カテゴリー
夏休み子供と旅行関東

関東で天候を気にせず遊べるスポット

予定していた夏休みの旅行があいにくの雨で中止になってしまったら子供はかなり悲しみます。

天候に左右されず事前に計画した通りに夏休みの旅行を楽しむ為に、天候を気にせずに遊べるスポットを確認しておいた方がいいとおもいます。

関東スポットで、子供が楽しめて、天候も関係なく遊べるおススメスポットを選定してみました。

関東在住の方で日帰り旅行を計画している人にもおススメです。

・「三鷹の森ジブリ美術館」…ニッポンを誇るワールド的なアニメ、ジブリの公式美術館。

子供も大人もおのおのにおもい入れのある作品があるとおもいます

貴重な展示や作品の映像が見られます。

・「ニッポン科学未来館」…夏休みの子供たちの自由研究が進められて、実験や経験型行事が楽しめて一石二鳥の施設。

・「ANA機体メンテナンスセンター」…フライト機の機体が見られて整備用の機械も見られます。

現実に格納庫へ行って整備作業を見学することも出来ます。

・「東京遊び道具美術館」…ワールドの珍しい遊び道具がいっぱい展示されている美術館です。

現実に遊べる遊び道具もありますし、遊び道具創りが出来る経験コーナーもあります。

・「大江戸温泉物語」…東京都内で温泉に入ってゆったりと過ごせる大人も上機嫌施設です。

館内は江戸の町を再生していて縁日も開かれているので子供も楽しく遊ぶことが出来ます。

・「鉄道博物館」…鉄道好みな子供におススメの施設です。

大宮に存在する鉄道博物館は、鉄道ファンの間ですごい評判の施設です。

貴重な実物の車両が展示してあり、運転手テンションを味わえる嗜好レーター等もあるので子供も大喜びです

・「航空科学博物館」…千葉県に存在するニッポン初めの航空専門博物館です。

フライト機好みの子供におススメの施設です。

成田空港の近くに存在するため、施設の屋上から現実のフライト機の離着陸が見られるのも艶やかさです。

コックピットでパイロットシュミレーターができたり、フライト機を眺めながらお食事ができたりします。

・「サンリオピューロランド」…東京多摩市に存在するテーマパーク、キティちゃん等サンリオのキャラクターたちに会えるテーマパークです。

グリーティングタイムからパレードまで屋内施設で行なうので天気を心配することなく心置きなく遊ぶことが出来ます。

休日には県内だけじゃなく、関東近郊からも多くの身内連れ、アベックが訪れる評判スポットです。

三鷹の森ジブリ美術館

ワールド的に名高いジブリ作品、ジブリを生み出した宮崎駿氏の発案によって2001年に東京都三鷹市に開館した美術館です。

ジブリ作品に関連する展示品がいっぱい公開されています。

美術館の建物も宮崎氏のスケッチを元にしてつくられています

場内では短編映画も放映されています。

子供だけじゃなく、大人も楽しめるおススメスポットです。

夏休み身内旅行で関東へ行かれる際は、お立ち寄りください。

ジブリ美術館の入場チケットは、予約制で日時指定となっています。

チケットはローソンで買入することが出来ます。

完全入れ替え制ではありません

ただし混雑を避けて子供にも安全に楽しんでもらえるように完全予約制をとっています。

入場チケットは、毎月10日に翌月の1ヶ月分を市販製品しています。

市販製品状況はインターネット上から「ローソンチケット」にアクセスして確かめることが出来ます。

夏休み期間中は特に混雑が予想されますので、売り出しと同じ時くらいに買入した方がいいとおもいます。

料金は、大学生以上が1,000円、中学生・高校生が700円、小学生が400円、4歳以上の幼児が100円となっています。

開館時間は10時から18時です。

休館日は毎週火曜日です。

美術館へ入るとすぐそこに大きなトトロがお出迎えしてくれます。

トトロの紹介する方向へ進むと地下1階、地上2階建ての白い建物が見えます。

そこが美術館です。

中に入ると不思議なワールドが広がっています。

ジブリのキャラクターがいたるところにいて、天井にはメリット的なフレスコ画が描かれています。

空へ向かって大きく伸びる木には、オイシそうな果実が描かれ、ナウシカやジジとキキ等ジブリキャラクターたちが天井を舞っています。

地下1階には短編アニメーションを放映している映像展示室があります

小さな映画館といった感じで80人ほどが入れます

ここだけでしか見られないオリジナルのアニメーションが見られます。

本閲覧室には、宮崎氏が子供たちにおススメする児童書や絵本がいっぱい置かれています

他にも貴重なジブリ作品のセル画も展示されています。

2階へ上がると大きなネコバスがいます。

大きなネコバスによじ登って遊ぶことが出来ます。

小学生以下限定ですが、子供たちは大喜びでネコバスによじ登って遊んでいます。

屋上庭園にはアニメにもあらわれるロボット兵がいます。

約5mもあるため迫力があります。

施設内にはカフェもあり、有機農園で栽培された野菜を利用してつくられたご家族クッキング、ケーキ等を味わうことが出来ます。

ホットドッグ、ソフトクリーム等テイクアウトメニューもあります

この他にシーズンごとにさまざまな企画展示が行なわれています。

三鷹の森ジブリ美術館は、関東からの利便性もよく、新宿からJRの快速電車に乗って20分ほど、三鷹駅から徒歩15分ほどで行くことが出来ます。

井の頭公園もすぐ近くに存在するので、子供と供に公園で遊ぶことも出来ます。

公園で遊び美術館を散策する、両方楽しめて旅行のいいおもい出が出来るとおもいます。

東京おもちゃ美術館

子供の熱中症が心配で夏休みも外で遊ばせるのは心配という人におススメの身内旅行先が、新宿区四谷に存在する「東京遊び道具美術館」です。

丸ノ内線の四谷三丁目駅から、10分くらい歩いたら行けるので関東圏の人も関東を訪れている旅行客の人も行き易い立地に存在するとおもいます。

子供は遊び道具が大好みです。

ここ「東京遊び道具美術館」にはワールド中の遊び道具があります。

子供は何時間でも遊んでいられるとおもいます。

屋内ですので天候も暑さも心配する必要はありません。

夏休み毎日暇そうにしている子供を連れて出かけようというときにもおススメです。

遊ぶ以外にも遊び道具を自分自身で造れる経験コーナーもありますので小学生くらいの子供にもおススメです。

夏休みの自由研究にも利用出来るとおもいます。

親としては遊びながら宿題の題材も集められて一石二鳥です。

館内にはさまざまな遊び道具があります。

赤ちゃんから大人までさまざまな年齢層の人が楽しめる立地です。

木育ひろばでは、木の芳香に囲まれて靴を脱いで遊ぶことが出来ます。

全面床が木の広間で、赤ちゃんはトンネルをくぐったり赤ちゃん用の遊び道具を使ったりして遊ぶことが出来ます。

1歳児や2歳児はままごと等でごっこ遊びをしたり、お手玉等昔ながらの伝統的な遊び道具で遊んだりすることが出来ます。

3歳から5歳の子供はままごと等でごっこ遊びをしたり、遊び道具を作ったりすることが出来ます。

遊び道具工房では、3歳以上の子供は1日1人1個だけ0円で遊び道具を作ってお土産にすることが出来ます。

夏休みのおもい出に残ること誤りなしです。

小学生の子供は、珍しいワールドの遊び道具を見たり、遊んだり、ワールドのアナログゲームで遊んだりする行事に参加出来ます。

当然遊び道具を作ってお土産にする経験も出来ます。

小学生になるとより一層遊び道具で遊びながら科学を学べるコーナーもあります。

東京遊び道具美術館は、10時から16時まで開館しています。

休館日は毎週木曜日ですが、祝日のケースではは開館しています。

入館料は6ヶ月~小学生までが500円、中学生以上は800円です。

おとなと子供のペア券は1,200円ですので少しばっかりお得です。

新宿区民の人は200円引きになるのでお得に利用出来ます

鉄道博物館

大人にも子供にも大の鉄道好みファンがいます。

そういった身内におススメの夏休みの旅行先は、全国でも有数の鉄道博物館、大宮に存在する鉄道博物館です。

関東には鉄道の博物館がいっぱいあります。

そのなかでも大宮の鉄道博物館は、JR東ニッポンが創立20周年記念に作った立派な施設です。

関東だけじゃなく、ニッポン全国から鉄道博物館を訪れる人は絶えません。

埼玉県さいたま市に存在する鉄道博物館には、実物車両が41車両も展示されています。

他にも鉄道の歴史、未来、お勤めに対して、車両に対して、科学等さまざまなテーマの展示があります。

小さな子供が遊べるスポットもあり、子供が飽きずに楽しめるようにアレンジされています。

ホワイトボードを利用してクレヨンでお絵かきが出来るコーナーや、おままごとでオリジナルの駅弁創りが出来るコーナーもあります。

子供たちが大好みな遊び道具のプラレールで遊べるコーナーもあります。

キッズプラザにはカフェが併設されていますので、子供が遊んでいるのを見ながら大人もカフェでゆったりとティタイムを楽しむことが出来ます。

夏休み、身内みんなが楽しめる旅行先としておススメです。

ミニ運転パークでは、3人乗りのミニ列車を動かすことが出来ます。

1周300mのコースを6分かけて運転します

現実の運転さながらに、カーブで減速したり、ポイントでの速度制限を守ったり、先行列車の開通待ちがあったりと現実の列車の運転シーンを再生しています。

運転は小学生以上となっています。

整頓券配布は当日10時から開始で、1台200円です。

1名の予約で1台に3人まで乗車出来ます

キッズライブラリーには、鉄道に関連する絵本等多くの本があります。

鉄道車両の座席になっていますので、鉄道に乗っている感覚で本をリーディングことが出来ます。

3Fには新幹線ラウンジがあり、鉄道博物館の中から現実に走行している東北新幹線や上越新幹線等の走行を間近で見られます。

科学ステーションでは、鉄道のしくみを科学の観点で探究することが出来ます。

実験型のミュージアムになっていますので楽しみながら学ぶことが出来ます。

施設内には、レストランがあり、食堂車をテーマにしています。

また売ショップでは駅弁も市販製品されていますので、鉄道に乗車している雰囲気を感じながらお食事が出来ます。

こんな風に子供も大人も楽しめるアレンジがいっぱいされている評判施設です。

ふなばしアンデルセン公園

夏休み、子供たちを連れて身内旅行へ行きたいけれど何処も大変混雑しています。

出かけることも億劫になってしまいます。

そういった人におススメ、夏休みの旅行先が千葉県船橋市に存在する「ふなばしアンデルセン公園」です。

関東スポットにはいっぱいのテーマパークがあります。

中でもここは比較的混雑しない穴場スポットです。

しかしながら子供も大人も一日中楽しめるスポットが満載で、入場料も安いため夏休みお安く出かけたい人におススメです。

ふなばしアンデルセン公園には、子供が大好みなアスレチックや水遊びの出来る池があります

イロイロなものをつくることが出来る経験コーナーも充実しています。

外だけじゃなく、屋内にもいっぱいの施設、アトラクションがあるため、暑い夏でも爽快に楽しむことが出来ます。

ふなばしアンデルセン公園の営業時間は、9時30分~16時です。

ただし4月~10月の土日祝日と春休み期間中、夏休み期間中は9時30分~17時となっています。

春休み、夏休み、冬季休み、祝日以外の月曜日が休園日です。

入園料は大人が900円、高校生以上が600円、小中学生が200円、4歳以上の幼児が100円となっています。

事前にコンビニでチケットを買入していけば1割引で入園することができてお得です。

ふなばしアンデルセン公園へは、関東スポットからハイ・スピードを利用して1時間ちょっとで行くことが出来るため楽です

公園内にはさまざまな施設があります

・森のアスレチック→ニッポン有数の規模のフィールドアスレチック。

体力に合わせて4つのコースから進むコースを選択することが出来ます。

・遊び道具→カラフルなボールを使った遊び道具や滑り台や橋等がかかった複合遊び道具、テコやポンプ、水車を利用して遊べる水のラーニング施設等があります。

ロープスライダーや大滑り台等がある高さ13mの遊び道具も評判です。

・にじの池→暑い日にうってつけ子供たちが喜ぶ水遊びスポットです。

・どうぶつふれあい広間→ヤギやヒツジ、ウサギやモルモット等と触れ合うことが出来ます。

ポニーの乗馬経験コーナーもあります。

・ミニパターゴルフ→人工芝のパターコースを9H300円でプレイ出来ます。

身内そろって楽しめます。

・乗り物ゾーン…車や電車が好みな子供におススメ、1周100円で新幹線やSLスタイルのミニ電動式電車に乗ることが出来ます。

消防車やバイク、バス等の形をしたミニカーにも1回100円で乗ることが出来ます。

さまざまな形をした変形自転車に乗って楽しむことも出来ます。

・童話館→ワールド的に名高い童話作家のアンデルセンに対して紹介していたり、童話や絵本を楽しめるコーナーがあったり、童話ビデオを上映しているシアターコーナーがあったりします。

・子供美術館→ワークストアー室、版画のアトリエ、食のアトリエ等8つのアトリエがあって、1ヶ月ごとに経験出来るプログラムは違っています。

版画をしたり、クッキングをしたり、染物をしたり、陶器を作ったり、子供たちにとって夏休みのおもい出の作品になるとおもいます。

公園内には芝生広間があるでしょうから、おもいっきり走り回って遊ぶことも出来ますし、身内でお弁当を広げて昼食を楽しむことも出来ます。

こんな風に一日中さまざまなことをして楽しめるおススメのスポットです。