カテゴリー
紅葉スポット(岐阜県)

世界遺産と紅葉のコラボレーション

この度、岐阜県で見られる紅葉のおススメスポットは「白川郷」です。

白川郷と言えば、岐阜県高山市にあり、合掌作りと呼ばれる伝統的な家屋とその特異性から「世界遺産」にも認定されています。

静かな集落ではありますが、年間を通して観光客が多く訪れています。

そういった白川郷は豪雪地帯の為、雪で包まれた風景をおもい浮かべる方も沢山のではないでしょうか?雪風景をクローズUPされることが沢山ので想像として焼き付いてしまいますよね。

しかしながら、雪で閉ざされる一瞬の時期ではありますが見事な紅葉を見ることが出来るんです。

短い秋の集落を紅葉で飾り、夜にはライトUPされる等雪風景に負けないほどの見事な光景を目にすることが出来ます。

高い山の沢山北陸地方のなかでも、最も高い標高の白山等に囲まれた山岳地帯に存在する白川郷。

ここは冬季の訪れも早急に、11月下旬には雪が積もり始めるため、紅葉の見ごろは10月下旬から11月中旬ごろと、一定段階の紅葉スポットより約1カ月ほど早急に見られます。

特に紅葉の見ごろが最盛期の11月初旬頃には、稲刈りを終えた後の農作業風景とともに、美しい紅葉をいっしょに見ることが出来るんです、。

秋ならではの風景に感動すること間ギャップなしです。

そして、白川郷は早い時期だと11月中旬ころに雪が降ることもあるため、時機が合えば、赤や黄色に染まった木々に白雪が積もる情緒ある風景を眺めることが出来るかも知れません。

ワールド遺産に認定された美しい景観と紅葉を願わくはお楽しみください。

和歌と紅葉を楽しむおススメスポット

この度、岐阜県でおススメしたい紅葉のおススメスポットは…岐阜県郡上市大和町に存在する「古今伝授の里フィールドミュージアム」の紅葉です。

ここは、中世の歌人にちなんだ和歌をテーマにした野外博物館です。

紅葉の時期になると、池の水面に映る紅葉や竹林、青空のコントラスがかなり美しい立地となっています

博物館内から眺める紅葉も格別で艶やかさ的な紅葉に心が癒されていきます、。

このミュージアムでの紅葉の見ごろは11月上旬から11月下旬にかけてです。

主にカツラ、ケヤキ、モミジの紅葉を堪能することが出来ます。

パーキングも0円となっており、ゆっくりと秋の紅葉を眺めることが出来ます。

開館時間は9時から17時で、火曜日が定休日となっています。

東氏記念館・大和文庫前の紅葉は、風情があり心が和みます。

そして、レストラン「ももちどり」の前に存在する池に映る紅葉は格別でお食事をしながらも楽しむことが出来ます

庭園の池には池の背後にも紅葉が広がり、美しい景観を見ることが出来ます。

一つの立地で色んな紅葉を楽しむことが出来るので紅葉を見に来る方も沢山やうです。

光と空間を贅沢に使用してデザインされた和歌をテーマとしたこの博物館と見ごろの美しい紅葉のコラボレーションを願わくは楽しんでいただけたらとおもいます。

紅葉がお好みな方、和歌に触れてみたい方は願わくは、古今伝授の里フィールドミュージアムに一度足を運んでみることをおススメします。

美しい風景が癒してくれること間ギャップなしです