カテゴリー
紅葉スポット(岐阜県)

お寺と紅葉の魅力

岐阜県の紅葉でおススメのスポットはこちら!!岐阜県揖斐郡揖斐川町に存在する「両界山横蔵寺」。

このお寺で見られる紅葉が見事だと大好評となっています。

803年(延暦22)に伝教大師の最澄が創建したと伝えられているお寺で、ここに存在する22体のものが国のキーポイント文化財として安置されています。

多くの絵画や本を蔵しているので、「美濃の正倉院」と呼ばれています、。

このお寺のなかでも、200年前に即身成仏したと言う妙心法師のミイラがあり、ポピュラーなお寺で知られています。

戦国時代に織田信長によって破壊されましたが、400年ほど前に再建されています。

このミイラのある珍しいお寺でも秋になると良い感じの紅葉を楽しむことが出来ます。

この両界山横蔵寺は「飛騨・美濃紅葉33選」に選ばれており、岐阜県のなかでもおススメのスポットとなっています

ここで見られる紅葉の見ごろは11月上旬から下旬となっています

11月の第3日曜日は「横蔵もみじまつり」も開かれています。

そして、随一のおススメはライトUPされた紅葉です。

風格のある建物と色鮮やかに色づいた紅葉のコントラストは言葉が出ないほど圧倒される美しさです。

明るい時間はてらのまわりの山々が真っ赤に染まる風景、夜はその紅葉がライトUPされた風景と1日に2度の楽しみを願わくは味わってみてください。

神社の雰囲気と紅葉の散策は実に癒しとなってきます。

ミイラのある珍しいお寺としてだけでなく、紅葉を楽しみに、願わくは、秋の横蔵寺を堪能してみてください。

神秘的な場所での紅葉

岐阜県美濃市大矢田に存在する「大矢田神社もみじ谷」。

岐阜県のなかでも特にもみじの綺麗な観光スポットがここ大矢田神社です。

この神社の本殿と拝殿はキーポイント文化財に指定されており、楼門は美濃市指定文化財となっています、。

ここには、ヤマモミジの巨木が多く、神社本殿への登り口の石段から社殿東側一帯の谷川沿いは国の天然記念物として指定されています。

この神社の紅葉は「飛騨・美濃33選」に選ばれており、見事な紅葉に多くの方が訪れるほどです。

大矢田神社もみじ谷の紅葉の見ごろは、11月中旬から下旬にかけてで、神社の社殿の精巧な彫刻と真っ赤に色づく紅葉のコントラストは秋最大の見ものです。

およそ3000本の樹林の色づき、落ち葉のじゅうたんは格別で美しい自然が広がります、。

参道を歩行ながら紅葉を楽しむ神秘なワールドは本当の癒しではないでしょうか。

この美しさから映画のロケがおこなわれた立地でもあります、。

壮大な紅葉の風景が見る物をあっと言わせること間ギャップなしでしょう。

紅葉をみながら、この地の名物の五平餅やでんがく等を食すのも楽しみの一つに数えられます。

見ごろを迎える紅葉シーズンは大混雑も予想されます。

周辺が渋滞になったり、神社前は道幅がスペースがないため、大きな車は進入注意となっています

一定段階はパーキングが0円ですが11月3日~12月4日は有料となっているので事前に計画して行くといいとおもいます、。

神秘的な神社と紅葉のコラボレーションを願わくはお楽しみいただけたらとおもいます。

壮大な滝と紅葉のコラボレーション

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯に存在する「平湯大滝」。

壮大な滝と紅葉は圧倒されます。

平湯大滝は落差64m、幅約6メートルの「ニホンの滝百選」に入るほどの壮大な滝です。

「岐阜県の名水50選」に選ばれている名瀑です、。

ここ、平湯大滝のある奥飛騨温泉郷は「飛騨・美濃紅葉33選」に選ばれているほど美しい紅葉で大好評のスポットとなっています。

平湯大滝の紅葉はカエデ、ナナカマドの燃えるような紅葉で、衝撃的で流れ落ちる迫力のある滝に紅葉が彩りを添えてみる物を圧倒させます。

平湯大滝には平湯温泉もあり、昔から親しまれています。

平湯温泉は、戦国時代に武田信玄の家臣が飛騨攻めの最中に峠越えの疲労と硫黄岳の毒ガスで疲弊し、平湯大滝付近で動けなくなった際に、一匹の白猿によって教えられた温泉に浸かって疲労をリバイバルさせたと言う伝説のある温泉です。

断崖を豪快に流れ落ちる飛騨の名滝を一度は目にしたいものです。

平湯温泉から平湯大滝までは徒歩で約30分ほどです、。

紅葉を楽しみながらゆっくりと散策を楽しんでみては如何でしょうかですかか?紅葉した葉っぱのじゅうたんの上を歩行ながら滝の音で癒されることを想像しただけで足を運んでみたくなりますよね。

散策にはちょうどいい距離だとおもいます。

そして、散策から帰ると平湯温泉でゆっくりお湯につかり、疲れた体を温めてください。

紅葉と壮大な滝、そして温泉。

この時期にしか楽しめない風景を堪能してみませんか?