行うことによってお祭りやお祝いの席を盛り上げることが江戸時代に広まったといわれています

歌舞伎や演芸の題材として使われることも増加して、より一層七福神信仰が広まったのです。

現代の神社では七福神の中の神様を祀っているところがいっぱいありますが、周辺の神社と合わせて七福神ができあがるように考えられています。

七福神巡りが一つの観光として話題されるようになったのでしょう。

バランスよく選ばれた七福神はニッポン人の信仰心にマッチしています。

神仏習合の言葉が表しているように、個々のいいところだけを取り出しているのが七福神と考えるとわかり易いでしょう。

七福神と宝船

宝船は七福神の神様たちが乗っている船です。

七福神祭りでは、人形や仮装した七福神が乗って、市内を練り歩くことが沢山ようです

この宝船が何処からきて、何処に行くのかは分かりませんが、福を連れてくると期待されているのです。

日々の生活では多様な問題だけじゃなく、生活を続けていくことがシビアな状況もあります。

神様にお願いするだけで幸せになれるわけではありませんが、今の生活を少しばかりでも充実させたいとおもう人が沢山ですので、昔から民間信仰として広がってきたのでしょう

七福神をモチーフにしたマスコットや掛け軸、グッズ等がいっぱい市販されていますが、多くは宝船に乗っています

七福神に乗っている神様は、個々が福の神様ですが、それが七柱集まっていることに大きなゆえんがあります。

そして、乗り物として宝船があらわれたのです。

宝船の特徴は船の帆には縁起物が描かれていますが、特定の図柄に決まっているわけではありません。

つまりは、描く人やつくる人が自由に決めています。

ただ、全体として縁起ものですので、宝がいっぱい積まれた宝船となるのでしょう。

インターネットで宝船を検索してみましょう。

縁起物を活用するのはお正月が沢山のですが、宝船に乗った七福神と宝物が自分のところにやってくる夢を見ると、いいことがあるとおもえるのでしょう。

近頃は七福神を漫画チックにデザインしたグッズやマスコットがいっぱい市販されていますが、七福神信仰はずっと昔から行なわれてきました。

江戸時代にはお正月に七福神巡りが盛んになっています。

それは現代も続いており、いつの時代でも人は幸せを求めているといえるのでしょう。

具体的な福が来るわけではないと分かっていても、お参りを行うことによって心の安らぎを得られるのです、。

年の初めを幸せにすることによって1年を頑張ろうと言う心持ちが出てきます。

あなたは年の初めをどみたいに過ごしていますか

七福神と宝船のマスコットを眺めながら考えてみてはいかがですかか。

宝船にはいっぱいの宝物が載せられていますが、必ずしも七福神でなければならないわけではありません。

現実には七福神の替りに八仙が乗っているケースもあります。

いずれにしてもおめでたい絵柄です。