カテゴリー
夏休み子供と旅行関東

夏休みのおすすめ家族旅行先 関東編

今年も暑い夏が近づいてきました。

そろそろ夏休みの身内旅行先に問題始めているお父さんお母さんもいるとおもいます。

夏休みの旅行は、子供が喜ぶところへ連れて行ってあげたいものです。

ここでは関東スポットで、子供が喜びそうなスポットを紹介していきます。

子供が喜ぶ遊び先、より一層大人も楽しめるところ、日ごろの疲れをとれる癒しスポット等子供も大人も楽しめる夏休みの旅行計画を立てていきましょう。

・熱海…関東から2時間以内でいけるビーチリゾート

毎年夏休みには多くの身内連れが訪れています。

海も山もあり、夏休みを満喫出来る行事、施設が充実しています。

・東京ドームスポット…関東だけじゃなく県外の人も多く訪れる評判の旅行先の1つです

このスポットにはいっぱいの施設があるでしょうから、野球好み以外にも楽しんでもらえるスポットがいっぱいあります。

東京ドームシティは評判の遊園地で、夏休み期間には日々みたいにヒーロー行事が行なわれています。

ヒーロー好みな子供のいる人におススメの旅行先です。

東京ドームのすぐ横に存在する東京ドームホテルは都内でもおススメの身内旅行に適したホテルです。

・鴨川シーワールド…東京から1時間40分くらいで行ける千葉県鴨川市に存在する鴨川シーワールド。

すぐ近くには鴨川シーワールドというオフィシャルホテルがあります。

ホテルはファミリー向けですので、子供がいる身内連れからも評価の高い評判ホテルです。

子供向けのサービスも充実していて、夏休み鴨川シーワールドへ出かけるなら願わくは泊まってみたいおススメの宿泊先です。

・横浜スポット…横浜にもいっぱいのおススメ旅行スポットがあります。

オリジナルのカップヌードルが造れると子供たちに評判の「カップヌードルミュージアム」。

動物好みの子供におススメなのが「よこはま動物園ズーラシア」です。

カピバラやオカピといった貴重な動物たちを見ることが出来ます。

・ふなばしアンデルセン公園…夏休みの身内旅行におススメのテーマパーク。

身内で一日中楽しめる関東の穴場スポットです。

体を動かしておもいっきり遊べるアスレチックや、物創り経験が楽しめる子供美術館、水遊びが出来る池もあります。

楽しいアトラクションがいっぱいあります。

熱海

「熱海」は東京から2時間くらいでいける関東でも評判の旅行先です

温泉でのんびりするのもいいですし、夏休みですので海水浴を楽しむことも出来ます。

大人も、子供も夏休みを満喫出来る旅行先としておススメのスポットです

折角の夏休みですので少しばっかりいいホテルに泊まって、リゾート感を満喫してください。

おススメなのが、星野リゾートの評判ホテル「リゾナーレ熱海」です。

2019年4月には新客室が出現していて、大人数の旅行におススメの客室となっています。

100平米を超えるワイド客室にはワイドデッキもついているので、三世代でものんびりと過ごしていただけます。

大きくて立派な施設、何と比べるとオシャレで非日常を感じられます。

関東からも海や温泉を楽しむ為に多くの人が夏休みに訪れる地です。

リゾナーレ熱海にはアクティビティがいっぱいあり、子供向けの施設もあります。

今トレンドりのクライミングウォールも設置されていて、施設内のカフェに併設されていますから、大人がゆっくりとお茶タイムを楽しんでいる間、子供たちはクライミングを楽しむことが出来ます。

特に夏休み期間には子供に向けた行事も多々開催されていますので、ホテルのなかでも楽しい時間を過ごすことが出来ます。

熱海では、海で泳いだり、魚釣りを楽しんだり、シーカヤック、シュノーケルといった海のアクティビティを楽しむことが出来ます。

夏休みの宿題、自由研究にも役立つ経験が出来ます。

より一層森には誰もが子供のころにあこがれたことのある「ツリーハウス」があります

ツリーハウスには貸切席もあり、夜に果物バーベキューを楽しむことが出来ます

夏休みのおもい出になる貴重な経験が出来ます。

ただし夜はリスクですのでこれは大人限定のアクティビティです。

空中基地くすくすは、夢の詰まった立地で子供たちも大喜びで遊んでくれるとおもいます。

樹齢300年以上の大きなクスノキにつくられたツリーハウス。

地上9mの位置に樹上のアスレチックが設置されています。

大人も子供も冒険テンションで空中散歩を楽しむことが出来ます。

空中散歩は前日17時までの予約が必要です。

初心者にはベーシックコースがおススメです。

15分くらいの講習を受けた後、時間内は何回もアクティビティを楽しめます。

難しいアクティビティを経験するガイドコースもあります。

地上9mでぞくぞくとあらわれる難しいアクティビティへ挑戦していきます。

スタッフと供に出来るため安心ですし、クリアした時の喜びを子供と供に共有することが出来ます。

竹を切り出して水鉄砲を手創りする経験もあり、自分自身で作った水鉄砲で射的ゲームをして遊ぶことが出来ます。

そ以外にもジェルキャンドル創り等シーズンごとにさまざまな行事が準備されています。

ホテルの温泉からは太平洋を眺めることが出来ます。

中でも半露天風呂からの風景はすばらしいです。

大浴場から水盤が外へ向い突き出しているので水に浮かんでいるような感覚になります。

宿泊者専用の温水プールもあります。

夏休みを優雅に過ごせるかなりいいホテルですが、その分価値もお高めです。

口コミによる評価もかなり高いです

奮発して身内で夏休みの旅行をおもいっきり楽しみたい人におススメです。

東京ドームエリア

野球好みにはたまらない、一度は訪れてみたい「東京ドーム」。

東京ドームスポットには、東京ドームだけじゃなくいっぱいの施設があります。

関東圏外から東京に夏休みの身内旅行で訪れる人にこのスポット一帯の施設をおススメします。

東京ドームスポットには、「東京ドーム」、「東京ドームシティ」、「スパラクーア」、「ASOBono!」等があります。

2019年3月末には東京ドーム内に「グルメストリート」がオープンしています。

東京ドーム内の1Fに24ショップ舗の国際色潤沢なショップが並んでいます。

さまざまなグルメを味わえるスポットです。

ASOBono!は屋内型の子供向けの施設です。

プラレールや遊び道具で遊べたり、滑り台が滑れたり、ボールプールで遊べたり、子供を心置きなく遊ばせることが出来る楽しい施設です。

関東スポットでも随一を誇る広さがありますので、子供と供に大人も楽しめる施設です。

夏休み期間には毎日にようにあちこちで行事が開催されます。

子供の関心を持ちそうな行事に合わせて夏休みの旅行を計画したケースいいかも知れません。

他にも、ボーリングや卓球上、ローラースケート場、スポドリ等もあるため、子供と供に大人もいっぱい体を動かして楽しめる旅行になるとおもいます。

東京ドームでは野球の試合が行なわれているときは当然野球観戦を楽しめます。

旅行日に野球がやっていなくても、東京ドーム内の見学ツアーが開催されているのであれば中に入って施設を見てまわることが出来ます。

見学ツアーは1ヶ月に2回くらい行なわれています。

見学ツアーの所要時間は45分で、スタンド席やグラウンド、より一層常々は立ち入ることが出来ないバックヤードにも入ることが出来ます。

定員は各回80人で、料金は4歳以上で1人1,000円かかります。

東京ドームシティでは2019年夏もトピックの行事が行なわれます。

評判のワンピースとコラボしたリアル脱出ゲームが2019年7月13日から9月23日まで行なわれます。

ちっちゃい子供から小学生には、楽しい水遊びが出来る「わくわくウォーターガーデン」がおススメです。

プールというのは違って水遊び広間ですので、ちっちゃい子供でも気軽に楽しむことが出来ます。

入場料は1歳から小学生の子供が60分1,100円で、付き添いの保護者は入場0円となっています。

2019年は7月13日から9月1日まで朝10時から17時まで行なわれています。

床から噴き出す水や、不思議な泡で泡まみれで遊べるスポット、スライダー等があります。

鴨川シーワールド

千葉県の鴨川シーワールドは、関東スポットに存在する海の仲間たちと触れ合える施設として評判があります。

ニッポンでは珍しいシャチのショーが見られるのも艶やかさですし、海洋生物のショーや行事も艶やかさです。

特に夏休み期間は多くの子供連れでにぎわうため、大変混雑します。

夏休みでも平日ならば大丈夫だろうと夏休みの旅行を計画していった人も、案外混雑していて驚いたという口コミが多々見られます。

しかしながら土日ほど混雑はしていないので、平日ならば比較的ゆっくりと見てまわることが出来るとおもいます。

夏休みの土日となると、シャチやイルカのショーといった評判のショーは毎回満席ですので少しばっかり待たないといけないとおもいます。

特に2019年は、湯浅政明監督の「きみと、波にのれたら」という映画とのタイUPCMを流しています。

CM内では鴨川シーワールドの園内の様子が再生されていて、映画の登場キャラクターがシャチのパフォーマンスを楽しむ様子があります。

映画を視聴して今年の夏休みの旅行は関東へ行こう、そしてここに立ち寄ろうと鴨川シーワールドへやってくる人もいるとおもいます

夏休みの混雑時期に身内旅行で鴨川シーワールドへ行くなら、「鴨川シーワルドホテル」への宿泊がおススメです。

このホテルを利用するメリットはいっぱいあります。

まず鴨川シーワールドの入園料が0円になること。

滞在中は何回でも鴨川シーワールドを利用出来ます。

ホテルの専用口から行けば徒歩1分で着くため何回も入園して楽しむことが出来ます。

鴨川シーワールドのパーキングが0円で利用出来ること

ホテルの全客室から海が見渡せるオーシャンビュー客室になっていること。

ボリュームのあるバイキングモデルのお食事が利用出来ること。

子供向けのキッズルームがあり、専任のスタッフも常駐するので心置きなく遊ばせられること。

鴨川温泉の大浴場があること

他にもホテルでは艶やかさいっぱいの行事を準備しています

・常々は入ることの出来ない閉館後の夜の水族館へ入ることが出来る「夜の水族館探検」を行っています。

夜の動物たちの行動が見られたり、寝顔が見られたりします。

ガイドツアーは40分です。

参加当日にホテルのフロントで予約しておけば、ホテルのロビーに集合して連れて行ってもらえます。

参加費用は大人が500円で、4歳から小学生は250円となっています。

横浜

横浜はみなとみらいスポット等多くの観光スポットがあり、アベックや身内連れ等いっぱいの観光客が訪れる関東でも評判の都市です。

さまざまな施設、アトラクションがあり、オシャレな街並みを散策しながらショッピングも楽しめるため夏休みにも多くの人で賑わいます

ここでは夏休みに子供と供に楽しめる横浜の施設を紹介したいとおもいます。

今年の夏休み関東スポットへの旅行を計画している人、願わくは参照にしてみてください。

・「カップヌードルミュージアム」…誰もが知っているカップヌードル。

自分しかないオリジナルのカップヌードルが造れるため子供も大人も楽しめると評判の施設となっています

入館料は大人が500円、高校生以下は0円なのも身内連れに上機嫌ポイントです。

屋内ですので、夏休み中の暑い時期にも安心、天候に関係なく遊べるため旅行の工程も立て易いとおもいます。

スープは4種別の中から1種別を選び、具材は12種別の中から3種別お好みなものを選定して、オリジナルのカップヌードルをつくることが出来ます。

パッケージの外側には自分自身で好みなイラストを描くことが出来るため、お土産やギフトとしてもおススメです。

他にもチキンラーメンを麺づくりから経験出来るクッキングスクールもあります。

こちらは事前予約を必要としますが子供と夏休みのいいおもい出創りが出来るとおもいます。

所要時間は90分かかります。

時間に余裕をもって旅行の工程を立てるようにしましょう。

入館料というのは別途経験料金がかかります。

中学生以上は500円、小学生は300円です。

参加者には、ひよこちゃんバンダナがもらえます。

カップヌードルパークでは、滑り台をしたりアスレチックをしたり、自分が麺になり、カップヌードルの作製工程を経験することが出来ます。

・「よこはま動物園ズーラシア」…子供たちが大好みな動物園。

夏休みに関東スポットへ旅行される方におススメの立ち寄りスポットです。

野生動物を近くで観察することが出来ますし、評判のカピバラを見ることも出来ます。

夏休みには子供たちに向けの行事がいっぱい行なわれます。

夏休みの自由研究等宿題にも役立つものがいっぱいあります。

例えば、1日飼育経験ができたり、動物を観察して動物のヒミツを発見する行事があったり、クイズやゲームをしながら動物に対して学べる行事。

常々は立ち入ることが出来ないインドゾウのゾウ舎へ投入するバックヤードツアーも行なわれます。

夏休みにしか出来ない経験がいっぱい出来るおススメスポットです

プール

いくら暑いシーズンでも子供たちは家のなかでただじっと夏休みを過ごすこというのは出来ません。

夏と言えば暑い、暑いと言えば「プール」です。

夏休みの身内旅行は、みんなでプールに入って楽しみましょう。

子供はプールが大好みです、ジャグジーがあるところへ行けば大人もゆったりと日ごろの疲れが癒せるかも知れません。

関東近郊に存在するプールで身内旅行におススメのプールをいくつかご紹介します。

・「アクアパラダイス パティオ」…埼玉県に存在する全天候型のアミューズメントプールです。

天候を気にせずに遊べるので、梅雨のシーズンでも安心です。

夏休みの旅行の日程を天気によって変更する必要もありません。

何と比べると屋内ですので日焼けを心配しなくてもいいのが大人は楽だとおもいます。

波のプール、流水プール、古城の間をすり抜けてすべるスライダー、25mプール、子供用プール、イルカ滑り台等さまざまなプールがあります。

ジャグジーやサウナもあります。

公園内に存在するプールで、公園内ではBBQも楽しめるため夏休みに身内で一日中楽しめるおススメのスポットです。

関東からの日帰り旅行におススメです。

・「としまえんプール」…長さ350mの流水プール、波のプール、子供プール等があります。

別途有料ですが、ふわふわウォーターランドでは浮き島やエアスライダーで遊ぶことが出来ます。

こちらも別途有料ですが数多くのスライダーが絡み合っているウォータースライダーのハイドロポリスも評判です。

2019年は6月29日から9月8日まで営業しています

プールの入場券は、中学生以上が4,000円、身長110cm以上の子供が3,000円、身長110cm未満の子供が2,000円です。

・「よみうりランド」…東京都に存在する関東屈指の評判遊園地に併設されたプールです。

プールは5つ、スライダーは3種別あります。

流水プールに波のプールダイビングプールもあります

中でも4人乗りのゴムボートで386mの滑走面を下りてくるスライダーは評判があります。

子供たちにはアンパンマンプールがすごい評判です。

プールの入場料は遊園地の入園料も込みで、18歳以上の大人が3,200円、中高生が2,500円、3歳から小学生が2,100円、65歳以上は2,000円です。

・「国営昭和記念公園 レインボープール」…関東最大級、駅からも近くて楽なプールです。

流水プールやウォータースライダー等プールが9つもある本格的なレジャープールです。

毎年夏休みには多くの身内連れでにぎわいます。

プールと公園は当日中ならば出入りが自由ですので、公園でBBQをしたり、全長が14kmもあるサイクリングを楽しんだりボート遊びをしたり、ディスクゴルフをしたりすることも出来ます。

2019年は7月13日から15日、7月20日から9月1日まで営業しています。

利用料金は、15歳以上が2,500円、小中学生が1,400円、4歳以上の未就学児が500円です。

・「井頭公園 一全ての人プール」…栃木県真岡市に存在する巨大な屋外プールが8つもある大規模な施設です。

ちっちゃい子供も遊べて、スライダーもあるため子供も大人もおもいっきり楽しむことが出来ます。

県内最大級のプールで1周400mもある流水プールがあったり、200mと150mの2本立てになったウォータースライダーがあったり、波のプールがあったりします。

ちっちゃい子供用にはじゃぶじゃぶ池やちびっこプールがあります。

2019年は7月12日から9月1日の9時から17時まで営業しています。

料金は高校生以上が1,300円、小中学生が500円、3歳以上の幼児が200円です。

蒸気機関車が見られる真岡駅からも車で15分くらいと近いので両方立ち寄れて夏休みの旅行先としておススメです。