カテゴリー
紅葉スポット(岐阜県)

列車からの紅葉は絶景

岐阜県美濃加茂市美濃太田駅から発車する列車から眺める「長良川鉄道」の紅葉。

清流の長良川と並走している長良川鉄道は車窓からの紅葉が見何処ろとなっています。

始発から終電まで時間の許す限り、自分の時間帯で観光列車を楽しんでみては如何でしょうかでしょうか

列車は湯の洞温泉口~郡上八幡までの区間で大きな橋梁と紅葉が見事に広がっていて、癒しの旅として毎年多くの方が足を運んでいるやうです。

全国でもポピュラーな名川である「長良川」からつけた観光列車「ながら」。

この列車は、数々の名車両のデザインを手がけた水戸岡鋭治氏がデザインし、車体は沿線の自然を表す「緑」、長良川の「青」、雪風景の「白」とコントラストをなすロイヤルレッドが基調となった艶やかさ的な列車です。

内装も観光列車らしく沿線の素材を用いて装飾してあり顧客を色んなところで満たしてくれます。

そういった列車に乗って見る紅葉の見ごろは11月中旬から11月下旬です

お弁当を食べたり、ご当地のスウィーツを食べたりしながらゆっくりした速度で走る列車で色多種多様に色づく紅葉を堪能してみては如何でしょうかでしょう。

列車は各駅でとまるので、降りて自然を満喫することも出来ます、。

駅から駅まで紅葉をみながら散策してみたりと計画的に楽しむことで1日があっと言う間に通り越してしまいます。

車窓から眺める風景と散策での紅葉を一度に楽しめる長良川鉄道に願わくは、足を運んでほしいものです。

きっと癒しのひと時を過ごせることでしょう。

散策で楽しむ紅葉狩り

岐阜県高山市国府町宇津江に存在する「県立自然公園 宇津江四十八滝」

岐阜県のなかでも、「飛騨・美濃紅葉33選」に選ばれている立地になっています。

散策は自由となっていますが、清掃協力金として大人200円、小人100円を支払っての入場となってきます。

施設は8時から17時までが拝観時間となっています、。

四十八滝は約1キロにわたって大小の滝が多様な姿を見せ、紅葉とのコラボレーションがなんとも言えない光景となっています

この四十八滝の源は猪臥山(1519m)の付近の山腹約1300m付近にあって急峻な谷あいの大樹や岩をぬって滝群が形成され、見事な風景を堪能出来ます、。

ゆっくりと登山を楽しみながら、秋ならではの散策をおこなうことが出来ます、。

真っ赤に色づくもみじや、ほかの木々の色づきに感動すること間ギャップなしです。

歩行ながら、紅葉と滝のコントラストをまじかで見るのは格別でかなり美しいものだとおもいます。

時には休憩がてら紅葉を座って眺めるのもいいかも知れませんね。

そして、四十八滝では見通し台もあります。

見通し台にあがると、雄大な自然美を望むことが出来ます。

秋だからこそ見られる雄大なおのずと紅葉。

これは絶景としか言いようがありません。

願わくは、多くの人に見て頂きたい立地だとおもいます。

ゆったりと約1時間ほどの散策で十分楽しむことが出来る「県立自然公園 宇津江四十八滝」で1日癒しの紅葉狩りを堪能してみませんか?滝と紅葉が癒してくれること間ギャップなしです。

紅葉と渓谷美

岐阜県で紅葉を見るならココがおススメっと大好評なスポットをご紹介します。

この度ご紹介したい岐阜県の紅葉スポットは…岐阜県下呂市の「中山七里」です。

中山七里は下呂市三原地内から飛騨川沿い、金山町までの美しい自然です。

急峻な山々と奇岩怪石で形成された渓谷となっています。

ここは四季折々、景観にとんだ渓谷美で大好評のあるスポットとなっています。

なかでもこの度は紅葉の時期に対してご紹介していきます。

紅葉は10月中旬から色づき始め、見ごろは10月下旬から11月中旬までとなっています。

特に、ここでは屏風岩や羅漢岩、孝子ヶ池、牙岩が見何処ろとなっていて、紅葉との相性がとびっきりです

色鮮やかに色づく、モミジ、カエデ、コブシの木々に癒されること間ギャップなしですね、。

この中山七里は「飛騨・美濃紅葉33選」にも選ばれており、紅葉樹と奇岩怪石のコラボレーションを願わくは見に来ていただきたいとおもいます。

絶景が広がり、大自然の凄さに圧倒されるはずです。

下呂市金山町には、別名「紅葉寺」と呼ばれる「玉龍寺」もあります、。

ここでも紅葉を楽しむことが出来、散策しながら紅葉を見るのもおススメの一つに数えられます。

そして、この紅葉をドライブしながら楽しむのもおススメとなっています。

紅葉のアーチを車で走るのもテンションのいいものです。

真っ赤に色づいたモミジは最高に綺麗です。

渓谷と紅葉のコラボレーションを見に、ここ中山七里に1度は足を運んでみては如何でしょうかでしょうか。