カテゴリー
紅葉スポット(岐阜県)

郡上八幡城(積水城)の紅葉

岐阜県郡上市八幡町に存在する「郡上八幡城」。

積翠城とも言われています。

このお城は4層5階建ての木造で、遠藤盛数によって永禄2年(1559年)に築城されましたが、今建っているお城は昭和8年に再建されたものです。

ニホンでは木造再建城として最古の建物となっています。

この郡上八幡城では秋になると紅葉が見られ、お城と紅葉の見事な風景を堪能することが出来ます。

郡上八幡城の紅葉の見ごろは、11月上旬から11月中旬で、岐阜県でも大好評の高い紅葉スポットとなっています。

11月はじめから、23日までは郡上八幡城下町もみじ祭りがおこなわれています。

お城と紅葉のコラボレーションはかなり見栄えがよく、彩られるお城は見事なものです。

天守閣からは城下町が一望でき、もみじの名城として知られています。

お城では、11月中旬から「もみじ庭園」がライトUPされ、幻想的で艶やかさ的な紅葉を楽しむことが出来ます。

紅葉とお城のライトUPが楽しめる期間は一定段階9時から16時半までの営業時間となっていますが、この期間だけは21時まで楽しむことが出来ます。

休業は不定休ですので、事前に調べていくことをおススメします。

天守閣の夜間特に開場もしているので、真っ赤に色づいた紅葉とともに風景を堪能出来ます、。

明るい時に見る紅葉も素敵ですが、夜にライトUPされた紅葉とお城からの眺めを願わくは楽しんであったら嬉しいとおもいます

岐阜県に行った際は願わくは、足を運んでみてください。

遊覧船で楽しむ紅葉

岐阜県恵那市大井町に存在する「恵那峡」。

恵那峡は、中津川市を流れる木曽川中流の渓谷です。

約80年前に木曽川をせき止められつくられた大井ダムによってできた人造湖で、大正9年に地理学者の志賀重昴によって「恵那峡」と命名されました。

恵那峡は自然の造形と人工物の融合によって出現した景勝地です。

ここでは、両岸に奇岩、怪石が立ち並び、何とも言えない光景を目にすることが出来ます。

この迫力ある断崖絶壁に秋になると紅葉が見ごろとなってきます

恵那峡の紅葉の見ごろは11月中旬から11月下旬です。

おススメは両岸の断崖絶壁の紅葉を遊覧船に乗ってゆっくりと楽しむことです。

岐阜県のなかでもおススメのランキングに入るほどです。

遊覧船からは色多種多様に鮮やかに彩る紅葉が青く澄んだ水面に映る風景は何とも言えない絶景が見られます。

岐阜での紅葉を楽しむなら、一度は遊覧船に乗ってみるのも面白いですよね。

散策したり、ドライブしたりする紅葉もいいですが、またそれと言うのは違った風景になること間ギャップなしですよね。

もみじだけでなく、ツツジやクヌギ、ケヤキなどの葉の彩りを願わくは、堪能してみては如何でしょうかですか?燃えるような紅葉を眺めながら艶やかさ的な時間を過ごしてみてください。

恵那峡にかかる「恵那峡大橋」、。

ここからの紅葉もお楽しみの一つに数えられます。

紅葉と水面を願わくはゆっくり見てみてください。

眺めは最高です

色んな楽しみ方がある恵那峡に願わくは一度は足を運んでみてください

4つの滝と紅葉

岐阜県でおススメの紅葉スポットをご紹介。

マイナスイオンを浴びながら紅葉を楽しむならここ、「横谷峡」です。

岐阜県下呂市金山町金山(白山地内)に存在する4つの滝を楽しめるスポットとなっています

ここでは、馬瀬川の支流、白山町の横川谷入口から約1キロの所に白滝があります。

白滝は落差17mある滝となっています。

こからより一層50mほど先に進むと二見滝があります。

二見滝は落差13mあります。

より一層、300m先に進むと紅葉滝があり落差9メートル、そこから100mで到達する4つ目の鶏鳴滝は落差33mの迫力ある滝となっています。

この鶏鳴滝は秘法の滝を探しこの滝へたどり着いた黄金姫伝説の地とされています。

この4つの滝、各個で景観の違った紅葉を楽しむことが出来ます。

紅葉滝までの川沿いを歩くウォーキングコースは紅葉がりにはかなりテンションがよく、大好評を集めているコースとなっています。

なかなか一度のコースで4つの滝を見られる立地と言うのもわずかとおもいます。

この立地は「飛騨木曽川国定公園」に指定されている代表的な景勝地です。

各個の個性のある滝と色鮮やかに色づいた紅葉のコントラストは見る人を魅了する絶景です。

道も整備されているので女の人でもちびっこさんでも気軽にハイキングを楽しめます。

こちらの紅葉の見ごろは11月上旬から11月下旬となっています。

4つの滝で各個違った風景を楽しむ紅葉がりに願わくは、足を運んでみませんか?